渋谷の人気ナイトクラブを総まとめ!
エントランス料金は?どんな服装で行
くべき?

クラブデビューには渋谷がオススメ

クラブデビューしてみたい!という方には渋谷がオススメです。
 
渋谷は電車のアクセスが良いので、終電からも終電まででも楽しむことができますし、もし楽しかったら別のクラブにハシゴしたり、ちょっと合わなかったな…という場合は朝まで営業しているカフェで始発を待ってみる、なんてこともできます。
 
といっても、クラブの料金や服装、かかってるジャンルが分からないと足を踏み入れづらいという方も多いことでしょう。
なので今回は、クラブデビューにもオススメな人気クラブを紹介します。
 
渋谷の人気クラブ8選
 
渋谷で最近盛り上がっている場所を8つ、まとめてみました。ここに書かれていないクラブは人気がない、というわけではありません。
渋谷にはたくさんの人で賑わうクラブから、まるで家にいるかのようなアットホーム感のある小箱まで、数えきれないほどのクラブがあるのでこの記事をきっかけにクラブデビューして、色々なクラブで遊んでみてください!
 
以下、アルファベット順になっています。
ATOM TOKYO
 
エントランス
1000~3000円

フロアの数
4

混み始める時間
23時頃

ドリンク
ショット系500円 / カクテル系500円

客層
男65% 女35%

ジャンル
オールジャンル

服装
ストリート/アメカジ系

ナンパ
★★★★★
 
とにかく盛り上がっているクラブを探しているならATOMがオススメ。1F、4F、5F、6Fの4フロア構成で、どこも快適な環境で常に盛り上がっています。
バーでの支払いにSuicaやクレジットカードが使えるのでキャッシュレス派の人たちも安心です。
ナンパが多い印象ですが、フロア前方に女性専用のエリアがあったり女性用のソファも用意されているので、音楽を楽しみたい方はそちらをどうぞ。
学生の方は学生証だけでは入れないので免許証やマイナンバーカードも持参するべき。週末は23時までのアーリータイムの前にエントランスが行列になることがあるので、気持ち早めに向かうようにしましょう!
 
CÉ LA VI Tokyo
 
エントランス
1500〜3000円

フロアの数
1

混み始める時間
24時頃

ドリンク
ショット系1000円 / カクテル系1000円

客層
男60% 女40%

ジャンル
ヒップホップ / HOUSE

服装
スマートカジュアル /フォーマル

ナンパ
★☆☆☆☆
 
若者が集まってワイワイするクラブというより、”良い大人の社交場”というイメージのCÉ LA VI Tokyo。2019年12月にオープンした渋谷フクラスの屋上フロアのシブニワの中にできたクラブです。
スーツスタイルの人が多いので、ストリート感のある格好で行くと浮くと思います。お金に余裕があって大人のパーティをしたいという人はこちらでどうぞ。
shibuya magはオープン前のプレパーティに潜入して紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。
【レポート】渋谷にできた話題の新スポット、CÉ LA VI Tokyoに行ってみた!
 
Clubasia
 
エントランス
1000~3000円

フロアの数
2

混み始める時間
24時頃

ドリンク
ショット系500円 / カクテル系600~700円

客層
男65% 女35%

ジャンル
ヒップホップ

服装
ストリート / サブカルファッション

ナンパ
★★★☆☆
 
渋谷のクラブ街の真ん中にドンと構える、赤い看板と白い壁のクラブです。
春から秋にかけて、毎月第一土曜日に開催される「泡パ」が人気です。その日のイベントによって音楽ジャンルは変わりますが、HIPHOPのイベントが多いです。
通常のイベントでは女性専用エリアなどは無いですが、2Fサブフロアにソファが設置されているので、疲れた時はここで休んで、体力回復したら2階の階段からメインフロアに降りるのがツウの遊び方です。
メインフロアはもともと映画館だったというだけあって音の迫力があります!ラッパーやバンドがライブをすることもあるので、ホームページでイベントスケジュールをチェックしてから遊びに行きましょう。
 
 
Club Camelot
 
エントランス
1000~3500円

フロアの数
3

混み始める時間
24時頃

ドリンク
ショット系500円 / カクテル系600~700円

客層
男65% 女35%

ジャンル
オールジャンル

服装
アメリカンストリート系

ナンパ
★★★★☆
 
ここで紹介されている他のクラブからは少し離れていますが、毎日盛り上がっていて人気のあるクラブです。帰国子女系の若者が夜な夜な集まるクラブというイメージがあります。
B3FはEDM,HOUSE中心のオールミックス、B2FはHIPHOPが流れていて、フロアごとにお客さんの雰囲気もガラッと変わります。どのフロアもDJブース、スピーカーの質が良いので飽きずに朝まで遊ぶことができます。
各フロアにバーカウンターがあるので、どのフロアもバーが大行列、みたいなことはめったにないです。
HANAREフロアは日によってジャンルが違うので、マストで立ち寄って欲しいフロアです。
早い時間はハッピーアワーでエントランス料金がかなり安くなっているのでお得に遊びたい方は23時前を狙っていきましょう!
 
HARLEM
 
エントランス
1000~3000円

フロアの数
2

混み始める時間
24時頃

ドリンク
ショット系600円 / カクテル系700円 (+300円でサイズアップ)

客層
男65% 女35%

ジャンル
ヒップホップ,R&B

服装
オールドスクール / ストリート

ナンパ
★★★☆☆
 
アメリカで流行っているヒップホップを聞きたいなら、Harlemが間違いないです。フロアに足を踏み入れた瞬間、天井が高い吹き抜けの内装に気持ちが高揚します。
海外でも口コミ評価が高くて外国人観光客が多いので、海外のクラブに遊びに来たような雰囲気を楽しめます。女性専用のイスはありませんが、中二階でゆっくりできるので、疲れたらメインフロアから階段で中二階へ行きましょう。
ナンパは多すぎず少なすぎず、という感じです。ですがナンパ目的で遊びに来るというより、踊りに来る人が多いです。
週末は24時までのエントランス料金が安い時があるので、24時ギリギリを狙って来る人が多いです。確実に安く入りたければ23時半までに到着しましょう。
 
 
SOUND MUSEUM VISION
 
エントランス
2500~3000円

フロアの数
4

混み始める時間
1時頃

ドリンク
ショット系600円 / カクテル系700円

客層
男65% 女35%

ジャンル
House (イベントによって異なる)

服装
ストリート / モード

ナンパ
★★☆☆☆
 
道玄坂のど真ん中にポツンとあるドアを通り抜け階段を降りると、道玄坂の地下とは思えないほどの空間が広がっていて、「こんな場所が渋谷の地下にあったのか!」と声が漏れてしまいます。
音楽はいま流行りのヒット曲というより、次に流行る音楽を流している感じなので、次の流行りを勉強したいならVISIONがオススメです。
メインフロアの右手にある廊下を進んだ奥の方に大きなバーカウンターがあるのですが、そこは音楽が比較的小さめなので、クラブでたまたま会った友人や知人とゆっくり話すことができます。
ナンパは少ないですが、フロアに対してバーのスペースが多く会話しやすいので何かと出会いが多いイメージです。オシャレな人が多いイメージです。
 
TK SHIBUYA
 
エントランス
1000~2500円

フロアの数
1

混み始める時間
1時頃

ドリンク
ショット系500円 / カクテル600円

客層
男65% 女35%

ジャンル
オールジャンル

服装
ストリート/アメカジ系

ナンパ
★★★★★
 
渋谷センター街の直ぐ近くにあるので居酒屋からの二次会的な流れで行きやすいクラブです。
クラブ初心者の人でも楽しめるようにJ-POPやPOPSが流れる割合が高いので「あんまりクラブミュージックは聞かないけどクラブで遊んでみたい!」という人にはオススメ。
女性専用のエリアやウェルカムシャンパンなど女性に優しいサービスが用意されていることが多い上に、死角になる場所が無いので女性でも安心して遊ぶことができます。
1フロアなので歩き回る場所は少ないですが、フロアの一体感は渋谷イチと言っても過言ではないです!
 
WOMB
 
エントランス
2500~3500円

フロアの数
3

混み始める時間
1時頃

ドリンク
ショット系600円 / カクテル系700円

客層
男65% 女35%

ジャンル
TECHNO / HOUSE

服装
カジュアル / モード

ナンパ
★★☆☆☆
 
過去にDJMAGのクラブランキングで世界4位を獲得した、信頼と実績のあるクラブです。DiploやSkrillexなど超人気アーティストも出演したことがあります。
音楽はハウスやテクノのイベントが多いですが、日によってはK-POPのイベントや有名アーティストが出演するイベントなど内容がそれぞれ違うので、ホームページで確認してから行った方が良いです。
1Fのラウンジフロアにイスやソファが置いてあるので疲れたらラウンジでドリンク片手に休憩しましょう。分煙制になっていてメインフロアは紙タバコがNGなので煙を気にせず楽しむことができます。
音楽を楽しみに来ている人が多いのでナンパは比較的少ないですが、たまにナンパ目当てで来ている人が紛れ込んでいます。お店の向かいはマンションなので、ドアに入るまではお静かに!
 
音楽の情報はDJ HACKsで!
 
「クラブデビューしたいけど、音楽の知識が無くて…」という方はshibuya magが運営するクラブミュージックを多数紹介するDJ HACKsを見てみてください!
「クラブってどんなところ?」という方はDJ HACKsから出ているこんな記事もあるので読んでみてほしいです。
「クラブ=危ない場所」は間違ってる!現役DJが解説するわかりやすいクラブ入門ガイド
 
また、最新のヒット曲やクラブの往年の名曲を紹介するLINE公式アカウントもあるので、クラブデビュー前に友だち登録を!
 
友だちに追加するにはLINEのアプリを開いて
[友だち追加]→[ID/電話番号]で「@djhacks」を入力してください!
必ず@(アットマーク)も入れてください。「djhacks」では出てこないです。
 
もしくはこちらから↓
https://lin.ee/rLw5CN7
 
 
 

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着