【シブメシ#2】いま話題のカスタマイ
ズ可能な汁なし担々麺「坦坦坦」に行
ってみた

こんにちは。shibuya mag編集長のソーオンです。

 
さあ、渋谷にある飲食店に実際に足を運び、食事をしたレポートを書き連ねていく連載「シブメシ」のお時間がやって参りました。
 
2回目となる今回は渋谷のグルメ通はすでにご存知であろう汁なし担々麺「坦坦坦」に行ってきました。
初回が「兆楽」だったので中華系続きになりますが、前回とは違う意味で”渋谷らしい”お店だったなと思います。
 
お昼しか食べられないレアフード
 
場所はクラブやホテルがひしめく渋谷の円山町。
文化村通りを歩いて家系ラーメン屋「道玄家」に面する通りから入ってすぐの「ゴールデンボール」が「坦坦坦(タンタンタン)」です。
 
一部の読者はいま、「『ゴールデンボール』が『坦坦坦』って、どういうこと!?」とパニックで口から大量の泡を吹いていることでしょう。
 
今回紹介する「坦坦坦」は実店舗が存在せず、夜はバーとして賑わう「ゴールデンボール」が営業していない時間に借りてお昼の時間にやっているお店です。
最近、渋谷ではこういう”間借りランチ”という業態で営業するお店が急激に増えているのだとか。
確かに渋谷には夜だけ営業のバーがたくさんありますからね。
 
11時半オープンで16時まで営業しています。
「坦坦坦」にどハマり中の後輩いわく、1日30食限定なので天気が良い日は14時ごろには営業終了していることもあるそうです。
 
店の前にこの看板があれば営業中のサイン。
 
「坦坦坦」がある「ゴールデンボール」はカウンター5席程度のこじんまりしたバーで、入ってすぐにバーカウンターが広がっています。
1席あたりのスペースが少し広めに取られているので、窮屈な感じは全くありません。
 
一蘭スタイルで注文する
 
個人的な話なんですがちょうど先日、初めて入ったラーメン屋さんでつけ麺を注文をしたら「スープは赤と青、どちらにしますか?」と、説明なしでは違いが全く分からない「ポケットモンスター 金・銀」みたいな2択を迫られてプチパニックに陥った経験があります。
 
 
出典:ポケットモンスター公式サイト
 
「坦坦坦」は”ポケモン金銀スタイル”ではなく、テーブルに置いてある紙とペンでメニューを選択し、さらに自分好みの辛さや痺れ度合いを自分仕様にカスタマイズできる”一蘭スタイル”です。
 
 
ベースとなるメニューは一番ベーシックな「汁なし坦坦坦(800円)」と、それに温玉を乗せた「特製温玉のせ坦坦坦(900円)」、大盛り無料 & 温玉のせ & ライス付きの「坦坦坦セット(1000円)」の3択。
これに追加料金で納豆や玉ねぎなど日替わりのトッピングが選択できます。さらに
もちもちサイドメニューとして水餃子が追加できます。
 
初めての方は辛さ、痺れを「3」にして様子を見ましょう。
私は「特製温玉のせ坦坦坦」を辛さ、痺れを「3」でオーダー。
炭水化物を制限中なので追いごはんは我慢しました。苦行。
お腹が空いている方は追いごはんを注文しても良いと思います。
 
美しいワンチーム、それが坦坦坦
 
注文用紙を手渡して5~7分ぐらいで「特製温玉のせ坦坦坦」が運ばれて来ました。
 
平打ちのちぢれ麺にもやし、水菜、高菜、ひき肉、ナッツ、そして山椒(?)と思われるスパイスが綺麗に配置されています。
店員さんいわく「よく混ぜてお召しあがりください」とのことでしたが、このまま5,6分は眺めていたいぐらいウマそう。
 
高菜はタレにしっかり馴染みつつ楽しい食感を演出してくれます。
さらにもやしと水菜はタレを邪魔しない程度で存在感アリ。
ナッツの歯ごたえと甘みが旨味になります。
そして甘辛な味付けがされているひき肉は辛さを抑えながらもガッツリ感があるバランス担当。
麺は平打ちのちぢれ麺なので麻辣系のタレと絡みつつ、麺以外の具も一緒に口に運んできてくれる。
 
この最強タッグを組んだ”ワンチーム”が1杯のお椀に凝縮されているのです。
 
ここに温玉を入れるとまろやかさが加わります。もはや鬼に金棒。
どれぐらい鬼に金棒かと言うと、ただでさえ腕のあるティム・バートン監督の作品に、ジョニー・デッブが配役されるぐらい。
 
とにかく箸が止まらない。口に運ぶたびに僕の舌がウェルカムパーティを繰り広げているのを感じます。
一瞬にして完食。
追いご飯を注文すれば麺をすすった後にお椀に残ったタレと具材にライスを絡ませられるなんて、罪深き楽園ですよ。
 
 
結論:計算され尽くした無敵のチームにただ感服するのみ
 
とにかく、味が濃くて辛いものが食べたくなったら「坦坦坦」へ。お仕事の都合で平日のお昼に渋谷に行くのが難しい方は土日の早時間にチャレンジしてみてください。
 
店名
担担担 渋谷道玄坂GB店

住所
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目22−6 ゴールデンボール

営業時間
11:30AM–4PM

ホームページ
tantantan.love
 

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着