『第62回グラミー賞』主要4部門はBi
llie Eilishが独占 その他Tyler, T
he Creator、Lizzo、Vampire Weeken
dら受賞

Photo Credit:Getty Images

本日1月27日(月/現地時間26日)、米LAのステープルズ・センターにて、世界最高峰の音楽の祭『第61回グラミー賞授賞式』が開催された。

史上最年少で主要4部門にノミネートされたBillie Eilishは、主要4部門を含む5部門の受賞で今回最多を記録。主要4部門全てでの受賞は、1981年に開催された第23回で受賞したChristopher Cross以来の快挙となる。また、Billie Eilishの兄・Finneasは、最優秀プロデューサー(ノン・クラシック)を含む、同じく5部門での受賞となった。

一方、最多8部門にノミネートされていたLizzoは「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」「最優秀トラディショナル・リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞」「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞」の3部門での受賞。「最優秀ラップ・アルバム賞」はTyler, The Creator『IGOR』、「最優秀ラップ楽曲賞」は21 Savage「a lot ft. J. Cole」が輝いた。「最優秀R&Bソング賞」はPJ Morton「Say So feat. JoJo」、「最優秀ダンス・レコーディング賞」はThe Chemical Brothers「Got To Keep On」が受賞している。
なお、Billie Eilishからは以下のようなコメントも届いている。

――おめでとうございます。あなたが次に目指しているものは何ですか?

Billie:次は何かって? 今は分からないわ。私が考えてるのは、今この瞬間を味わうことだけ。でも理性的になって考えてみるけど、次が何になるかは分からない。私がその時にやりたいと感じることをやるだけかな。その時の気分に合わせてやると思う。

――今回の受賞は、あなた達のファンにとってどんな意味があると思いますか?

Billie:オーマイゴッド、すごく意味があるといいな。

Finneas:僕にとって、7〜13歳の時に聞いて育った音楽は、僕にとって永遠に最も重要な音楽であり続けてる。だからその年齢の子供達が僕達のところに来て、僕達が彼らが一番好きなアーティストだとか言ってくれる度に、それが彼らにとってどれほど意味があるか、僕には分かるんだ。だから、彼らが今回の受賞を祝ってくれているといいなと思う。今回の結果は彼らのおかげだからね。

Billie:それから、このアルバムは、私達が育った実家のベッドルームで作ったの。マスター・ベッドルームとリビングルームでもね。だから、マジで何だって可能だってことなのよ(笑)。

――ベッドルームで作っていた時は、アワードのことは考えていないと言っていましたが、あなた方の音楽が人々と強力なコネクションを築いていることは、いつ頃気づかれましたか?

Finneas:自分が作った曲を発表した時に、一番僕にとって意味があるのは、自分に近い人達の意見なんだよね。僕が最初に気づいたのは、James Cordenが「Bad Guy」を走り回りながら歌っていたのを見た時かな。「オーマイゴッド! みんなが本当に僕達の曲を知ってる、クレイジーだ!」って思った。ちょっと驚きだったよ

Billie:私が気づいたのは、沢山の人達に影響を与えていて、「ヤバイ!」って思ったわ。

【第62回グラミー賞 主要4部門】

・年間最優秀レコード
Billie Eilish『Bad Guy』

・年間最優秀アルバム
Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』

・年間最優秀楽曲
Billie Eilish「Bad Guy」

・最優秀新人賞
Billie Eilish

■ 第62回グラミー賞受賞者詳細(https://www.grammy.com/grammys/news/2020-grammy-awards-complete-winners-list)


【放送情報】

『第62回グラミー賞授賞式』

2020年1月27日(月)22:00〜[WOWOWプライム] ※字幕版
リピート放送!『第62回グラミー賞授賞式』3月24日(火)22:30〜[WOWOWライブ] ※字幕版

■ 『グラミー賞授賞式』番組特設サイト(https://www.wowow.co.jp/music/grammy/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着