「令和時代のおひとりさま」もはや、
市民権を得たといえる日本の「おひと
りさま文化」

2020年2月2日(日)ON AIR


東京のカラフルな今をキャッチする「カラワン」。

2月2日のテーマは「令和時代のおひとりさま」。
日本で「おひとりさま」と言う言葉が流行し始めたのは
一説では2005年ごろからと言われています。
家族やカップルの時間を大切にする諸外国に比べても
日本は、「おひとりさま」に優しい国だと言われているそう!
もはや、市民権を得たといえる日本の「おひとりさま文化」が
令和の今、どんな風に進化しているのか?チェックしてみました。


選曲はいつもながら、日曜日のランチタイムに似合う曲を中心に
“おひとり様”にちなんだナンバー、魅力的なソロ・ミュージシャンのナンバーなど、タイムレス、ボーダーレスに選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介
1.Cool For a Second / Yumi Zouma
ニュージーランド、クライストチャーチ出身のドリームポップ・バンド、ユミ・ゾウマ。ユニークなバンド名は、メンバーの友人二人のファーストネームとラストネームを繋げて作ったとか。この曲は2020年3月リリース予定のアルバム「Truth Or Consequences」に収録。
2.Personalia / Locate S,1
ジョージア州をベースに活動する Christina Schneider によるソロ・プロジェクト、ロケイト・エス ワン。軽やかに浮遊する高音のソフト・ヴォイス、レトロ・サイケなエレポップ・サウンドが魅力です。この曲は2020年4月リリース予定のアルバムのタイトル・トラックです。
3.Hommage A Pele / Janko Nilovic
数々のヒップホップ・アーチストにもサンプリングされているフレンチ・ライブラリー界の巨匠、ヤンコ・ニロヴィッチ。この高揚感溢れるハッピーサンバは1974年のアルバム「Chorus」に収録。
Love / The Fatback Band
1970年代を中心に活躍したビル・カーティス率いるニューヨークのファンク・バンド、ファットバック・バンド。甘さとハードさが両立したこの曲は、1974年のアルバム「KEEP ON STEPPIN」に収録。
※Spotifyに楽曲登録が無い為プレイリストに不記載となっております。
4.Forever Yours / Kygo, Avicii, Sandro Cavazza
2018年に死去したアヴィーチーが生前制作を手がけた未完成の楽曲を人気プロデューサーのカイゴと、スウェーデン出身のシンガー、サンドロ・カヴァッザが完成させた、時を超えた新曲です。
5.Time and Love / Laura Nyro
“大都市NYの孤独”を歌った孤高のシンガーソングライター、ローラ・ニーロ。
シンプルなピアノから始まり、徐々に高揚感を増していく展開が魅力のこのナンバーは1969年の名盤「New York Tendaberry」に収録。

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着