Thundercat、3年ぶりの新作『It Is
What It Is』引っさげ4月にジャパン
・ツアー開催

Header Photo by Parker Day

Thundercatが4月に東名阪を回るジャパン・ツアーを開催することが発表された。

ベース・プレイヤー、ボーカリスト、ソングライターなど、様々な肩書きを持つマルチ・アーティスト、Thundercat。前作『Drunk』からおよそ3年、盟友Flying Lotusとの共同プロデュースで制作したニュー・アルバム『It Is What It Is』には、Childish GambinoSteve LacySteve Arrington、Kamasi Washington、Lil B、Ty Dolla Sign、BADBADNOTGOOD、Louis Cole、Zack Foxら、豪華アーティストの参加が発表されている。

今回の来日はDennis Hamm(Key.)、Justin Brown(Dr.)とのトリオ編成。チケットの主催者先行は本日2月5日(水)18時よりスタートする。
【イベント情報】

『THUNDERCAT JAPAN TOUR 2020』

日時:2020年4月21日(火) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪 BIGCAT

日時:2020年4月22日(水) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知・名古屋 CLUB QUATTRO

日時:2020年4月23日(木) OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京・恵比寿 THE GARDEN HALL

料金:ADV. ¥6,800 (1D代別途)

※未就学児童入場不可

主催:SHIBUYA TELEVISION
企画制作・INFO: BEATINK(http://www.beatink.com) 03-5768-1277

■ ツアー詳細(https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10825)


【リリース情報】

Thundercat 『It Is What It Is』

Release Date:2020.04.03 (Fri.)
Label:BEAT RECORDS / BRAINFEEDER
Tracklist:
1. Lost In Space / Great Scott / 22-26
2. Innerstellar Love
3. I Love Louis Cole (feat. Louis Cole)
4. Black Qualls (feat. Steve Lacy, Steve Arrington, & Childish Gambino)
5. Miguel’s Happy Dance
6. How Sway
7. Funny Thing
8. Overseas (feat. Zack Fox)
9. Dragonball Durag
10. How I Feel
11. King Of The Hill
12. Unrequited Love
13. Fair Chance (feat. Ty Dolla $ign & Lil B)
14. Existential Dread
15. It Is What It Is
16. Bye For Now (feat. Michael McDonald) *Japanese Bonus Track

※国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録/解説書・歌詞対訳封入
※Tシャツ付きセットも発売

■ リリース詳細(http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10772)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着