大塚 愛、アート空間で鮮やかなピアノ弾き語りライブを開催!

大塚 愛、アート空間で鮮やかなピアノ弾き語りライブを開催!

大塚 愛、アート空間で鮮やかなピア
ノ弾き語りライブを開催!

弾き語りライブファイナル

大塚 愛のピアノ弾き語りライブ「AIO PIANO vol.7」が、15日(土)に東京・イイノホールでファイナルを迎えた。
「AIO PIANO」は、今回で7回目となる大塚 愛のピアノ弾き語りライブ。
2019年の夏には5都市6公演を廻る自身最大規模のアジアツアー「AIO PIANO at ASIA vol.2」を遂行。
全公演で5,000人以上を動員するなど、日本のみならずアジアにまで広がる、大塚 愛の人気のライブセットだ。
【歌詞コラム】みんなやっぱり『愛』がすき!大塚愛のさくらんぼに隠された『愛』ってなんだろう?!
https://utaten.com/specialArticle/index/2690
2020年はバレンタインシーズンとなる大阪・愛知・東京の3都市で開催。全公演のチケットがソールドアウトとなり、2020年も弾き語りライブの人気ぶりを発揮した。
ピアノ弾き語りライブレポート
ステージ上には、グランドピアノと一緒に、映画「2001年宇宙の旅」に出てくるモノリスのようなオブジェが3つ並んでいる。
大塚 愛が黒いドレス姿で登場すると、自身のジャズナンバー『シヤチハタ』を披露。観客の歌声を煽るなど1曲目から会場をあたためた。
『大好きだよ。』『黒毛和牛上塩タン焼680円』などヒットナンバーをピアノアレンジでしっとりと聴かせると、このツアーのために用意したカバー曲、ABBAの『SOS』とシンディ・ローパーの『Time After Time』を披露。

『SOS』は大塚 愛が学生時代に好きだったドラマのエンディングテーマだったことなどを語り、ドラマ好きらしい一面も覗かせた。

映像とアートで神秘的なライブに
後半では、演奏と共にオブジェに色鮮やかな映像が次々と映し出され、アートで神秘的な空間を創り出した。
アコースティックピアノと映像を掛け合わせた演出は自身初の試みとなり、7回目の弾き語りライブにして、新境地を見せた。

アンコールのMCでは「しばらく曲が作れない状態が続いた時期があったけど、この曲がきっかけでまた曲作りを再開することが出来た。」と話し、未発表の新曲を披露した。
シンガーソングライターとしての原点と、未来への進化を見せてくれる大塚 愛のピアノ弾き語りライブに、今後も期待が高まる。
楽譜付きアルバム発売
大塚 愛の今後の予定としては、3月11日(水)にこれまでの〝ライブでのピアノ弾き語り音源″を集めた、自身初の楽譜付きアルバム『Aio Piano Arioso』を発売する。
同じ楽曲でも毎回違うピアノ演奏を行う大塚 愛のピアノ弾き語り。
この楽譜は、実際にライブで弾いたピアノ演奏をそのまま譜面に書き起こした、その日”一度きり”の貴重なピアノ楽譜となっている。
イタリア語の音楽用語でもある「Arioso(アリオーソ)」は、日本語で「歌うように」と訳すそうだ。
大塚 愛の歌うように弾くピアノ演奏を、ぜひ一緒に弾いて楽しんで欲しい。
そして、毎年開催しているアニバーサリーライブ「LOVE IS BORN」が2020年9月に開催されることが発表された。
デビュー17周年を祝う2020年開催「LOVE IS BORN ~17th Anniversary 2020~」は、東京・大阪の2都市で開催とのこと。こちらもぜひチェックを。

Photo by 田中聖太郎
「AIO PIANO vol.7」セットリスト
01.シヤチハタ
02.さくらんぼーカクテルー
03.しゃぼん玉
04.大好きだよ。
05.黒毛和牛上塩タン焼680円
06.Chime
07.XOX
08.SOS/ABBA(カバー)
09.Time After Time/Cyndi Lauper(カバー)
10.ユメクイ
11.360°
12.サクラハラハラ
13.タイムマシーン
14.アクション10.5
15.クムリウタ
16.ドラセナ
EN01.新曲(タイトル未定)
EN02.end and and ~10,000hearts~
▷プレイリスト公開中

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着