林青空

林青空

【林青空 インタビュー】
自己紹介として
自信を持って渡せるアルバム

曲順はスタッフさんも
一緒になって意見を出しながら
めっちゃ悩んで決めました

個人的には「散歩歌」を聴いて林さんの魅力に惹かれました。林さんは恋愛ソングも多いのですが、恋愛ソングの歌詞を書く時は実体験をベースに書いていたりします?

自分が体験したことも入れたり、友達の話を入れたりもしてますね。あと、本を読んだり、映画を観たりして自分と関連させることもありますし、どう感じたのかを大切にしながら歌詞にしています。

10代の頃から作った曲も多いと聞いていたので、“この曲は学生時代の恋愛かな”とか“これは大人になってからかな”とか、そんなことも楽しみながら聴いていました。

バレてる!(笑) 恥ずかしいですね。「散歩歌」はそんなに若い時ではないです…。

やっぱり(笑)。でも、幅広い年代の恋愛ソングがあるからこそ、ファンの方やこれから林さんを知る人にもアルバムを通して身近に感じてもらえるかもしれませんね。ただ、アルバムの中で「ファイティン」の歌詞はテイストが他と違うと思ったのですが。

アルバムに向けて曲を書こうと思っていたタイミングで、めっちゃ仲良しの同級生に電車でばったり会ったんですよ。学校を卒業してから会うのが初めてだったんで、電車に乗ってる間だけでしたけど、いろんな話をして。私とは違う世界で頑張ってるし、仕事が大変やって言っていたので、ちょっとでも応援できたらいいなと思って、この曲を作りました。その子から聞いたエピソードが歌詞になっている部分もあるので、この曲はその友達に送ろうと思います(笑)。

そういうバックグランドがあるんですね(笑)。シンガーソングライターなのに、すごくOLのリアルな日常を描いていると思ってました。

その友達から聞いたエピソードから、この曲は広がっていったので。会社で働いてる子たちは同じような想いをしてるんじゃないかな。

似た経験をしてる人もいると思いますよ。あと、アルバム全体を通しては「BLUISH WHITE」で終わっても良かったんじゃないかと思ったんですが、「猫背」を聴いたことで、あえて「出航日和」と「猫背」でアルバムを挟むような曲順にしたのかなと感じました。

そうなんです! 「猫背」は狙って最後に持ってきました。この曲はバーっと衝動的に書き上げていったんですけど、自分としては新しい曲の作り方をした一曲で。粗削りな感じで作ったのに、最終的にバンドでゴリゴリなサウンドになって、林青空の新しい一面が出せたと思えたし、この曲を最後にするのはありやと思えたんです。最後に「猫背」を聴いて、もう1回アルバムを頭から聴いてほしいなって。このアルバム以降の林青空はもっとパワーアップしてるんじゃないかなって、みんなに思ってもらえる伏線的な意味も込めて最後にこの曲をぶつけてみました。

やっぱりそうでしたか。「猫背」はファンに向けて“頑張っていくからね”という想いを伝えている曲で、「出航日和」は“新しい旅に行ってきます”という意味がある曲なので、アルバムをリピートで聴くと「猫背」から「出航日和」に移るまでの間が短くて…だから、狙っているのかなと。

嬉しいです、気付いていただいて。曲順はスタッフさんも一緒にめっちゃ悩んで決めたので。いろんな意見をもらったんですけど、みんな違うことを言うし(笑)。でも、アルバムを通して聴いたら“いい並びやな”って思えましたね。

ぜひ、オールリピートで聴いてもらいたいですね。4月にはワンマンツアー『THE TIME HAS COME!』が控えていますが、どんなライヴになりそうですか? バンドスタイルですよね?

バンドスタイルで演奏します。このツアーは昔から応援してくれてるファンのみんなに安心してもらいたいし、“ちゃんとしがみ付いていないと置いて行かれちゃう”って焦りのような気持ちを感じてほしいなと(笑)。アルバムの中にはライヴで披露していない曲もあって、音源のほうが先という披露の仕方は初めてなので、どういうふうに届けられるかちょっとドキドキしています。ライヴが私にとって一番の武器やと思っているので、アルバムで知ってライヴに来てくれる人にも、“もう1回、林青空のライヴに行きたい!”って思ってもらえるようなツアーにしたいですね。

取材:岩田知大

■Amazon限定インタビュー公開中
https://www.amazon.co.jp/b?node=8007722051&tag=okmusic-22
アルバム『出航日和』2020年2月26日発売 UNIVERSAL J
    • UPCH-2205 
    • ¥3,000(税抜)

『林青空ワンマンツアー 2020『THE TIME HAS COME!』』

4/02(木) 北海道・札幌COLONY
4/04(土) 東京・渋谷WWW
4/12(日) 大阪・大阪JANUS

林青空 プロフィール

ハヤシアオゾラ:大阪府出身のシンガーソングライター。地元大阪のライヴハウスにて弾き語りでの活動をスタート。北海道から沖縄まで弾き語り全国ツアーや梅田CLUB QUATTROでワンマンライヴを成功させ、2020年2月にアルバム『出航日和』でメジャーデビューを果たす。8月に初のテレビドラマタイアップ楽曲「ハイヒールシンデレラ」をシングルリリース。オフィシャルHP

「出航日和」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着