L→R 岩淵紗貴(Vo&Gu)、一瀬貴之(Gu)

L→R 岩淵紗貴(Vo&Gu)、一瀬貴之(Gu)

【MOSHIMO インタビュー】
なりたい自分に向かって
世の中に噛み付いていく

反骨心みたいなものは
どうしても出てきちゃうんです

アップテンポで遊び心のある「バンドマン」はまさにライヴで楽しい曲ですよね。よく話題に上がる“ダメな男の3B”をテーマにしていて。

一瀬
『TODOME』に入ってる「釣った魚にエサやれ」「電光石火ジェラシー」とか、最近のMOSHIMOはわりとそういうユーモアな曲が多かったので、その路線を引き継いでるのが「バンドマン」なのかなって。バンドが好きな人だったら分かる“あるある”を痛快に歌いたくて、ライヴを想定して作りました。レコーディングも一発録りで、歌も歌詞を間違えているところをわざとそのまま入れてたり。

しかも、切ないバラード曲である「誓いのキス、タバコの匂い」の前に入ってるっていうギャップもバンドの色が出ていると思います。他にも曲順で意識したことはありますか?

一瀬
曲順は結構考えて作りましたね。まず「もっと」を1曲目にしたいっていうのが最初からあったので、2曲目の「熱帯夜」はそこからつながるイントロにしようとか。アルバムで聴く良さもよく分かっている世代なので、特に1~3曲目は曲を作る時点でアルバムの流れを意識しました。

「誓いのキス、タバコの匂い」は煮え切らない想いが言葉になっていて、心が痛むくけどロマンチックだなと。

一瀬
MOSHIMOってこういう王道のバラードがなかったんですよ。ライヴでは前にやっていたCHEESE CAKEってバンドの「寝グセ」をやることが多かったので、MOSHIMOでもバラード曲をやりたいなと思って。MVも僕が撮っているんですけど、この曲の世界観が気に入っていたので、それを映像にしたくて。

孤独感というか、憂いというか。

一瀬
何だろう…頭ではダメだと分かってても、好きな気持ちがあって成り行きに任せちゃうことってあるじゃないですか。でも、核心を突くことを言ったら、関係自体が終わっちゃうのかなとか。そのリアリティーや、いろんな人が経験したことのあることが詰まっているので、いい叙情感だなと。

歌詞は岩淵さんが書かれている部分が多いと思いますが、そういった曲に込めた気持ちってふたりで話すんですか?

一瀬
ふたりというか、MOSHIMOのチームはわりと自分のことを話している気がしますね。だから、自然と“こういうことがあったんだ”って汲み取って音を作ったりとか。結構オープンだと思います。

アルバムはこの「誓いのキス、タバコの匂い」でしっとり終わるわけですが、生きることへの一生懸命さは1曲目の「もっと」をはじめ全曲に共通してあるように思いました。ご自身では今作が出来上がってみてどうですか?

岩淵
ライヴをしている時の私を音で表現しつつ、自分自身がぶれていないことは歌詞で表せたと思います。新体制になって新しい刺激をもらったし、自分の中でワンステージ上がったような、スタートダッシュに近い作品になっていて。自己表現が苦手だった理由は、振り返ると意外に小さいことだったりするから、同じ状況の人にも“大丈夫だよ”って言えるアルバムになったんじゃないかな。
一瀬
岩淵の経験が盛り込まれているので、これを聴いてライヴに来てくれた人とまた最近のことを話したりするのも楽しみですし。何かに悩んでたり、話したいことがある人とお互いに成長するきっかけになったら嬉しいですね。

“噛む”っていうタイトルにはどんな意味合いが?

岩淵
ネガティブなことやマイナスなことに噛み砕いていきたいっていうのと、これからいろいろ反発もあると思うけど、なりたい自分に向かって世の中に噛み付いていく。あと、今の自分を噛み締めて進んでいきたいっていう気持ちが込められています。

タイトルの意味的にも、少なからず反骨心があると思うんですけど、それって年々増しているんですか?

岩淵
増してますね(笑)。自分自身で何かひとつできたって思うことがあると、それを羨んでくれる人がいて、“満たされているバンド”って思われることがあるんですよ。“MOSHIMOはいいよね”みたいな。
一瀬
“上手くいってるよね”とかね。もちろん助けてくれるスタッフもたくさんいるので恵まれているとは自分でも思うんですけど、“おんぶにだっこしてるんじゃないの?”って言われることもあるんですよね。でも、自分たちでアートワークやMVを考えたり、ライヴのお立ち台も作ったりとDIYでやっているところもあるので。
岩淵
そう言われて“腹立つ!”って思うこともあるけど、それを言うと堂々巡りだし。グッと堪えないといけない場面もたくさんあって、だからこそ反骨心が増してると思います。でも、それだけじゃなくて、“この人みたいな考え方になりたい”って憧れて、“この人と同じ目線で話せる日が来るのかな”って考えたり、そういう刺激をくれる人たちに食らい付いていきたいって考えるとメラメラ燃えてくるんです。だから、マイナスな気持ちからくるものもあれば、自分を引き上げていきたいっていうプラスなものもあって、反骨心みたいなものはどうしても出てきちゃうんですよね。
一瀬
僕も常に反骨心があってひねくれている人間だと思うので、100あったら99は悔しいし、でも1楽しければやっていけるって気持ちです。
岩淵
すごくひん曲がってる性格をしてるし、思ったよりも口が悪いって怖がられることもあって。だから、《ブラックジョークも通じないの?》とか歌っちゃうんですけどね(笑)。

なるほど(笑)。そして、リリース後からツアーが始まりますが、ライヴハウスを回ったあとにファイナルはZepp DiverCity TOKYO公演も控えていますね。

岩淵
自分たちとしては新しい気持ちで再出発するツアーだし、新体制になって今後バンドがどうなるのか心配してくれているお客さんもいるので、そういうネガティブな気持ちも打ち砕いて前に進めるツアーにしたいですね。ファイナルは一番大きなステージだから、お客さんと一緒に“とりあえずいろいろあったけどここまで来たな! 次行こうぜ!”って言える日にしたいです。

取材:千々和香苗

アルバム『噛む』2020年3月18日発売 Noisy / KOGA RECORDS
    • KONS-001
    • ¥2,200(税込)

『NEW ALBUM「噛む」RELEASE ONEMAN TOUR「噛みしめる」』

4/18(土) 東京・下北沢SHELTER
4/25(土) 愛知・名古屋ELL
4/26(日) 大阪・CLUB QUATTRO
5/23(土) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
5/31(日) 北海道・札幌BESSIE HALL
6/14(日) 広島・SECOND CRUTCH
6/20(土) 福岡・DRUM LOGOS
6/27(土) 新潟・CLUB RIVERST
9/12(土) 東京・Zepp DiverCity TOKYO

MOSHIMO プロフィール

モシモ:2015年4月に福岡で結成。日常生活で抱くさまざまな不安、困難、フラストレーションを全てポジティブに変える熱いライヴパフォーマンスと、かわいくもパワフルな歌声、ポップながら骨太なロックサウンドで若者の心を掴む新進気鋭のギターロックバンド。20年8月に兼ねてよりサポートとして参加していた汐碇真也(Ba)と髙島一航(Dr)の正式加入し、21年8月にアルバム『化かし愛』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。MOSHIMO オフィシャルHP

「もっと」MV

「誓いのキス、タバコの匂い」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着