サンボマスターの思いが
その音に溢れて出た傑作
『僕と君の全てを
ロックンロールと呼べ』

何かが飛び出しているリリック

さて、ここまで、サンボマスターのサウンド、歌のメロディーにおいて、そこからあふれて出て、噴き出て、飛び出ているものがあると述べてきたわけだが、何故にそうなっているのかと言えば、その理由は端的に言っていいと思う。強烈に伝えたいことがあるからである。山口のスキャットやアドリブを指して、感情が先走って言葉が着いていかない、あるいは思いが先走って口が着いていかない…と前述したが、伝えたい気持ちが強すぎて、それが前のめりとなって出現しているのだ。何しろ、本アルバムの前作であるメジャー2ndのタイトルが“サンボマスターは君に語りかける”なのである。この辺りはサンボマスターの本懐でもあるのだろう。

その伝えたいことの中身は何であるかと言えば、M7「戦争と僕」のように、ずばり戦争をモチーフとしたと思しきものもあったりするし、決してそのテーマは一辺倒ではないが、そのほとんどは“僕”と“君”(あるいは“俺”や“あなた”)の物語に要約される。M1「二人ぼっちの世界」、M4「君の声は僕の恋僕の名は君の夜」、M12「二つの涙」、M13「離れない二人」、M17「僕と君の全ては新しき歌で唄え」など、タイトルにもそれが表れている。その根底にあるものは、“君”、あるいは“あなた”とつながりたいという気持ちの表れ、少なくともその気持ちが届いてほしいという希求であると言っていいと思う。

《心の声をつなぐのが これ程怖いモノだとは/僕等なぜか声を合わす/今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだぜ》(M3「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」)。

《僕等ただ東京のさびしい恥さらしさ/あなたの夜が知りたいの そんな奴よ/僕等ただ愛しさはそっと感じてたいの/夜霧にまみれて何か変なことしたい気分/僕等はきっとそいつを唄にする》(M10「ゲットバックサンボマスター」)。

《俺たちは新しき日本のソウルミュージックで/あなたとオレでさぁ涙を流してぇんだよ!!/あぁそれでも美しく汚い世界》《新しき日本語ソウルの道と光をアンタと歌いてぇんだよ》(M12「二つの涙」)。

《今が光でも明日が闇ならば 僕はどちらの日々も要らぬさ/それでもあなたがウソだと言うなら/君と僕の ずっと消えないモノ すぐに消えるモノ/光と影の歌を唄うのさ》(M15「全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ」)。

《僕たちの朝は今までのことただ許せるまで祈るのさ/輝くものにただ明日のため 歌えよ/僕らの生きたその証に水色模様の愛を探そう/心を乗り越えよう》(M17「僕と君の全ては新しき歌で唄え」)。

《僕にとってこの世界は理由(わけ)もなく怖いモノなんだ/大切なはずの人にも裏切ってばかりきたんだ/走り去って消えたモノや 今になって気付いたモノが/僕のこと呼び止めて唄いだす》《そして僕達は決して恐がらずに/言葉と肌の色を越えてさぁ/唄おうぜ 唄おうぜ》(M18「何気なくて偉大な君」)。

小難しい説明は不要だろう。つながりたいという気持ちを歌、バンドサウンドで届けたい。サンボマスターとはそうしたバンドであることが歌詞からもよく分かる。その強い気持ち、強い思いが、サンボマスターの楽曲を構成するあらゆる要素を溢れて出させ、噴き出させ、飛び出させているのだ。

TEXT:帆苅智之

アルバム『僕と君の全てをロックンロールと呼べ』2006年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.二人ぼっちの世界
    • 2.手紙 ~来たるべき音楽として~
    • 3.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ(アルバムバージョン)
    • 4.君の声は僕の恋僕の名は君の夜
    • 5.絶望と欲望と男の子と女の子
    • 6.世界はそれでも沈んでいくんだぜ
    • 7.戦争と僕
    • 8.愛しさと心の壁
    • 9.心音風景
    • 10.ゲットバックサンボマスター
    • 11.あの娘の水着になってみたいのだ
    • 12.二つの涙
    • 13.離れない二人(アルバムバージョン)
    • 14.ベイビー優しい夜が来て
    • 15.全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ(アルバムバージョン)
    • 16.東京の夜さようなら
    • 17.僕と君の全ては新しき歌で唄え
    • 18.何気なくて偉大な君
『僕と君の全てをロックンロールと呼べ』('06)/サンボマスター

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着