U2が地方のロックグループから
世界最高のロックグループへと
ジャンプアップした傑作
『ヨシュア・トゥリー』

前作のヒットもあって、次作でもイーノとラノアのコンビがプロデュースをすることが決まった。ラノアはメンバーにロックのルーツとなるブルースやカントリーをはじめ、アイルランドのルーツ音楽も勉強するように提言し、彼らは長い時間をかけてルーツ音楽への探求と曲作りに取り組むこととなった。結果、本作『ヨシュア・トゥリー』は、イギリス、アメリカともにチャートで1位を獲得、翌年のグラミー賞では最優秀アルバム賞および最優秀ロックグループの2部門で受賞するなど、当時世界最高のロックグループという評価を受けた。

収録曲は全部で11曲。「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」(全英4位、全米13位)、「アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅)」(全英6位、全米1位)、「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」(全英4位、全米1位)の冒頭3曲はシングルカットされ、いずれもヒットしている。もちろん他の曲も名曲揃いで、彼らのアルバム群の中で本作は、自身のルーツであるアイリッシュをはじめ、ブルース、カントリーといった異国の視点のルーツ解釈も絡めた異色のロック作品だと言え、80年代ロックを代表する屈指の名作となった。

当時、本作が大ヒットを記録した(2500万枚以上のセールス)のはアルバムの内容が良いのはもちろんであるが、打ち込みが多かった80年代ロックの中にあって、しっかりと人力演奏の醍醐味を味わえたことも大きかったのではないかと僕は思う。

TEXT:河崎直人

アルバム『The Joshua Tree』1987年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)/Where The Streets Have No Name
    • 2. アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅)/I Still Haven't Found What I'm Looking For
    • 3. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー/With Or Without You
    • 4. ブリット・ザ・ブルー・スカイ/Bullet The Blue Sky
    • 5. ラニング・トゥ・スタンド・スティル/Running To Stand Still
    • 6. レッド・ヒル・マイニング・タウン/Red Hill Mining Town
    • 7. 神の国/In God's Country
    • 8. トリップ・スルー・ユア・ワイアーズ/Trip Through Your Wires
    • 9. ワン・トゥリー・ヒル/One Tree Hill
    • 10. イグジット/Exit
    • 11. マザーズ・オブ・ザ・ディサピアード/Mothers Of The Disappeared
『The Joshua Tree』(’87)/U2

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着