写真左上より時計回りに、ハマ・オカモト(Ba)、オカモトコウキ(Gu)、オカモトレイジ(Dr)、オカモトショウ(Vox)

写真左上より時計回りに、ハマ・オカモト(Ba)、オカモトコウキ(Gu)、オカモトレイジ(Dr)、オカモトショウ(Vox)

【OKAMOTO'S インタビュー】
ちゃんと夢をもう1回
見られる自分たちでいたい

夢は世界制覇!
それは10年前も、今もずっと変わらない

そんな中、アダルトでアーバンな魅力がある「Dance To Moonlight」は書き下ろしの新曲ですね。

ショウ
はい。ネットショップ『STORES』のCMで、今、流れてます。去年、いろいろ制作した中で一番良かった曲なんです。
コウキ
アルバムのカラーとかコンセプトとかを気にする必要がないってところで、純粋にメロディーが良いことも含め、たくさん候補がある中から選ひました。

じゃあ、これが今のOKAMOTO’Sが一番やりたい曲というわけではなく、こういう曲もあるという感じ?

ショウ
そうですね。気軽に…というか。
コウキ
肩の力は抜けているかもしれないです。“これで次の10年は行きます!”ってことではなく、今の楽しいムードを出したという感じです。今回のベスト盤は10年間のまとめだから、その次を示すっていうのはちょっと違う気がするし…でも、“今はこうですよ〜”っていうのも示したいしっていう。
ショウ
次の自分たちに向けての実験じゃないですけど、“こういうのやったらどうだろう”とか、“こういう音作りをしたらどうだろう”とかっていうね。「Dance To The Moonlight」にはBRIAN SHINSEKAIっていう同期のミュージシャンがいるんですけど、彼に鍵盤を入れてもらっていて、物理的に人がひとり増えただけでも新しいし。あとは、気軽に音楽を作れるタイミングって、実はそんなになくて。締め切りもあるし、テーマもあるし。それは自分たちで自分たちに課していることなんですけど、そうやってどれだけいいものが作れるのかってやってる中で、いろいろなことを考えずに曲を書ける数少ないタイミングに書いた、すごくいい曲って感じですね。ミュージシャンとしてすごく健全というか、“いい曲だね。みんなで録ってみよう”っていう。

その「Dance To Moonlight」の歌詞はラブソングにも聴こえるし、バンドのことを歌っているようにも聴こえます。

ショウ
そうですね。俺も歌詞を読み直しながら、そう思いました。ベスト盤として10年をまとめた時、こういう歌詞があるっていうのは、幸先がいいというか、ロマンチックな気がして、すごくいいですね。それを意識せずに書けたのが良かったです。

OKAMOTO’Sというバンドに対して、ロマンチックな気持ちはまだまだあると。

ショウ
ありますよ。10年やっていると、始めた時はまだ10代だったということもありますけど、大人になりすぎちゃう部分もあって。それに経験値が上がると、それだけ予想もできるようになるから、自分の天井を決めちゃう…“まぁ、これぐらいでしょ”って、つい無意識のうちに思っちゃう部分が出てくる時もあるんです。でも、経験を積みながら実力も付けてきて、武道館もちゃんとソールドアウトしたんだから、そこで“現実はこうでしょう”なんて言わずに、ちゃんと夢をもう1回見られるような自分たちでいたいと思います。“ほんと、ここからだよ”って武道館を終えた時も思ったし、今もそう思ってるし。

ベスト盤のインタビューではあるのですが、“夢”という言葉が出たので、最後にOKAMOTO’Sのこれからの夢についても聞かせてください。

ショウ
10年前も今も変わらないんですけど、世界制覇ってずっと言ってるんです。何をもって世界制覇なのかはさておき、ちゃんと世界に自分たちのリスナーがいるとか、ツアーを発表したら各国を回る予定になっているとか、それぐらいにはなりたいですね。そのためにも…まぁ、今までも毎年1回海外に行っているんですけど、より積極的に動いていきたいと思います。
レイジ
それには続けることですよね。
ハマ
まさに! ここまでは続ける努力は必要なかったけど、これからは必要だと思っているんですよ。自分たちよりもちゃんと考えて、努力していると思ってたバンドが終わっちゃうところを、同期を含めていっぱい見てきたので。向こう見ずに走ってきた僕らは続いていますけど、ここからはそれだけだと…
コウキ
うん。ちゃんと考えないとね。
ハマ
ダメなんじゃないかな。それが具体的に何かっていうのは難しいですけど。でも、まぁ、これまでと変わらずにやりたいことをやり続けるとは思うんですけどね。
コウキ
やり尽くしたら終わっちゃうけど、やり尽くすことはなさそうなので。みんな、音楽的興味がものすごくあるから、そこは大丈夫だと思ってます。
レイジ
あとは、健康ですね。病気になったり、怪我したりして、演奏できなくなっちゃう仲間を近場で見ていると、今、自分がキャパとか、売上うんぬん以前にバンドができていることに喜びを感じますし、改めて恵まれていると思うし、ここから長く続けるなら、それがすごく大事だと思います。

取材:山口智男

アルバム『10’SBEST』2020年4月15日発売 Ariola Japan
    • 【完全生産限定盤(BD+LP付)】
    • BVCL-1070~4
    • ¥15,000(税抜)
    • ※豪華パッケージ
    • 【初回生産限定盤(BD付)】
    • BVCL-1075~7
    • ¥6,500(税抜)
    • 【通常盤】
    • BVCL-1078~9
    • ¥4,200(税抜)

『90'S TOKYO BOYS in HALL “History”』

5/15(金) 東京・中野サンプラザ
5/17(日) 神戸・神戸国際会館こくさいホール
5/21(木) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

OKAMOTO'S プロフィール

オカモトズ:中学校からの同級生で結成。2010年、日本人男子としては最年少の若さでアメリカ・テキサス州で開催された音楽フェス『SxSW2010』に出演。アメリカ七都市を廻るツアーや豪州ツアー、香港、台湾、ベトナムを回ったアジアツアーなど、海外でのライヴも積極的に行っている。19年の10周年イヤーには6月に初の日本武道館ワンマンライヴを開催し、20年4月には初のベストアルバム『10’S BEST』、8月にフジテレビ深夜アニメ枠”ノイタミナ”「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」エンディング・テーマ「Welcome My Friend」を含むEPをリリース。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着