全てにおいてハイレベルでファン急増中なSEVENTEENの魅力に迫る!

全てにおいてハイレベルでファン急増中なSEVENTEENの魅力に迫る!

全てにおいてハイレベルでファン急増
中なSEVENTEENの魅力に迫る!

SEVENTEENが持つ魅力
SEVENTEENは、2015年5月に韓国でデビューした韓国・アメリカ・中国出身のメンバーで構成されている多国籍グループです。
彼らの魅力を知っていただくために、SEVENTEENのコンセプトとメンバープロフィールを紹介します。
グループ名「SEVENTEEN」に込められている想い
韓国のアイドルグループのほとんどはコンセプトを持っており、キャッチコピーやグループ名に込められた想いが公開されています。
SEVENTEENもそのグループの一つです。
メンバーが13人+グループ内で分割したチームが3つ+グループが1つという足し算で「17」という数字になり「SEVENTEEN」というグループ名が付きました。
はじめは17人グループを予定しおり、平均年齢を17歳にし、デビューするという構想がありましたが、途中で変更になりました。
グループのコンセプトは「共に作っていくアイドル」です。
ファンと一緒に上を目指していくという想いが込められています。
SEVENTEENメンバーのプロフィール
SEVENTEENが絶大な人気を誇っているのは、メンバーそれぞれが魅力を持っていることがひとつの理由になっているようです。
また、グループ内でヒップホップチーム・ボーカルチーム・パフォーマンスチームに分かれています。
ヒップホップチームはエスクプス・ウォヌ・ミンギュ・バーノンの4人です。
エクスプはSEVENTEEN全体のリーダーであり、ヒップホップチームのリーダーでもあります。
リードラッパーやチームのお父さん的存在として、グループを引っ張っています。
ウォヌは低音ボイスに定評があり、サブラッパー担当です。
積極的な性格のメンバーが多い中で「ナマケモノ」と呼ばれるくらいマイペースで、グループの癒し系であり中和剤になっています。
ミンギュはサブラッパーをつとめ、グループ内のビジュアル担当と言われるくらいのイケメンです。
音楽番組で女性出演者が転びそうになったところを、反射的に助けた出来事が話題になりました。
メンバーも口をそろえて言うほど、優しくて思いやりがあると言われています。
バーノンはメインラッパー担当です。
出身地が母親の故郷であるアメリカで、小学校から父親の故郷である韓国で育ったため英語と韓国語が話せます。
英語圏でのメディア出演の際、積極的にトークしているメンバーのひとりです。
ボーカルチームはウジ・ジョンハン・ジョシュア・ドギョム・スングァンの5人です。
ウジはボーカルチームでチームリーダーをつとめ、SEVENTEENのメインボーカルを担当しています。
グループで歌われているほとんどの曲の作詞作曲を手掛けでいる楽曲プロデューサーです。
幼い頃からクラシックを中心にさまざまな音楽や楽器に精通しており、天才と言われています。

ジョンハンはSEVENTEENでサブボーカル担当です。
「ジョンハン」という言葉は「美しい天の川」という意味を持っており、ファンからは「姫」と呼ばれるくらい中性的な美しいルックスを持っています。
ジョシュアはサブボーカルをつとめており、韓国語・日本語・中国語・英語・スペイン語の5ヶ国語を話せるメンバーです。
海外でのトークは、彼がグループを引っ張っています。
彼のピアスが毎回おしゃれだと話題で、ジョシュアに憧れてピアスを開けたファンが多いようです。
ドギョムはウジ同様にメインボーカルをつとめています。
グループのお笑い担当で、座右の銘が「ハッピーウイルス」です。
音楽に支障はないのですが右耳が悪いらしく、手術したこともありました。
スングァンもドギョム・ウジと同じくメインボーカルをつとめています。
高音の歌声が伸びやかで心地よいと定評があり、高い歌唱力を持っているようです。
またトークの才能も持っており、番組の司会を担当することもあります。
パフォーマンスチームはホシ・ジュン・ディエイト・ディノの4人です。
ホシはパフォーマンスチームでリーダーをつとめ、サブボーカル・メインダンサーの両方を担当しているようです。
楽曲の振り付けも彼が考えており、メンバーに指導もしています。
ジュンはリードダンサーとサブボーカルを担当しています。
SEVENTEENで活動する前は、3歳の頃からドラマや映画に出演しており、俳優として活動していました。
グループ内ではお兄さん的存在のようです。
ディエイトはリードダンサー・サブボーカルを担当し、今までダンスにおけるさまざまな賞を受賞しています。
ストイックな性格で食事にもかなり気をつかっているようです。
ディノはメインダンサー・サブラッパーをつとめています。
朝鮮で名のある皇帝の子孫であり、彼の器量の深さが活動の端々に伝わってくるようです。
失敗を恐れないポジティブさを持っています。
SEVENTEENのおすすめ楽曲3選
SEVENTEENの楽曲はMV・ダンスなど全てにおいて非常にクオリティが高く、作品が発表されるごとにファンを魅了しているようです。
ファンの意見を参考に、彼らの楽曲の中でも特に抑えておきたい3曲を厳選して紹介します。
「Adore U」
▲[M/V] 세븐틴(SEVENTEEN)-아낀다 (Adore U)
2015年5月29日にリリースされた1stミニアルバム『17 CARAT』の、2曲目に収録されています。
SEVENTEENが最初にYouTubeで公開したMVもこの曲でした。
楽曲制作と振り付けもメンバーが関与しており、イントロからギターの心地よいカッティングに思わず体を揺らしたくなるような楽曲です。
白を基調として爽やかな衣装や、ヒップホップの要素が取り込まれている近未来と空の上を思わせるシーンを折り込んだMVが、遊び心満載の映像になっています。
아낀다~Adore U~ 歌詞 「SEVENTEEN」
https://utaten.com/lyric/iz16060102
「Don't Wanna Cry」
▲[M/V] SEVENTEEN(세븐틴) - 울고 싶지 않아 (Don't Wanna Cry)
2017年5月22日にリリースされたSEVENTEENの4枚目のミニアルバム『Al1』の1曲目に収録されている楽曲です。
発売日当日にYouTubeにMVが公開されました。
アップテンポで激しい楽曲が目立つSEVENTEENの中ではゆったりした雰囲気で、私服のようなメンバーのお洒落な衣装にも注目です。
直訳すると「泣きたくない」の意味を持ち、サウンドやMVの彼らの切なげな表情を見ることができます。
それでいて息のあったキレのあるダンスも見どころのひとつです。
Don't Wanna Cry 歌詞 「SEVENTEEN」
https://utaten.com/lyric/ni20042202
「VERY NICE」
▲[MV] SEVENTEEN(세븐틴) _ VERY NICE(아주 NICE)
1枚目のフルアルバム『LOVE&LETTER』のリパッケージアルバムとして2016年7月4日に発売されたアルバムの2曲目に収録されている楽曲です。
日本語に訳すと「マジサイコー!」の意味を持っており、楽曲の歌詞も「好きな彼女とのデートが楽しみ」という高揚感ある内容になっています。
特に女性ファンに人気で、MVにはメンバーのキュートな表情がふんだんに詰まっているようです。
サスペンダーを用いたダンスも非常にクオリティが高くなっています。
アップテンポな楽曲でディスコミュージックを思わせる耳に残るフレーズが楽しく、ハイトーンボーカルがよく映える1曲です。
VERY NICE 歌詞 「SEVENTEEN」
https://utaten.com/lyric/iz18122699
SEVENTEENの今後から目が離せない
韓国のアイドルグループは男女ともにたくさんあります。
パフォーマンス・歌唱・楽曲など、すべてにおいてクオリティが高い韓国グループの中でも、SEVENTEENは今1番注目されているグループのようです。
日本でも更なる活躍が期待されています。SEVENTEENの今後の活動から目が離せません。

TEXT Imahashimiwa

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着