【来週の星占い】ラッキーエンタメ情
報(2020年5月25日~2020年5月31日)

今週は、これまでの自分の中の正義や常識が通じない「新しい世界」の入り口を見ることになるかもしれません。ニューノーマルとも呼ばれる、新しい生活様式のなかで暮らす自分たちの未来の予告編が上映されるようなものです。
周りの景色が今まで見ていたものとは違って見える、登場人物のキャラクター設定に意外な一面を見ることもあるでしょう。知らなかった、気づかなかった、そんなサイドストーリーが展開されていき、物事のさまざまな側面、複雑な事情と向き合う方が多そうです。
今まで見ていた情報は、一体何だったのだろうかと思うほど、思い違いや勘違いしていたことがわかるようになってきます。SNSやテレビで見ている有名人の発言が、必ずしも真実や本音とは限らないことにガッカリすることがあるかもしれません。しかし、誰だって世の中に見せておきたい自分の姿は、現実の自分とは少し違っているものなのでしょう。
自分はどう思うのか、考えがハッキリしない、決められない、というのであれば、いまは冷静に状況を見ている方がいいかも。いま何かを決断したり契約しても、夏から秋を迎える頃にはまた、状況は大きく変わっていきそうだからです。
この人についていった方が得をしそうだから、こっちを選んだ方が良いポジションが取れそうだから、なんて、浅はかに身のこなしだけで進んでいくと、それをあまり良く思わない周りの人達から、無言の圧をかけられてしまうかも。一度そのジャッジがおりると挽回は難しそう。
逆に言えば、その場限りの満足がお互いに合致するビジネスライクな関係性、マッチングアプリでの出会い、期間限定のレンタルサービスや、数量限定発売の商品、一度限りのコラボレーションなどの、レアなものは爆発的に売れ行きが伸びるかもしれません。何度もあることではないチャンスを活かして、気分転換やストレス解消を図るのはおススメです!

【タロットのお告げによる ラッキーポイント】
星占いの12星座がもつ性質や性格の傾向から
「火・土・風・水」4つのタイプ別にラッキーポイントをお伝えします!
〈火の星座〉のあなたへ
牡羊座(3月21日~4月19日 生まれ)
獅子座(7月23日~8月22日 生まれ)
射手座(11月22日~12月21日 生まれ)
映画やアートなど、言葉やテキスト以外のビジュアルからインプットされるものがありそう。過去にハマっていたものへ、再び触れてみるのもいい感じです。
〈土の星座〉のあなたへ
牡牛座(4月20日~5月20日 生まれ)
乙女座(8月23日~9月22日 生まれ)
山羊座(12月22日~1月19日 生まれ)
双眼鏡を覗くように、ひとつの視点でグッと深掘りすると得られるものが多そう。作品の元ネタになっているものや、作者の生い立ちなどを調べてみて。
〈風の星座〉のあなたへ
双子座(5月21日~6月20日 生まれ)
天秤座(9月23日~10月22日 生まれ
水瓶座(1月20日~2月18日 生まれ)
こういう風に進めたい、と漠然とした思いがあるなら、ぜひ言葉にしてみて。誰かに察してもらいたい、誰かに決めてもらいたい、という状態から脱皮が必要みたいです。
〈水の星座〉のあなたへ
蟹座(6月21日~7月22日生まれ)
蠍座(10月23日~11月21日 生まれ)
魚座(2月19日~3月20日 生まれ)
こういう決まりだから、こうです。と言われるままでなく、どうしたいです。をハッキリ伝えることや交渉するほうがいいみたい。相手はどう言えば動くか、をよく観察してみて。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着