ナオ(Dr&Vo)

ナオ(Dr&Vo)

首振りDolls、ナオ(Dr&Vo)の
ソロインタビューを公開

新型コロナウィルスという怪物は、大きく世界を揺るがせ、人々の考え方すらも大きく変化させた。“当たり前”だった日常や常識や感情が“当たり前”では無くなり、人々の目の前には、見つめ直すべき日常や常識や、新たに向き合い、作り出していかねばならない世界が広がった。

人間が生きる上で必要なこととは何なのか? 人間が生きる上で音楽とは、エンタテインメントとはどうあるべきなのか? 誰もがこの期間に、それぞれの立場で直面する現状に自問自答したに違いない。

そもそも“娯楽”の存在は、人間が生きる上で、空気や医療ほど必須なものではないのかもしれない。そう思うと、こうしてエンタテインメントに関わる仕事をする身としては、とても非力に感じてしまう。新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、3月からライブ活動を中止してきた首振りDollsのナオも、今回の予期せぬ時間の中でいろんなことを考えたのだと言う。

4月に誕生日を迎えたショーン・ホラーショー(Ba)に続き、今回は5月15日に誕生日を迎えたナオ(Dr&Vo)に、自らと音楽の関係性を語ってもらった。

やっぱり俺は“ロックバンドとして
生きて来たんだな”って思った

やっぱり自分はずっと バンドマンでいたいと思う

やっぱり自分はずっと バンドマンでいたいと思う

――新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、ライブ活動が止まってしまった今、ナオの中で何か変化はあった?
「ありましたね。首振りDollsとしては、2月28日の仙台でのライブを最後に3月からのライブは全て自粛しているので。3月20日、21日、22日の3daysで予定していたツアーファイナルの最終日に、無観客で配信ライブをしたんですけど、お客さんを招いての通常のライブというのは、丸々3ヶ月やれていないですからね。生活が一変しちゃった感じ。こんなにもライブをしないなんて、自分の人生の中でなかったから。2月28日のライブのときも、まさかここまでのことになるなんて、想像していなかったですもんね。あの日から全くライブが出来ない生活が始まるなんて、本当に思ってなくて。1ヶ月くらいで収束するだろうと思っていたから」

――3月22日に収録したライブをDVD化する為にしたインタビューの中でも話していたよね(※【03.22.2020『THE ROCKY GLAM DOLL SHOW II』】6月15日予約開始、25日リリース決定!)。
「そう。そのときは、まさかこんな長期戦になると思っていなかったから、1ヶ月ライブをしないってことが、バンドを始めてからの自分の人生においてなかったって話をしてたんだけど、そこから2ヶ月、さらにはこの先、今まで通りにライブが出来ることがいつになるか分からないっていう状況になってきて、本当にいろいろと考えさせられたんですよね。自分と音楽との関わり方を」

ーーこうなった今、ナオにとって音楽の存在とは?
「より必要不可欠なものだってことを痛感したのと同時に、やっぱり俺は“ロックバンドとして生きて来たんだな”って思った。音楽をやっている人達の中にも、楽曲制作を中心にやっている人や、プレイヤーに徹して音楽をやっている人や、いろんな音楽との接し方があると思うんだけど、俺は、自分の人生と音楽は供にあることはもちろん、“ロックバンドとして音楽と接して来たんだな”って、実感したかな。普通にライブが出来てたときって、お客さんが待っててくれるから、とか、お客さんの為にライブしたり音楽やったりしてるんだって思ってたんだけど、今、こうしてライブが出来なくなって、“俺は生かされていたんだな”って思ったんですよね」

――音楽に?
「そう。音楽にもお客さんにも。お客さんって、“またライブしに来て下さい!”とか“また観たいです!”って言ってくれるから、その言葉に応えようと思っていっぱいツアーに行くバンドだったし、そのお客さんの声に答えたくてライブをやっていたっていう感覚だったんだけど、ライブが出来なくなった今、応えていたんじゃなくて、自分がその言葉と、ライブという場所に生かされていたんだなって思うようになったんです。首振りDollsは北九州のバンドだから、ツアーの始まりが九州だったので、東京まで車で走ってくると本当に遠くて、“ふぅ〜。めちゃくちゃ遠いなぁ、、、。疲れたぁ〜”って感じやったけど、ライブが終わる頃には疲れも吹っ飛んで、またすぐにでも東京に来たくなってた。それくらいライブが好きだったんですよね。もちろん、今もだけど、ライブが出来なくなって、よりそう思うんです」

――ナオにとって、音楽は、=ライブってことね。
「そう。本当にそう。音楽=ライブって言ってもいいくらい。それくらいライブが好き。ライブするために生きてた、って感じ。ライブ出来なくなった今も、曲を作ったりして音楽はずっとやり続けていて、音楽に触れない日は1日もないんだけど、なんかやっぱ物足りたいというか。何のために曲を作っているのか? って考えちゃう自分がいるんですよね。俺が音楽作るのは、ライブでみんなと共感し合えるために作ってんだなぁ〜って、今回の時間の中で改めて、自分が曲を作ってる意味を見つめれたっていうか」

――ショーンにも訊いたことなんだけど、ナオはスタジオミュージシャン志向ではない感じ?
「そうね。でも、プレイヤーとしての意識が無いってことではないけどね。俺はボーカリストでもあり、ドラマーでもあるから、プレイヤーとしては、ドラマーとしていろんな音色や技術的なことの知識もだんだん増えて来てると思うし、それなりにこだわりもあるし。知識的なところは後から身に付いていった気がするけど、そこよりも、感覚的なところの方から研ぎ澄まされていってた気がしますね。バンドマンとして。ライブをやり続けたからこそ出来るようになったことというか。体で覚えた感じというかね。だから、もともとプレイヤー気質ではなく、本当に叩き上げのバンドマン気質なんだろうなぁって思いますけどね、俺は」

――間違いなくね。
「そう(笑)。間違いなくバンドマン(笑)」

――最初に手応えを感じる瞬間って、どの作業をしてるときだったりするの?
「いやもぉ、手応えも何も、ライブやんないと手応えなんて感じられないもん!」

――いいフレーズが浮かんだときとか、“よっしゃ! キタ!”ってならないの?
「なんないかなぁ〜。スタジオで3人で音を合わせたときに、“おっ、いいじゃんいいじゃん!”ってのはあるけど、まだそこでは手応えまではいかないというか。作ってる段階で、“おしっ。これキタな!”っていう感覚があった曲とかも、ライブでやってみたら、“あれ? そうでもなかった!?”ってときもあるからね(笑)。逆に、30分くらいで書き上げた曲とかが、アンセムみたいになったりすることもあるし。だから面白いんですよね! 自分の感覚が全てではないというか。そこで生まれる感覚と科学変化ことそが醍醐味というか。“よし。最高のヤツ出来た!”っていうだけの自己満足ではないというかね。だから面白い。自己満足も必要なんだと思うけど、それだけじゃ足りない。ライブやってこそなんですよ、バンドマンって。ライブがなくちゃ生きれない生き物なんです」

――そうだね。自分が見る側で音楽を欲していた時代は、どういうところに魅力を感じていたの? どういうキッカケでその音に惚れたのか。興味を持ったのか。
「ん〜、そうねぇ。流行りの音楽は聴かないっていうタイプではなかったんだけど、圧倒的にオーバーグラウンドではない路線の音楽に魅力を感じるタイプであったのは確かで。好きになるキッカケは匂いかな」

――匂い?
「そう。でも、共通した匂いではないと思うんだけど、匂いが好き。だから、“このアーティストのことは何でも知ってる!”っていうタイプではなく、“このアーティストのこの曲のこと、この曲が入っていたアルバムのことは、誰よりも語れる!”っていう好きになり方なの(笑)。このバンドだから、全部が好きっていう訳ではない。でも、“このアーティストのこの曲のことなら誰にも負けないくらい語れます!”みたいな感じ。なんなら、この1曲しか好きじゃないけど、その1曲があるがためにそのバンドのことめちゃくちゃ好き! とにかく大好き! っていうのもあったりする。とにかく気に入ったアルバムがあったら、そのアルバムを一生聴く! みたいなタイプなのね(笑)」

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着