辻仁成のコンポーズセンスも光る
『Dear Friend』は
日本のロックシーンを築き上げた
ECHOESの傑作

歌詞の表現方法は流石に独特

『Dear Friend』の歌詞について記そう。辻仁成、さすがにのちの小説家。比喩表現が独特である。川村かおりに提供し、のちにセルカバーしたM5「ZOO」は、やはりその代表ではあるとは思う。

《僕達はこの街じゃ夜更かしの好きなフクロウ/本当の気持ち隠しているそうカメレオン/朝寝坊のニワトリ徹夜明けの赤目のウサギ/誰とでもうまくやれるコウモリばかりさ》《白鳥になりたいペンギンなりたくはないナマケモノ/失恋しても片足で踏ん張るフラミンゴ/遠慮しすぎのメガネザルヘビににらまれたアマガエル/ライオンやヒョウに頭下げてばかりいるハイエナ》《見てごらんよく似ているだろう誰かさんと/ほらごらん吠えてばかりいる素直な君を》(M5「ZOO」)。

シニカルでユニークな動物の擬人化も見事ではあるが、それだけではなくて、こちら側が一方的に見ているのではなく、あちら側からも見られているという視点の主客逆転が根底にあるのも大きなポイントであろう。この辺は“のちに映画監督になるだけあるなぁ”と思わせるところでもある。比喩表現の独特さで言えば、M9「駅」もなかなか面白い。凡百の作詞家なら駅での出会いや別れといった、そこでのシチュエーションを描きそうなところ、辻は駅を女性(パートナー)に例えている。(※以下は歌詞カードが入手できなかったため、ヒアリングで書き起こしたものです。実際の歌詞とは異なっている可能性がありますことを予めご了承願います)。

《いつも幸せのひとつ手前の駅で降りてしまうのは何故だろう/いつも2人はさよならの終着駅まで乗ってしまうのは何故だろう/STATION IN MY HEART いくつもの駅を通り過ぎた/STATION IN MY HEART 乗り換えるだけの名もない駅を》《愛に急いで行先の分からない電車に飛び乗ってしまうのは何故だろう/だからいつでも降りたい駅を横目に通過する急行の中にいる僕/STATION IN MY HEART 急行は君の駅を飛ばす/STATION IN MY HEART 各駅停車の小さな駅を》《STATION IN MY HEART 手を振るだけの君が悲しい/STATION IN MY HEART 見送るだけの僕が悲しい》(M9「駅」)。

今見ると、若干態度に問題があるような気もしないでもないが、かといってそれがその独特の表現を貶めるものでもなかろう。

最後に──1985年から1991年にかけて活動したECHOESのスピリッツは後世に影響を与えた…と書いたが、その証拠(?)とも言うべきものをM12「ビーズの指環」に見つけた。この歌詞にこうある。《抱え切れずに/こぼれたものは/君かもしれない》。これを聴いて、GLAYの「BEAUTIFUL DREAMER」を思い出した。《時の速さに流されぬよう 強く握り過ぎて壊したものは/オマエだったかな…》の箇所である。似てると言えば似てるし、似てないと言えば似てないので、“それほど関係はないのだろうな”と半信半疑で調べてみたら、GLAYのリーダーでコンポーザーのTAKUROは中学生の頃、ECHOESのファンで、初めて観たロックバンドのコンサートがECHOESだったというエピソードに辿り着いた。何もGLAYがECHOESをパクったとか、師弟関係にあるとか、そういうことを言いたいわけではない。TAKUROが「ビーズの指環」を意識して「BEAUTIFUL DREAMER」を書いたとは思えないので、無意識下での類似だったと思われるが、冒頭で述べたロックバンドの広がりを考えると、それはそれで素敵な話ではないか。

TEXT:帆苅智之

アルバム『Dear Friend』1989年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.Dear Friend, Gentle hearts
    • 2.Brother
    • 3.Dear Friend
    • 4.デラシネ
    • 5.ZOO
    • 6.片想い
    • 7.アンカーマン
    • 8.年頃
    • 9.駅
    • 10.神が作ったシナリオ
    • 11.コスモス
    • 12.ビーズの指環
『Dear Friend』('89)/ECHOES

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着