逃げない強さを胸に

何かを言いわけにして生きるのは、自分を守る常套手段だ。「こんな年だから」「やっていることがマイナーだから」「見る目ない人が多いから」私たちは傷つくのを避けるために、いくらだってそれっぽい理由を用意できる。危険を感じない環境は最高だが、皮肉にも挑戦できる時間を奪っていく。

小野雄大は、昨年末にサラリーマンを辞めた。週末ミュージシャンを辞めた。そして、言いわけをしながら音楽と向き合うことも辞めた。今の彼には、逃げることを辞めたからこその強さがある。

彼が歌っているのは、普遍的な日常のひとかけらだ。前々前世から君のことを探さないし、会いたくて会いたくて震えることもない。誰かの言葉に傷ついたり、夢のようなときに思いを馳せたり。昔の人も、おそらく未来の人も共感できる言葉で歌詞を紡いでいく。一歩間違えれば、誰にでも歌えるものになってしまう危うさを秘めた音楽を、人生の厚みや彼の人柄で小野雄大だけの音として鳴らしているだ。隠れ蓑から全身をだし、「いい音楽ができたから、たくさんの人に聞かれたい」と公明正大に宣言している今の彼は、シンガーとしてあがり調子以外の何物でもないと思うのだ。

先日配信が開始された『素粒子たち』は、2020年2月中頃にわずか3日間でレコーディングされた今の小野雄大が詰まってる作品。小野の弾き語りをベースに、ジャズやファンク、ブルースと様々な表情を覗かせる楽曲たちは、どんなテンションにも寄り添ってくれそうなほどカラフルだ。時を経ても色あせない名曲揃いの1枚に、ぜひ手をのばしてほしい。

こんなアーティストが好きな人におすす

渋谷すばる・折坂悠太・グッナイ小杉・うたたね

小野雄大 アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着