独自のソウル音楽を追求した
初期ヴァン・モリソンの
傑作『ムーンダンス』

ワーナーでの活動がスタート

68年の晩春、コーヒーハウスやバーでライヴ活動をしている時、ワーナーブラザーズに認められ契約を交わすことになった。この年はアメリカのロック界で大きな動きがあった。ザ・バンドのデビューアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク(以下、ビッグ・ピンク)』のリリースである。

68年と言えば、若者たちは「30歳以上は信じるな!」と言い、一般的にはサイケデリックロックやブルースロックが全盛の時である。ところが、そういった世間の風潮にザ・バンドのメンバーは流されず、アルバムの内ジャケットに家族や親戚の記念写真を載せ、ブルース、カントリー、フォーク、R&B、ブルーグラスなどをもとにプログレッシブとも言えるルーツロックを構築していたのである。このアルバムに大きな影響を受けたエリック・クラプトンやジョージ・ハリソンと同じように、おそらくモリソンも『ビッグ・ピンク』で人生が変わったのではないか。ザ・バンドとは方向性こそ違うものの、ザ・バンドのメンバーがほぼカナダ出身であり、モリソンもよそ者のアイルランド出身であるだけに、黒人音楽ということにとらわれず、自分なりの“ソウル”ミュージックを追求しようとしたのだろう。そして68年9月、モリソンはワーナーに移籍して初のソロアルバム『アストラル・ウィークス』のレコーディングを開始する。

『アストラル・ウィークス』は、アイリッシュ、ジャズ、フォーク、R&B、ブルース、カントリー、サザンソウル、クラシックなど、モリソンを形成している音楽を基盤にしながら、『ビッグ・ピンク』に負けず劣らず革新的なサウンドを紡ぎ出している。このアルバムのバックを務めるのは、ジャズサイドからベースとバンドマスターにリチャード・デイビス、ドラムがMJQのコニー・ケイ、パーカッションとヴィブラフォンのウォーレン・スミス・ジュニアが参加、普段モリソンのバックを務める管楽器のジョン・ペインとギターのジェイ・バーリナーらで、このアルバムをモリソン最高の作品と言う人も少なくないが、それも頷けるほど完成度の高い出来栄えである。

本作『ムーンダンス』について

音楽が高尚すぎたのか、『アストラル・ウィークス』が商業的に苦戦を強いられたこともあって、モリソンは次作の企画段階で少しアプローチを変える。静かな前作とは打って変わって、グルーブ感(ノリ)を何より大切にしようとバックのメンバーも一新、よりソウル的な熱さを盛り込むことになる。メンバーはジョン・プラタニア(Gu)、ジェフ・レイブス(Key)、ジャック・シュローワー(管楽器)ら、ウッドストック(ザ・バンドのメンバー在住)で活動していた若手を中心に、ドラムには優れたスタジオミュージシャンとして知られるゲイリー・マラバー、バックボーカルにソウルシンガーのジュディ・クレイなどが参加している。

収録曲は全部で10曲、ザ・バンドの解散コンサートの模様を描いた映画『ラストワルツ』でも披露された「キャラバン」のほか、「クレイジー・ラブ」「イントゥ・ザ・ミスティック」「ジーズ・ドリームス・オブ・ユー」など、モリソンの代表曲とも言える名曲がずらりと並んでいる。タイトル曲の「ムーンダンス」は前作のテイストを持つジャズっぽい曲であるが、本作ではフォーク、カントリー、ソウルなどの幅広いスタイルを盛り込みながら、全てがモリソン独自のソウルミュージックになっているところがミソである。本作で彼のスタイル(ヴォーカルだけでなくソングライティングでも)は完成の域に達している。本作をリリースした時、モリソンはまだ25歳…。

モリソンはこの後、ウッドストックに移り住み、リスペクトするザ・バンドと親交を深める。ザ・バンドの『カフーツ』(‘71)に収録された「4%パントマイム」ではゲストヴォーカリストとして参加、リチャード・マニュエルとベルファスト・カウボーイは鳥肌ものの掛け合いを聴かせている。

もし、本作が気に入ったら、『ストリート・クワイア(原題:His Band and the Street Choir)』(‘70)、『テュペロ・ハニー』(’71)、『セント・ドミニクの予言』(‘72)や、熱気にあふれたライヴ盤『魂の道のり(原題:It’s Too Late to Stop Now)』(’74)は、どれも『ムーンダンス』に負けないぐらいの名盤揃いなので、ぜひ聴いてみてください。

TEXT:河崎直人

アルバム『Moondance』1970年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. ストーンド・ミー/And It Stoned Me
    • 2. ムーンダンス/Moondance
    • 3. クレイジー・ラヴ/Crazy Love
    • 4. キャラヴァン/aravan
    • 5. イントゥ・ザ・ミスティック/Into the Mystic
    • 6. カム・ランニング/Come Running
    • 7. ジーズ・ドリームス・オブ・ユー/These Dreams of You
    • 8. ブラン・ニュー・デイ/Brand New Day
    • 9. エヴリワン/Everyone
    • 10. 嬉しい便り/ Glad Tidings
『Moondance』(’70)/Van Morrison

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着