弘田三枝子

弘田三枝子
歌手の弘田三枝子(本名:竹永三枝子)が、7月21日(火)に心不全のため亡くなったことが分かった。享年73歳だった。

所属事務所およびレコード会社の発表によると、弘田は7月20日(月)に千葉県内の自宅で倒れ、同県内の病院に搬送されたが、翌21日(火)午後10時31分に息を引き取った。倒れる前日までは、変わりなく元気な様子だったという。

なお、葬儀は現在の世情を踏まえて26日(日)に親族および関係者のみによる密葬が執り行われた。遺族の意向により、ご香典、ご供花などは辞退し、お別れ会の開催などについては検討中とのこと。

弘田三枝子は、小学生の頃から米軍キャンプで歌いはじめ、1961年14歳で「子供ぢゃないの」でデビュー。その後、「ヴァケーション」「すてきな16才」「砂に消えた涙」などのカバー曲のヒットを連発、“パンチのミコちゃん”と称されました。週に10本以上のテレビのレギュラー番組を持つ、国民的な人気者になり、1965年には日本人歌手初の「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」出演で“ポップスクィーン”の名が称された。

1969年にイメージチェンジを計り「人形の家」が大ヒット。ダイエットブームの先駆けとなった『ミコのカロリーブック』は150万部を超すベストセラーを記録した。そのパフォーマンスは多くのミュージシャンに影響を与え、桑田佳祐氏は1983年にサザンオールスターズのアルバム『綺麗』に、弘田をテーマにした「MICO」という作品を収録。アンサーソングとして同年に「オー!ケイスケ」をもじった「O-KAY」をリリースしている。

2020年はレコードデビュー60周年を迎え、記念曲の制作や記念コンサートの開催などを企画していたが、新型コロナウィルス感染拡大で“来年に持ち越しね!”とスタッフと話し合っていたそう。ラストシングルは55周年記念曲として2015年に発売された「悲しい恋をしてきたの/ひいふうみいよう」。ラストアルバムは2019年発売の『ゴールデン☆ベスト』(ともに日本コロムビア)。

最後の肉声は、亡くなる約ひと月前の6月15日(月)にYouTube「日本歌手協会チャンネル」で配信された「コロナに負けるな リレー歌謡祭第46弾」で、電話で“早く皆さんに会いたいです”とコメントを寄せていた。
弘田三枝子
1965年の弘田三枝子
2015年リリース「悲しい恋をしてきたの / ひいふうみいよう」
2019年リリースの「弘田三枝子 ゴールデン☆ベスト」
1969年リリースの「人形の家」
1962年リリースの「ヴァケーション」
1961年リリースの「子供ぢゃないの / 悲しき片想い」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』