斉藤壮馬、木村昴、吉野裕行、浪川大輔、平田広明、速水奨も参加決定

斉藤壮馬、木村昴、吉野裕行、浪川大輔、平田広明、速水奨も参加決定

「トロールズ ミュージック★パワー
」吹き替え版に宮野真守、関智一、松
本梨香らが参戦

斉藤壮馬木村昴吉野裕行浪川大輔平田広明、速水奨も参加決定 米ドリームワークス・アニメーションが手掛けるミュージックアドベンチャー「トロールズ ミュージック★パワー」の日本語吹き替え版の追加キャストが発表され、宮野真守、斉藤壮馬、木村昴、関智一松本梨香、吉野裕行、浪川大輔、平田広明、速水奨が参加していることがわかった。あわせて、「世界を変えちゃうミラクルライブ!」というコピーが添えられた本ポスターもお披露目された。
 歌&ダンス&ハグが大好きで、フェルト生地のような質感とカラフルなふわふわヘアーがキュートなトロールズ。海外ではテレビシリーズや劇場版「トロールズ」(日本未公開)で人気を集めてきた。本作は、ポップ村の元気いっぱいなクイーン・ポピーが、ロック村のクイーン・バーブが全ての音楽を奪おうとしていることを知り、仲間たちと一緒に世界を救う冒険に出かけるさまが描かれる。日本語吹き替え版には、上白石萌音ウエンツ瑛士、仲里依紗、お笑いコンビ「ミキ」の昴生と亜生の参加が既に決定している。
 宮野が演じるのは、キリンのような長い首と四本脚を持つ風変わりなトロール・クーパー。「音楽の力は世界を繋ぐ! 僕自身、音楽にも携わらせていただいている人間として、その想いは常に、強く強く感じています」と話しつつ、「クーパーと言う、とっても愛らしくて素敵な役を、僕なりに魅力的に演じられるよう真っ直ぐ向かいますので、楽しみにしていてください!とアピール。全身シルバーのグリッターで目立ちたがり屋のイケメン、ガイ・ダイヤモンド役の斉藤は「様々なジャンルの楽曲が次々と繰り出されるので、自然と身体がビートを刻みたくなるような内容ですよね! ガイ・ダイヤモンドは音声に特殊な加工がなされているので、収録も刺激的で楽しかったです!」と振り返っている。
本ポスターもお披露目!A UNIVERSAL PICTURE (c)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED. 木村がガイ・ダイヤモンドのキラキラヘアーの中から産まれたタイニー・ダイヤモンド役、関がテクノトロールのトロレックス役、松本がカントリー村のパワフルで貫録のあるデルタ・ドーン役に。「ミュージック★パワーというタイトルの通り、音楽の力と魅力が存分に詰まったとっても素敵なお話です! 中でもタイニー・ダイヤモンドのラップは必見!」(木村)、「可愛いキャラクターが魅力的で引き込まれました。普遍的なテーマが素敵な音楽に彩られ、スッと胸に届きました」(関)、「トロールズの出演が決まりとても嬉しかったです。デルタ・ドーンとの出逢いは必然に感じております(笑)」と語っている。
 そのほか、ファンク村の王子であるプリンス・D役には吉野、ポピーたちをムーディなスムースジャズで誘惑するバウンティハンターのチャズ役に浪川、男気あふれたカントリー・トロールのヒッコリー役に平田、カントリー・トロールのうなりんぼピート役を速水が担当。それぞれが「巡り合わせなんだと思いますが、そのご縁に感謝しかありません。非常に魅力的な作品です」(吉野)、「とにかく、登場キャラクターのクセが強い! そのクセの集まりによってとても力強い作品になっています」(浪川)、「お子様の純粋な目に耐え得る様なファンタジーな世界の住人になり切れるかどうかが肝になると思うので、気合を入れて頑張ります」(平田)、「もう最高に楽しい作品です。トロールズたちの愛くるしさは、やっぱり無敵だと思います」(速水)とコメントを寄せている。
 「トロールズ ミュージック★パワー」は、10月2日から全国公開。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着