Kenmochi Hidefumiらアートワーク手
掛けるクワハラヨシユキ、初個展を開

が自身初の個展を渋谷のWOMBの4Fのスペース・barWで8月10日から31日まで開催する。
などが所属する〈孔雀倶楽部〉所属のクリエイター・クワハラヨシユキ。今回の個展は、<HUMAN POP>と題され、サイケデリックな体内のグラフィックアートが展示される。個展のテーマでもある人体に合わせて、子宮という意味でもあるWOMBでの開催に至った。休業中の空間を使用したWOMB内のbarWやstudioWでのイベント中にも今回の展示は観ることができる。
また、展示期間中8月14日には関連イベントとして、Kenmochi Hidefumi、xiangyu、
などが出演するライブイベントも開催。この日はオンラインでもライブや展示の様子も観ることができるとのことで現地に行けない方は是非こちらでチェックしてみてはどうだろうか。

HUMAN POP CONCEPT

HUMAN POP
普段身体の中身を見ることは無いけれど、私たちの内側には臓器や数えきれない細胞達が休むことなく、複雑な働きをしてくれている。それも無意識に。
そんな彼らの造形はとても美しく、ひとつひとつの顔が存在し、私たちの体内にはPOPで神秘的な空間が広がっている。
クワハラヨシユキ

EVENT INFORMATION YOSHIYUKI KUWAHARA SOLO EXHIBITION HUMAN POP 期間:2020年8月10日〜31日 会場:bar W (住所:〒150-0044 東京都渋谷区円山町2-16 WOMB 4F) 入場料:*日程により変動あり、詳しくは下記URLにて  詳細URL 【関連イベント】 <OPENING PARTY> 8/10 (月・祝) OPEN: 18:00 ENTRANCE (music charge) / ¥1,000 (1D付) Music selecter: Teppei Kitano / age(gato) / Genick / Kazutaka Sawa(phai) <HUMAN POP /special DJs> 8/13(木) OPEN: 19:00 ENTRANCE (music charge) / ¥1,000 (1D付) Music selecter: SunaoSystem/ Teppei Kitano/ 珠 鈴(DJ)/ PellyColo <HUMAN POP /special LIVE> 8/14(金) OPEN: 18:00 ENTRANCE/ ¥2,500 (1D付) ※定員に達した場合、入場制限あり 配信視聴:¥0(FREE) LINEUP: Kenmochi Hidefumi / xiangyu / Qunimune / TAMTAM VJ: 孔雀倶楽部 2F studioW にてLIVEを行います。4F barW と行き来自由になりますので、展示とLIVEあわせてお楽しみください。 特設サイト <HUMAN POP /special DJs> 8/18(火) OPEN: 19:00 ENTRANCE (music charge) / ¥1,000 (1D付) LINEUP: Yohji Igarashi and more! <HUMAN POP / GRAYZONE> 8/25(火) OPEN: 19:00 ENTRANCE (music charge) / ¥1,000 (1D付) LINEUP : GRAYZONE and more

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着