『ハイライフ 八ヶ岳2020』

『ハイライフ 八ヶ岳2020』

日本一標高の高い絶景音楽フェス
『ハイライフ 八ヶ岳』、
コロナ時代対応フェスとして開催決定
&クラムボン、加藤登紀子らが出演

アースガーデンが主催する野外フェス『ハイライフ 八ヶ岳2020』が、9 月12 日(土)・13 日(日)に開催されることを発表した。加藤登紀子クラムボンキセルHONEBONEらの出演が決定している。

4周年目を迎える同イベントは、標高1,600m の絶景の中で最高の音楽を楽しめる野外フェスとして、高いリピート率と人気を誇るイベント。今回の開催にあたり、コロナ時代に対応し安全に楽しめる「with コロナ・フェス」としての工夫を諸処に施し、人数制限、ソーシャルディスタンスの確保、検温やマスク着用の徹底など、安全に配慮した形で開催予定だ。

密とは程遠い広大な会場敷地内では、地域の食やクラフトを堪能できるマーケット・ワークショップも開催され、キャンプをすることも可能。夜は満点の星空を楽しむことができる。

なお、出演アーティストは今後もアップデートされる予定とのことなので、オフィシャルHPをぜひともチェックしてほしい。

『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
開催概要

開催日時 :9月12日(土)、13日(日)<雨天開催>
会場 : サンメドウズ清里(〒407-0311 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1)
開場URL:http://www.sunmeadows.co.jp
出演 :ROVO / clammbon(クラムボン) / 加藤登紀子 / Polaris / キセル / 勝井祐二“八ヶ岳”セッション / MONO NO AWARE / 大宮エリー / おお雨(おおはた雄一坂本美雨) / HONEBONE / ermhoi(BlackBoboi/millennium parade) / Auto&mst / tsukuyomi / ...and more
<チケット>
2日通し入場券 ¥8,800
1日入場券 ¥6,500
※会場内の絶景リフトの料金込み1日駐車場券¥1,500、キャンプサイトセット券 ¥22,600~ 他
主催 :Hi ! LIFE 八ヶ岳 実行委員会、アースガーデン
共催 :サンメドウズ清里、(株)ザイグー、VISUAL AND ECHO JAPAN
企画制作 :(有)en
事務局 :アースガーデン TEL : 03-5468-3288 http://www.earth-garden.jp

■ ハイライフ八ヶ岳 とは?
フェスの会場はスノーリゾート「サンメドウズ清里」。標高1600m の会場は真夏でも涼しく、爽やかに過ごせます。常に八ヶ岳の新鮮な風が吹き、広大な敷地はコロナ時代に懸念される密とは程遠い環境です。八ヶ岳のど真ん中に位置する会場からは、富士山から南アルプス、秩父連峰までを望む360 度の大パノラマを望めます。素晴らしい音楽が、最高の環境の中で広がる贅沢。清里&八ヶ岳の豊かな地域からの心のふれあい、何よりも新鮮できれいな空気を楽しめます。
■ ハイライフ八ヶ岳の取り組む感染予防策、ソーシャルディスタンス&キャンプ
初回から人気の会場のキャンプ泊。今年はさらに拡充する予定です。晴天なら、昼間は360 度のパノラマ絶景、夜は星空を目一杯楽しめます。
■ コロナ禍での「新しいのあり方」の実績とトライアル
主催のアースガーデンはコロナ時代に対応した場づくり「ライブフォレスト」でトライアルを繰り返してきました。すでに実績のある対策の内容は、アースガーデンWEB で繰り返し発信している記事や開催情報でご確認いただけます。

・アースガーデンウェブサイト
http://www.earth-garden.jp
人数制限、ソーシャルディスタンスの確保、検温やマスク着用の徹底など、ご来場いただくお客様のご理解とご協力で完成する「with コロナ・フェス」のノウハウは、ハイライフ八ヶ岳に向け、さらに拡大充実させていきます。さらに安全に、安心して参加できるフェスを目指します。
・ハイライフ八ヶ岳のコロナ対策はこちら
https://hi-life.jp/covid-19/
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』出演アーティスト一部
コロナ時代のフェスのお作法
ディスタンシング
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』
『 ハイライフ 八ヶ岳2020 』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着