TOTALFAT『RUSH BALL 2020』ライブレ
ポート ーー最前線で戦う音楽戦士が
見せた新時代のパフォーマンス

『RUSH BALL 2020』TOTALFAT
Jose(Vo.Gt)の「俺たちの今年最初で最後の夏フェスです!」のコールから、全員が『RUSH BALL 2020』の貴重さを噛みしめてライブは「夏のトカゲ」で幕開け。和のテイストもあるお祭りモード全開のサマーチューンにオーディエンスも楽しそうに踊り、頭上ではグルグルとタオルの花が満開になる。その様子にShun(Vo.Ba)も「ここから見る景色、最高。やっと俺たちに夏が来たぜ!」のひと言。
TOTALFAT
そしてピーカンの今日にぴったりの「晴天」と最新アルバムからの「My Game」を続け、Shunが耳に手をかざしてミュートのなかに心で発するコールをキャッチしてみせたり、痛快に歌声をこだまさせたりして、歓声は聞こえずとも誰もが気分上々に。
TOTALFAT
しかし、もっともっと!の貪欲さで「声を出してはいけない……上等だよ。それでもこの曲をやらないと俺たちの夏は終わんないんだぜ!」(Jose)と鳴らす「PARTY PARTY」には沸点越えの高揚感。手を振ってダンスにクラップにとすべての人がフェスを謳歌し、これにはBunta(Dr)も思わず「楽しっすね~」とポツリ。
TOTALFAT
そんなフェスの魔法をかけた張本人たちは「(『RUSH BALL 2020』は)フェス対コロナの第一ラウンドなんですよ。だからこそみんなで一緒に成功させましょう。そしてまた来年ここで会いましょう!」と頼もしい呼びかけ。
TOTALFAT
また続けて「俺たちは音楽という最高の武器を持ってます。君は一人じゃない。いくで大阪!」(Shun)とくれば、次は「Place to Try」。疾走感十分でJoseの速弾きも冴え渡り、ますます気分は上昇の一方だ。だが、もうひと声!とでも言うように「一人サークルピット、俺たちに見せてくれ!」(Jose)、「これが新時代だ!」(Shun)と、スピードを緩めることなく「DA NA NA」を最終投下! Shunのラップや耳なじみいいメロディが観客一人ひとりをターンさせ、触れ合うことがないままでもフェスの醍醐味を味わえることをまた一つ証明してみせてくれた。

TOTALFAT
取材・文=服田昌子 撮影=田浦ボン

『RUSH BALL 2020』オフィシャルレポート一覧はこちら

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着