Dragon Ash『RUSH BALL 2020』ライブ
レポート ーー「音楽が大好きでいて
ください」、アップデートし続けるバ
ンドの願い

『RUSH BALL 2020』Dragon Ash
「窮屈な思いをさせたくない。誰もこんなフェスを望んではいないけど、ロックフェスがない世界の方が嫌だから。入場ゲートをくぐったときよりも出ていくときに良い顔ができるよう、誠心誠意やらせてもらいます。音楽は殺せない、オレたちの気持ちは殺せない」と、「A Hundred Emotions」から始まったDragon Ashのライブ。
Dragon Ash
先日、ダンサーのATUSHI、DRI-Vの脱退が発表されたことから、この日のステージは5人体制で挑むことに。いつもならダンサー2人のアグレッシブな動きが観客のテンションを扇動するも、バンドのみで表現されるDragon Ashのライブはやはり新鮮に感じる。バンド編成が変わってもバンドは動き続ける、音楽は鳴り続ける、そんな決意にも似たリリックがぐっと心をつかみ、HIROKI(Gt)のストイックで華やかなギター、桜井誠(Dr)の軽やかで的確に芯を打つビート、サポートのT$UYO$HI(Ba)の重厚感あるリズムが観客を大いに揺さぶっていく。
Dragon Ash
MCでは楽屋にTOSHI-LOWや細美武士の「筋肉三兄弟」に加え、JESSEら仲間が顔を揃えたことが嬉しいと語るKj。「みんなと同じように音楽にすがって、頼って、足掛かりに人生を送っています。この先世界がどうなろうと、願わくばこのまま音楽が大好きでいてください」と、音楽へ、ライブへの想いを語り「ダイアログ」へ。野外イベントの開催はもとより、ライブの必要性や音楽の存在、何が正解で間違いなのかわからない昨今、ひとつひとつ重ねていくことが大切なのだと実感し、Dragon Ashが歩んでいくその道筋を目撃できたことがなんとも嬉しく感じる。
Dragon Ash
ライブ後半、「百合の咲く場所で」。BOTS(dj)の繊細なプレイやKjのドラマチックなラップ、感情を大きく揺さぶるナンバーだがこの日はまたいつもとは違う表情を見せる。ステージに立ち尽くし、フィールドを眺めるKjは「音楽は鳴り止まないから」と自らに言い聞かせるように言葉を告げる。そして「いつかライブハウスで会おう」と、約束を交わし、最終曲「Viva la revolution」へ。今のバンドを象徴し、今日のイベントにぴったりハマる最高の選曲に会場からは大きな拍手が送られた。ステージの去り際、手を掲げ深く礼をした5人。これからもアップデートし続けるバンドの今後を目撃し続けたい。
Dragon Ash
取材・文=黒田奈保子 撮影=田浦ボン
『RUSH BALL 2020』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着