きのこ帝国・西村"コン"を中心に新た
に結成された3人組バンド・addは光
に溢れていた その光源を探る直撃イ
ンタビュー

2019年、きのこ帝国のドラム・西村“コン”を中心にタグチハナ(Vo&G)、バンビ(可愛い連中、ex.アカシック)で結成されたadd(アド)は、タグチが言うように「自由でのびやかな場所が私にとっても皆にとっても、より刺激的でときめきのある明日へのホウプになれるような」場所である。まとまりそうにないほどの強烈な個性の3人が、不思議だがまとまって、極上のアンサンブルを聴かせてくれる。1stEP『Not Enough』は、感じた事がない肌触りの、心がざわざわしてくる音楽が7曲、光を放っている。3人にインタビューし、その光源を探った。
――addというバンドを始めるにあたって、西村さんの中で最初に方向性とかバンドカラーのキーワードのようなものはあったのでしょうか?
西村:そもそも歌ものが好きで、このプロジェクトをやる時はそこが重要な意味を持ってくるなって思って。メンバーそれぞれが、メインの活動の中で消化しきれていないじゃないですけど、こんなこともできるということを、実験的に色々楽しんでやれるような場所を作りたかったんです。なので縛りがそんなにないというか、こういうのやりたいって誰かが言ったことを、いやそれはどうかな、とかいうことがない、縛りがなるべく少ない感じが逆にコンセプトじゃないけど、まずそれを大切にして動き出してみようと思いました。
バンビ:(西村)コンちゃんとは、前のバンドの時からの知り合いで、誘われた時もあんまりピンと来なくて(笑)。でも、ちょうど自分もバンド以外でベースを弾く場所があったらいいなって思っていたので、コンちゃんのドラムで弾くのも面白そうだなって思って合流しました。
――西村さんはやっぱりタグチさんの声が以前から気になっていた感じですか?
西村:とにかく声が素敵なので、声をかけさせてもらいました。
――タグチさんはシンガー・ソングライターとして弾き語りを中心に活動をしていましたが、この強烈なグルーヴを作り出す二人といざ一緒にやってみて、最初はどんな感じでした?
タグチ:今までライブでバンドセットの時は、サポートメンバーに入ってもらっていたので、自分の曲に寄り添ってもらいつつという感じだっと思いますが、いわゆる“バンド”としてやったことがなかったので、3人が全力で同じ方向に向かってやった時に、どういう音が鳴るのか見えなくて、最初は正直どうしたらいいんだろうと思いました。大分インパクトのある2人なので(笑)、ライブで観ていてもそうですけど音源を聴いても、私が何を引っ張ればいいのか、どこが私が頑張らなければいけないところで、二人に委ねていい部分はどこなのか、みたいな感覚が最初は全然わからなかったので、悩むほどではなかったんですけど、どうしたらいいんだ?みたいな感じでした(笑)。
add
――実際に3人でセッションやってみての、想像していた感じと比べてみて……
西村:面白い広がり方をしたなって思いました。アカシックで見ていたバンビくんのベースプレイが好きだなっていう感覚とはまた違った、一緒にやるとこういう面もあるんだ、みたいな発見がありました。
――この『Not Enough』もそれぞれのプレイが存分に楽しめる作りになっていて、そこも聴きどころですよね。タグチさんは曲作りにあたっては、今までやってきたことと全く違う新しいものに挑戦しようという思いが強かったですか?
タグチ:曲を作り始めた頃は結構それが強くて、せっかく新しいバンドだから新しい自分というものも出せるのでは?と思って曲作りをしてはいたのですが、やっぱり答えが決まっていないことなのでわからないし。新しい自分がいいのかとか、こっちに進んでみてもいいのかということも全然わからない中で作ってはいたので、それはそれですごく楽しめました。それを経て、今年の頭に曲をたくさん作る機会があったので、2人に相談すると、2人が「自信持てばいいんじゃない」みたいなことを言ってくれて。私は自信がなくてすぐ迷っちゃうので、それに対して2人は私のこともバンドのことも、結構あっけらかんと「イケるっしょ、やれるっしょ」みたいな感じで(笑)。それを聞いたら気が楽になって、私でいいっしょ、みたいな気持ちになれて(笑)、無理しなくていいかなって楽になりました。だからこのEPに入ってる曲たちは、肩の力を抜いてすごく楽に作れた気はしていて。
――ではそんな1stEP『Not Enough』から、難しいとは思いますが、それぞれの推し曲を選んでいただけますでしょうか。
西村:「名のない日」です。デモが弾き語りで、その時点で素晴らしい曲だなって思って、リード曲ではないですけど、リード曲くらい立てたいってなりました。今回は前作の『Telescoping』(2019年)より、それぞれの音楽的なアイデンティティが立ったものを作りたいねっていう話になって、この曲はとにかく歌が強烈で、そこに負けないくらいバンドの音もカッコいいじゃん、っていうものを作ろうと思わせてくれるくらいのインパクトがあって。自分達のアレンジやメンバーのプレイ的にも納得できるものになって、僕は基本、あまり納得しない人間なんですけど(笑)、いい感じにできたって思えたのが、自分の中ですごく大きいです。
add / 西村"コン"
――アレンジのクレジットにはaddとSUNNYさんの名前が入っていますが、どんな役割分担だったのでしょうか。
西村:SUNNYさんは「バンドだからバンドがやりたいことを」って言っていただいて。なのでアレンジの基盤はこちらで作って、そこに入れる上物を相談させてもらうというのが基本になっています。SUNNYさんのことはすごく尊敬しているので、その経験の中で培ってきたものを僕らも吸収したいので、一緒にプリプロ段階からスタジオに入らせてもらっています。
タグチ:私は「もっともっとみたいな気持ちになってよ」です。
――イントロがピアノで始まって、一瞬音が無音になって歌が始まりますが、あの無音の“間”が絶妙というか。あの絶妙な秒数で、歌い出しのひと言目が、すごく心に響いてきますよね。
タグチ:あそこは最後の最後に付けた部分で、SUNNYさんがアイディアをくださって、今そう言っていただけてすごく嬉しいです。このEPのリード曲で、EPを作ろうってなってそのための準備としてプリプロに入りましょうという時期に、まだ途中までしかできていない状態でしたが、すごくいいものになりそうだったので、ギリギリ駆け込みで持っていきました。
バンビ:この時ハナは胃腸炎になってて、胃腸炎の最中に送られてきたんですよ(笑)。
タグチ:食当たりです(笑)。リハの最終日にやっと復活できて、でも一瞬でここまで形になるということはいい曲なんだなって思いました。楽しいことがしたくて、歌はすごく自由に歌わせてもらっている曲なので、強弱もすごくあるし、テンションも曲の中でどんどん変わっていくので、聴いていて面白い曲にしたくて。コンちゃんとバンビちゃんのドラムとベースはかなりクセがあるというか、特徴的な2人だし、前に出ることができる2人なので、面白いこともいっぱいできそうだなって思っていて、まさに色々チャレンジできて楽しかった曲です。そもそも私が、めちゃくちゃ女やで、みたいなものがやりたい気持ちが爆発してる曲でもあるので、曲になってスッキリしました(笑)。
add / タグチハナ
――ボーカルが胸を掻き毟られるような感じで、聴いた人の心に爪痕を残していく歌です。
タグチ:インパクトもあるし、歌詞の一文一文で色々な角度から、色々なちょっとひねくれた恋心を持った人たちが、どこかのワードでウッてなってくれるんじゃないかなと信じて書いているし、自分自身が、例えば来年この曲をやった時には違うところでウッてなるかもしれないし、というのを目指していました。
――ひと筋縄ではいかない女性と、素直な女性とが入り混じってるEPですよね。
タグチ:本当にそうだと思います。
――どの曲も楽しい部分よりも、切なさの方が残っている感じがします。
タグチ:基本的にどんなに幸せでも切ないので、それが出ちゃっていると思います。
――バンビさんはどうしましょう?
バンビ:僕は「kaerimichi」です。結成当初からあった曲で、その間にちょこちょこアレンジが変わって、バージョンが更新されていて。それで今回のEP用に曲をいっぱい作っている中で、いざどれを入れようかと曲を選んでいる中で、この曲も候補にあがって。いつもライブでやってるけど音源になってないよね、みたいな立ち位置もいいなって思いました。それでSUNNYさんにも入ってもらって、EPに向けて新しいアレンジを考えてるうちに、ラストのサビのところで出てくる裏メロみたいなのがついたり、コンちゃんのドラムのフレーズが変わったり、addと共に変わってきてる曲かなって思いました。バンド名のaddって、色々意味があるんですけど、プラスするみたいな意味にも沿ってるかなって思って、歴史が深い曲という意味で、この曲はいいなと思いました。
add / バンビ
――ボーカルが唯一無二というか他にない肌触りで、楽器隊がまたすごくオリジナリティがあって、その3つの強烈な個性が重なった時に、抜群のアンサンブルとして伝わってくる作り方がすごいと思います。
タグチ:当たり前かもしれないけど、一曲一曲に対してその個性、良さを引き出すためには、どこにスポットを当てて引き出せばいいかを、2人が死ぬほど考えてくれていると思います。でも好みもあるし、それこそ正解がないじゃないですか。それをどんどんよくしていくための細かい作業をしてくれるし、しかもそれをバンちゃんもコンちゃんもそうですけど、2人の掛け合いというか、立ち位置みたいなのをいつもすごく意識しながら演奏して作ってくれているので、自由でありながら、鮮明でありながらも、すごく考えられたものなんです。正直私は細かいところはわからなくて、でも歌っている中で、そこにそのフレーズきてくれてありがとうございます、みたいなことがめちゃめちゃ多いんです。だからやっぱり私が書く曲や歌のことをよく知ってくれているというか、わかってくれて、それを立ててくれてることが、感覚の問題とかでは絶対ないと思うし、徹底的に考えられて作られています。
――9月19日に配信ライブ『MORE』が控えています。
西村:お客さんを入れないライブ、僕らもどうなるかなって感じです。
タグチ:インスタライブみたいなのは2回くらいやって、1回目の時はコメントとかも読みながら次の曲やろうか、みたいな感じで3人で座ってやる感じだったので、その時は3人でやってる感があって、顔もちゃんと見やすかったし、焚き火囲んでる気分じゃないけど、ただ楽しくて歌ってるみたいな気分でした(笑)。2回目はライブが延期になってしまったことによって、ライブハウスから配信ライブをやって、その時はステージから客席の方を向いてやりましたけど、正直どこに向かって歌えばいいのか、若干混乱しました。
バンビ:配信ライブだからお客さんはいないのに、不思議とリハやって今からスタートですって始まると、ライブ感になるというか。ライブをしている時の緊張感もあるし、そういう意識に変わったのが面白いなって思って。
――addは縛りがないのがコンセプトと教えてくれましたが、このEPを作って、その気持ちはより強いものになりましたか?
西村:そうですね、今はそういう方向に向いています。でもわからないですけどね、もしかしたらこれしかやりたくないってなるかもしれないですけど、今は色々なことやっちゃおうよっていうテンションです。
バンビ:漠然とですけど、目標としてはみんなが知ってるような、お茶の間にも届くようなバンドになりたいなっていうのがあって。想像しているのが、今こういう状況だからできないですけど、大自然の中でやってるようなフェスに合いそうなバンドだなっていうのは結成した時から思っていて、そういうライヴを早くやりたいです。
タグチ:ひとつのバンドが、一個の系統というか、音楽性みたいなものを確立するというのが多いじゃないですか。それももちろんすごく好きなんですけど、addだったらそれを決めなくていいかなと思っていて、addはこういう曲をやる人たち、ということではなくて、こういう曲だけどaddがやってるっていうのを、どんどん増やしていきたいです。私たちのパーソナルカラー的なものはあると思うし、それがバンドのカラーでもあるかもしれないですけど、楽曲に関してはそれを固定しなくてもいいのかなって。例えばシーズンによって変わってもいいと思うし、その時の私の流行りとかもあるかもしれないし、そういうことをリアルタイムで作れていけたらいいなと思います。めちゃくちゃ落ち込んでる時はめちゃくちゃ落ち込んでるフルアルバムとかを出せるくらいになりたいし、例えば何かのドラマにハマっていた時に作る音楽が、それまでと全然変わっていてもいいと思うし、作って演奏するのが私たちであれば大丈夫っていうところまでに、ゆくゆくはなりたいです。
add
取材・文=田中久勝 Photo by菊池貴裕

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着