10月7日放送決定「キミ戦」に和氣あ
ず未、久川綾が出演 主題歌音源初披
露の新PV&キービジュアル公開

(c)2020 細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦製作委員会 細音啓氏のファンタジー小説(KADOKAWA刊)をテレビアニメ化する「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」に、和氣あず未久川綾の出演が決定した。あわせて、オープニング主題歌音源初披露となるプロモーションビデオ第3弾とキービジュアルが公開。放送開始日も10月7日に決まった。
 同作は、機械文明が高度に発達した「帝国」と、超常の力を駆使する「ネビュリス皇庁」が争う世界を舞台に、帝国の最高戦力である“使徒聖”に選ばれた剣士イスカ(CV:小林裕介)と、“氷禍の魔女”と恐れられる皇庁の第2王女アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)が宿敵として戦場で出会い、ひかれ合っていく姿を描く。
 和氣はネビュリス皇庁の第3王女で、過去に起きた事象を映像と音声で再現する“灯の星霊使い”のシスベル・ルゥ・ネビュリス9世役を担当。久川は、帝国に恨みを抱くネビュリス皇庁の女王で、イリーティア、アリスリーゼ、シスベルという3人の娘の母親でもあるミラベア・ルゥ・ネビュリス8世を演じる。
 PV第3弾では、石原夏織が歌うオープニング主題歌「Against.」に乗せて、イスカとアリスリーゼが戦場で出会い、やがて共通の敵に立ち向かっていく様子が描かれており、新キャラクターであるシスベルとミラベアも登場。キービジュアルには、イスカを筆頭とした帝国のN-07部隊メンバーと、アリスリーゼらネビュリス皇庁のルゥ家にまつわる人々が対照的に描かれている。
 初回放送は、AT-Xの10月7日午後11時30分からが最速。同日深夜1時35分からTOKYO MX、深夜2時14分からABCテレビ、8日深夜2時35分からテレビ愛知、9日深夜1時からBS11でもスタートする。dアニメストアでは、10月7日深夜12時から地上波放送に先行して単独最速配信が行われる。

新着