back number、妻夫木聡の主演ドラマ
『危険なビーナス』主題歌に新曲「エ
メラルド」を書き下ろし

back numberが10月スタートのドラマ『危険なビーナス』(TBS系)の主題歌を担当することが決定。新曲「エメラルド」を書き下ろしたことがわかった。
『危険なビーナス』は東野圭吾氏の同名ミステリー小説が原作。妻夫木聡が16年ぶりにTBS日曜劇場の主演を務めるドラマだ。主題歌決定の情報は、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)9月13日の放送終了後に『危険なビーナス』の予告スポット内で発表。新曲「エメラルド」はback numberにとって、2019年2月のTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』に提供した「HAPPY BIRTHDAY」以来のドラマ主題歌となる。また、新曲にあわせたback numberの新アーティストビジュアルも公開されている。

主題歌によせた、清水依与吏(back number)、『危険なビーナス』の橋本芙美プロデューサーからのコメントは以下のとおり。
清水依与吏(back number)
とにかく原作が面白いですし、作品の中の世界や登場人物の持つ空気が好きなので、映像化されるにあたりその一角を担える事がとても嬉しいです。
この曲の構想自体は2年前からあって。
でも1番重要なパーツが不足していたり、タイミングとしてもしっくり来なくて。
ミステリー作品としてのスリリングさとコミカルさを高いレベルで併せ持つ『危険なビーナス』を待っていたんだと思います。
橋本芙美(ドラマ『危険なビーナス』プロデューサー)
back numberさんから届いた曲を聴いた時、とっても興奮しました!
まずイントロ、初っ端からテンションを気持ちよくガンガン上げてくれて鼓動が激しくなります。そして全体を通して、カッコよさの裏に切なさと哀愁が漂い、どんどんその世界に引きずりこまれます。
主人公・伯朗が、決して愛してはいけない弟の妻・楓に惹かれていってしまうどうしようもないラブの要素と、壮大な謎解きに巻き込まれていくミステリーの怪しい要素、それらを全て包括し、このドラマを盛り上げてくれること間違いなしと思いました。
「危険なビーナス」をドラマ化させていただくにあたり、この様々な要素の詰まったラブサスペンスに相応しい主題歌はどんな曲がいいか、はじめは非常に悩んでいましたが、想像以上の最高にカッコよくて切なくて心酔できる曲に出会えてとっても幸せです。
きっとたくさんの方がこの曲にハマるんじゃないかと思います。
ぜひ、オンエアをお楽しみに!
back numberは、9月にファンクラブ限定配信ライブ『back number live film 2020 “MAHOGANY"』、10月に配信ライブ『back number live film 2020 “ASH"』の開催を控えている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着