Tsubasa Shimadapresents『Wet Crate』

Tsubasa Shimadapresents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada
presents『Wet Crate』
- 第52回 石黒ケイ -

島田翼が長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

石黒ケイ / Yokohama Ragtime

こんにちは。島田翼です。
急に肌寒くなって、あの夏は何処へいったのでしょう。この時期はお気に入りのテーラードジャケットが着れるのでとても好きですが、この気候があと200日続いてほしいというのが正直なところです。

最近はいろんな素敵な方を紹介していただく機会が多く、とても充実した日々です。たとえばファッションブランドのデザイナーの方や、実業家、アーティスト、DJ、モデル等々。中には何屋さんか分からないほどいろんなお仕事をされてる方もいます。

僕が普段気に入って着ている洋服のデザイナーさんに会えた時は興奮して質問責めをしてしまいましたね。そんな毎日のなかで、日々変わりゆく世の中にも目を向けつつ、僕も10年先の未来のことなんかを考えて、勉強したりしています。

そんななかでも僕が特にお会いできて嬉しかった人が、永井博さんです。
永井博さんと聞いてピンとくるあなたはこの連載や僕自身のマニアックなフォロワーですね。笑

永井博さんは1970年代から活躍されている重鎮イラストレーターの方なのですが、トロピカルさのなかに都会的なイメージも湧くような、そんな特徴のある作品を描いていらっしゃる方です。昔は雑誌CanCamにも作品を提供していたそうですよ。

気になった方は調べてみてください。見たことあるかもしれません。
スペシャルなレコードジャケットをデザインしているアーティストにお会いして、名刺をいただき世間話をした時はここ最近で一番興奮した瞬間かもしれません。

そして永井さんワークスのレコードにサインを書いていただきまして……。あぁ……。

とても気さくな方で早くまた会いたい!と思ってしまいます。
今回紹介した石黒ケイさんのレコードもまた至高ですので、是非チェックしてみてください。
あの風景は今でも横浜にあるんですよ。

Tsubasa
Tsubasa Shimada プロフィール

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着