紅ゆずる主演でトニー賞3部門獲得の
ミュージカル・コメディ『エニシング
・ゴーズ』が上演決定

2021年8月1日(日)~29日(日)明治座にて、ブロードウェイ・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』が上演されることが決定した。
楽しく陽気なストーリーをジャズのメロディーとダンスで魅せるミュージカル・コメディの傑作『エニシング・ゴーズ』は、数々のミュージカルや映画作品で名曲を残した巨匠コール・ポーター最大のヒット作と呼ばれている作品。1934年にブロードウェイで初演された後、1988年に第42回トニー賞で3部門を獲得。更に2011年、第65回トニー賞において再び3冠に輝くという快挙を成し遂げるなど、初演から80年以上経つ今も世界各国で上演され、多くの観客を魅了している。
日本では、1989年に大地真央主演で初演され、以降、再演を重ねてきたが、今回は8年ぶりの登場でキャストを一新。ニューヨークで一番のナイトクラブの大スター「リノ・スウィーニー」役に、宝塚歌劇団で星組トップスターを務め、2019年の退団後も女優として幅広く活躍をする紅ゆずるが挑む。また、演出には宝塚歌劇団気鋭の演出家、原田諒を迎え、新バージョンで届ける。明治座初の東宝製作による華やかなブロードウェイ・ミュージカル。続報を待とう。
紅ゆずる(c)浅井佳代子
STORY
ナイトクラブのスター歌手・リノはウォール街で働くビリーに夢中だが、彼は社交界の華・ホープに惚れている。上司である実業家・ホイットニーが豪華客船でロンドンへ出航するため港にやってきたビリーは、ホープが婚約中の英国紳士のオークリー卿と船で式を挙げることを知る。阻止しようと乗り込むビリー、そしてリノもショーガールを連れて同じ船に乗り込んでいた。ホープの母・ハーコート夫人も交えて、それぞれの思惑を抱えた人々が集結し波乱の予感・・・。しかもそこに、指名手配中のギャング・ムーンフェイスが神父に変装してギャング仲間の情婦・アーマと共に潜り込んできた!
一筋縄ではいかない、何でもあり(エニシング・ゴーズ)な豪華客船の旅が今始まる!!

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着