ロックンロールが香る、Gimgigamのサ
ウンドメイク

敬愛する先人のエッセンスを

トラックメーカーだけにとどまらず、ギタリストやコンポーザーとしても活躍するGimgigam。エレクトロニカを基軸としたポップミュージックが印象的な彼だが、そもそものルーツは60・70年代のロックンロールだ。

ジミー・ペイジをきっかけにギターを始め、カルロス・サンタナスティーヴ・ハウを好み、The Beatlesを敬愛する。その面影が一番表れているのは、サウンドメイクではないだろうか。
カラッとしていてアナログを大切にした音色は、ノスタルジーでありながら新しさも感じさせる。先人たちの作品を柔軟に吸収しながら、未来を見据えているGimgigamならではの音世界だと思うのだ。

先日配信が開始された「Your Dream」は、歯切れのよいギターのカッティングが心地よいオルタナティブなナンバー。uamiの柔らかでポップな歌声が、作品をより一層キャッチーに聴かせる。夏は終わってしまったが、晴れやかな空の日には聴きたくなる1曲だ。

Gimgigam アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着