MINAMISが今だからこそ見せたいもの
とは?絆が紡ぐライブ、ライブハウス
という主戦場で盟友と今何を思う【対
談企画第一弾×BREIMEN】

このコロナ禍において、最も影響を受けたと言っても過言ではないライブハウス業界。しかしそのライブハウスにて育ち、戦い、音楽を届けてきたバンド達がいる。配信に目が向けられ、ネット発信の音楽やアーティストも増える中、やはり昔から今に至るまで、リアルで最高の音を奏でてきたライブハウス出身のバンド達もまた確実息づき、エンタメを届け続けている。SPICEはそんな音を絶対絶やしたくないし、全国のライブハウスも同じ気持ちでエンタメの灯をともし続けている。そしてそんなシーンにおいて、今だからこそ集いイベントを行うMINAMISとその対バンアーティストに焦点を当て、彼らが紡ぐ熱と絆に迫った。
MINAMIS×BREIMEN
――最初に出会ったのはいつですか。
はむざ:4人の中で一番最初に出会っているのは、俺と篠原ですね。大学のサークルの新入生歓迎で、toeの柏倉みたいなドラムを叩いてたのが篠原です。
篠原:もともとELLEGARDENが好きで、the HIATUSのコピーをやったりもしていたから、柏倉さんがカッコイイと思って、一時期toeばかり聴いていました。
高木:チームMINAMISは早稲田で出会って、俺とはむざはその後調布GINZのセッションですね。俺が外のセッションで知り合った坂本遥(エドガー・サリヴァン)を通じて、はむざとか、篠原とかとも知り合って。佐々木萌(エドガー・サリヴァン)が一人のシンガーソングライター時代に、サポートバンドのメンバーが、篠原、はむざ、遥だったんです。
篠原:一番最初はそうですね。
高木:ある日はむざがフリスビーで手を骨折して、ベースが弾けなくなるという珍事件がありまして、その時に俺が代わりに佐々木萌バンドに呼ばれて、そのまま定着したという。俺とカツシロはどこかのタイミングでセッションで知り合いました。
篠原:そう。佐々木萌と会って、そこにみんな集まってきました。
MINAMIS / 篠原佑太、はむざ
――フリスビー事件からバンドでの関わりが始まった。
高木:そうですね。佐々木萌バンドからエドガー・サリヴァンが始まったんです。最初は篠原がドラムで、俺がベースでした。当時から篠原はMINAMISもやっていて、俺もBREIMENをカツシロとやっていました。篠原がエドサリを辞めて、その2年後ぐらいに俺もエドサリを辞めたので、当時佐々木萌バンドだった人たちは、今はエドガー・サリヴァン、MINAMIS、BREIMENに分かれていますね。
篠原:そうなんですよね。今考えると面白いです。
高木:あとは早稲田に「ナレオ(THE NALEIO)」っていうサークルがあって、BREIMENの鍵盤の池田勇太、サックスのジョージ林、遥、篠原、はむざが所属していました。
篠原:高坂(MINAMIS)も「ナレオ」です。
――BREIMENの最初の対バンはMINAMISだったと聞きました。
高木:前の体制の一番最初ですね。BREIMENの前の体制は別のボーカルがいて、6人組コミックポップバンドみたいな感じだったんです。そのときの対バンにMINAMISがいました。ちょうどその時、BREIMENもMINAMISも組みたてだったから、友達とやるしかなかったんですよね。
篠原:そうだね。
高木:新体制になってからは一緒にやって無いんですけどね。
BREIMEN / 高木祥太
――そんな中、MINAMISが今回『CHABASHIRA FIGHT CLUB』にBREIMENを誘うことになった経緯は?
篠原:本当は前の体制のときから、やりたかったんですよ。
はむざ:そうなんです。本当は。
篠原:でも当時は、今やっても内輪ノリの感じが出てしまうのではないか?と思い、できなかったんです。だけど、MINAMISを何年もやってきて、お客さんが来てくれるようになって、BREIMENもいい感じに仕上がってきていたし、今はこういう状況の中ですけど、逆に、皆が何かワクワクすることをしたいなと思っていたこともあり、このタイミングでBREIMENとできたら、そうなるんじゃないかと思って誘いました。
高木:そんなに考えていたんだ。
篠原:うん(笑)。同世代でありながら、ミュージシャンとしてすごく尊敬していて、「下手なライブはできないぞ」という気持ちがあるので、自信を持って臨むためにも、日々練習に気合いが入ってますしね。
はむざ:逆にオファーを受けて、どう感じた?
高木:「いいよ」って。誘ってくれたらやるよ、って感じだよね。今このタイミングでライブをするってことって良くも悪くも意味が求められている。それはそれでどうなんだろうと思うけれど、今回に関しては「今だな」という感じです。
はむざ:僕も、今やればしかるべき爆発が起きそうだと思いましたね。祥太と一緒に住んでいるから(編注:BREIMEN高木とMINAMISはむざは同居している仲でもある)、いつだって一緒にやれたら嬉しいと思っていたんですけどね。
MINAMIS / はむざ
――ミュージシャンとして尊敬しているという話が出ましたが、それぞれバンドの他にサポートミュージシャンとしても活動していて、お互いをプレーヤーとしてはどう見ていますか。
高木:俺の思ういいプレーヤーの条件は代わりがきかないことなんですけど、篠原は完全にそうだと思います。だからともおちゃん(TOMOO)のアレンジにも何回か呼んでいるんです。歌ものドラマーなんですよね。歌を大事にしているドラマーランキングでは一番だから。
篠原:嬉しい。歌は好きですね。
高木:はむざも、完全に歌ものベースだよね。俺もベーシストとして、できることは色々あるけど、本当にリスペクトの意味を込めて、はむざには絶対なれないなって思う。この間、家ではむざがデモを弾いている曲を、試しに弾いたら、俺が弾くのとはむざが弾くのとで全然違って。
はむざ:すごい刺激的でしたね。
篠原:一番最近のやつ?祥太っぽいフレーズあるなと思った。
はむざ:拝借してる!何か別のものを持っていきたいなと思っていたんです。俺、料理が好きなんですけど、自分の中から出てくるものって限界があるので、調べるのにレシピ本を使う。その発想を転用しました。
高木:実際、昔のプレーヤーを真似したりとか、コピーしたりとかも、そういうものだよね。たまたまそれが、この距離なだけで。
はむざ:祥太は、僕にとってコンプレックスです。祥太ができることは俺がやりたかったことなので。一緒に住むようになって、「祥太弾いてよ」と言えるようになったのは、俺の中ではかなりの変化ですね。この間、祥太はできないことに対してどうやって立ち向かっていくかを、一緒にプレイしたゲームを通じて知りました。それだけ聞くとチープに聞こえるかもですが、そういうところから人間性って見えるもんで、それをみているとできるまでやるだけなんですよ。
高木:そうだね。
篠原:祥太に関しては、誰よりも周りの人の音を聞いている人だなってずっと前から思っています。「一緒にプレイするみんなのことがすごく大好きで、その人たちの出す音を1音も聞き逃したくないから、耳を凝らして聞く」と言っていたことがすごい印象に残っていますね。周りの人たちを引き立たせる中で自分も出ていくときは出ていく。周りを見ながら引っ張っていけるベーシストだなって思います。カツシロも同じで、一緒にプレイする人をすごく大切にする人ですね。
はむざ:カツシロは見えないところでいろんなことをしている人なんだなと思う。演奏中もだし、演奏外もなんだけど、奥行きを感じます。ベタな話ですけど、白鳥ですね。見えるところは優雅だけど、見えないところはめちゃめちゃ動いている。
サトウ:MINAMISの2人は人間としてのパーソナルな部分と音楽のプレイが一致しているから、俺は好き。俺らの周りは、みんなそうなんですけど。
はむざ:あんまりミュージシャンとしてどう思うかって話を普段しないから嬉しいですね。
BREIMEN / サトウカツシロ
――はむざと祥太の2人が住んでいる家に、「SUNRISE」のMVを撮ってくれた はまいば さんも一緒に住んでいるとか。
高木:BREIMENの新体制のMV全部と、前の体制の1作品も撮ってくれていますね。はまいばは元々エドサリを撮っていたんですよ。だけど彼がエドサリを撮った最初のMVは篠原が抜けて一発目のMVだったから、篠原はエドサリのときには会ってなかったね。
篠原:彼らのスタジオに行ったときに初めて会って、話を聞いていたら、どうやら僕が好きなThe Cheseraseraの「ファンファーレ」のMVを撮っている人だと分かってすごく緊張しました。ちょうどMINAMISでThe Cheseraseraと対バンしたいという話が出ていたタイミングだったんです。そのときはオファーできなかったけど、色々あって「SUNRISE」のMVを撮ってもらえる運びになりましたね。
――MVといえば、MINAMISの最新のMV「The Beginning Of Summer」では祥太の実家を使わせてもらいました。
高木:詳細は何も聞いてないんですけど、はむざに「今日実家行くね」って言われて、「行ってらっしゃい」って言いました(笑)。
はむざ:あれは夏の曲で、フィールドレコーディングをしようとしていたんですよ。だけど天気とか、電気の供給とか諸々を考えると外で撮るのは難しくて。限りなく外に近いロケーションで音楽をやる環境もあるところを考えたときに、一番最初に浮かんだのが祥太の実家でした。海がバーンとあるから、映像も撮りながら録音もできるしね。
高木:それ、どこで見れるんだっけ?
はむざ:データで販売しています。
高木:なるほどね。見たいな。
MINAMIS×BREIMEN
――せっかくなので、お互いのバンドの一番好きな曲を教えて下さい。
はむざ:一番好きな曲は、「You were my muse」ですね。ちょうど一緒に住み始めた時にBREIMENがこの曲のMVを撮っていて。当時、色々あって意気消沈していた頃だったので、撮影で疲れていた彼らにご飯を作ったときに、「あー!居ていいところがあった!」と救われたんです(笑)。
高木:すごい個人的な思い出だな!MINAMISは最近の曲も好きなんだけど、1番は「ドライブライフ」ですね。ギルティー(渋谷GUILTY)の対バンで見たときに、みんなかなりMINAMISに食らっていた。
サトウ:俺も好きだな。「佑太のバスドラが心臓」みたいな曲ね。
篠原:ぜんぜんピンとこないよ(笑)!
高木:MINAMISは最近の曲と昔の曲で大分曲調は変わってきているけど、いい意味でなぐ(南雲)が歌っていれば成立するバンドだよね。今ここにいないけど、なぐはすごいなって、ずっと思っている。ザ・ボーカリスト感があって、俺とはタイプが違う。なぐみたいなボーカルは最近あんまりいないタイプだけど、彼を信じてやっていく仲間がいるから、ライブが最高で。音源ももちろんいいし、MVもいいんだけど、ライブがそれを圧倒的に超えてくるから、ライブに行って泣いちゃうバンドです。
サトウ:MINAMISのライブってすごく熱いよね。俺らには昔その感じが無かったけど、最近やっと出てきたから、昔対バンした時より今の体制の方が、ライブとか音楽に関してMINAMISと親和性がある気がする。絶対いいライブになると思います。
篠原:それでいうと、BREIMENが現体制になって最初のGARAGEのライブに行ったとき、それぞれが腕の立つかっこいいミュージシャンなのも知っていたし、案の定お客さんもたくさん集まっていたので、「それ見たことか!」と思いましたね。
一同:(笑)。
BREIMEN / 高木祥太、サトウカツシロ
――コロナ前と後で、それぞれ感じたこと、思っていること、この先についても聞かせてください。
はむざ:2ヶ月ちょっと僕は祥太と一緒にいたので、エッセンスを沢山もらったことが大きかった。ほぼ兄弟ぐらいの気持ちでいます。
高木:はむざとか、元々共同生活をしていた人達と実家に避難して、1ヶ月ぐらい集団生活していたんですよ。3ヶ月後とか半年後とか1年後のことを考えて不安になった瞬間は若干あったけど、そもそも、コロナになる前、別に3ヶ月後のこと考えてなかった。
サトウ:うん。前からずっと色々な不安はあったわけだしさ。
はむざ:俺ら、ずっと緊急事態宣言だった(笑)。
高木:別に今に始まったことじゃないし、元々そんないいところにいなかったから。みんな自粛癖とか心配癖がついちゃっていますよね。
篠原:僕は人に会えない期間、ライブもできない中ですごく実感したのが、ライブでドラムを叩いているときが一番人と話せている気がするということでした。オンラインでライブもありますけれど、結局、ライブハウスにみんなで集まってライブをするところに、どうしたって戻りたいと強烈に思いましたね。
――ライブの火を絶やさないでいてくれる人が多いのは、僕ら音楽好きは嬉しいです。最後に、10月6日の意気込みをどうぞ。
高木:いい意味で、ちょっと想像がつかない。こんな前向きな意味で、どうなってしまうかわからない日は久々ですね。
サトウ:「こういうライブにしたい」みたいな感じで作り上げていくよりかは、ライブが始まってみて、どういうライブになるかなっていうのを楽しむほうが好きかもしれないです。道を歩くみたいにライブをして帰る。なんか意味わからないけど、カッコいいね、今の(笑)。
はむざ:(笑)。今年初の自主企画としての思い入れももちろんあるし、何よりライブを早く見たい。
篠原:今日を通じて僕らは更に楽しみになっているし、今一番ワクワクする組み合わせの『CFC』(編注:CHABASHIRA FIGHT CLUB=MINAMISの主催企画名)が組めたと思っているので、そのワクワク感が伝わって、みんなも楽しみにしてくれたらいいなと思います!
MINAMIS×BREIMEN
インタビュワー:河野太輔
編集:秤谷建一郎
Photo by:かとうはるひ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着