幸せの一瞬一瞬を大切にしたくなる、
朝夏まなと・平方元基・藤森慎吾版の
ミュージカル『ローマの休日』 ゲネ
プロレポート

時代を越えて今も世界中で愛される、グレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン主演の名画『ローマの休日』。世界初のミュージカル版は、1998年、大地真央と山口祐一郎の出演で日本において上演された(脚本=堀越真、演出=山田和也、音楽=大島ミチル、作詞=斉藤由貴)。その二十年ぶりの再演が、2020年10月4日(日)~10月28日(水)帝国劇場にて、朝夏まなと・土屋太鳳(Wキャスト)、加藤和樹・平方元基(Wキャスト)、太田基裕・藤森慎吾(Wキャスト)らで行われる。

本日5日(月)に初日を迎える(2日目キャスト(アン王女=朝夏まなと、新聞記者ジョー・ブラッドレー=平方元基、ジョーの親友でカメラマンのアーヴィング=藤森慎吾)によって開催されたゲネプロを観た。
『ローマの休日』ゲネプロより
朝夏まなとが演じるアン王女は、映画版のオードリー・ヘプバーンのチャームポイントをよく研究しつつも、自分自身の王女の物語を生きているところが魅力的である。長身にドレスが似合い、裾さばきもエレガント。物語序盤、王女としての浮世離れした品のよさを感じさせつつも、その心には、若い女性らしく、ローマという街、その明るさ、華やかさに憧れる気持ちがあるところをしっかりと描写する。それがあるからこそ、実際に街に飛び出してからのさまざまな冒険の一日が一層楽しく感じられ、そして、一日が終わったときのせつなさをも浮き彫りにしている。長い手足を生かし、うきうきとはずむ心をダンスで表現。大きな眼をくりくりと利かせた目の演技もいい。髪をカットするくだりも、王女の心の解放の象徴的シーンとして演技できっちり見せている。宝塚時代から得意とするところのコメディを生き生きと演じ、王女を見守るヴィアバーグ伯爵夫人(久野綾希子)、プロヴノ将軍(今拓哉)との間にも、温かな心の通い合いを感じさせる。
『ローマの休日』ゲネプロより
『ローマの休日』ゲネプロより
平方元基のジョー・ブラッドレーは、記者として、一発逆転スクープを狙うあたりにはどこかすさんだ野心もにじませ、しかしながら、恋を知った後はお坊ちゃま感あり。もともとジョーは育ちのいい人だったのかな……と感じさせる演技だった。
『ローマの休日』ゲネプロより

『ローマの休日』ゲネプロより
そんなジョーの親友アーヴィングを演じる藤森慎吾が光る。身体が利き、その身体能力を活かした動きとさすがのコメディセンスで魅せる。ぴょんぴょんと馬跳びを披露する一方で、スクープを狙うカメラマンならではのどこかニヒルな色気を感じさせる表情を見せる、そのギャップがいい。そして、アン王女を見守る目線がとても温かい。アン王女とジョーの間だけでなく、アン王女とアーヴィングの間にも確かな絆が築かれたことが感じられて、心温まるものがある。

『ローマの休日』ゲネプロより
『ローマの休日』ゲネプロより
コロナ禍によって、世界中で、今まで当たり前と思ってきた生活――街をぶらぶら歩いたり、カフェのテラスでお茶を飲んだり――が、当たり前のことではなくなってしまった。アン王女が夢見てかなえた自由な一日、その、ささやかにも思える幸せの一瞬一瞬を、今さらながら大切にしたいと思わされた。
『ローマの休日』ゲネプロより
『ローマの休日』ゲネプロより
■初日へ向けたキャストコメント
朝夏まなと コメント
舞台の幕が開くことがこんなに嬉しいことは初めてです! 2020年のローマの休日を楽しんでいただけるよう、気をつけながらも感謝を込めて務めます! どうぞお楽しみに!!
平方元基 コメント
歴史ある『ローマの休日』という作品を、このコロナ禍でカンパニー一丸となってつくり上げてきました。いろんな壁にぶつかり、いろんな創造をし、こうしてまもなく皆様の前に届けられる事を嬉しく思います。どうぞご期待ください。
藤森慎吾 コメント
本番を迎える緊張感もありながら、共演者の皆さんとの信頼感も深まりこの現場が恋しく思います。通し稽古を見ていると不思議と泣きそうになります。それ程、素晴らしい舞台なんです! そして、その中に自分も参加しているという興奮。楽しみにしていてください!!
取材・文=藤本真由(舞台評論家)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着