L→R 池田大介(Ba&Cho)、桑原 智(Dr&Vo)、越智健太(Vo&Gu)

L→R 池田大介(Ba&Cho)、桑原 智(Dr&Vo)、越智健太(Vo&Gu)

【BUZZ THE BEARS インタビュー】
自分たちがカッコ良いと
思うことを強く押し出す

ニューミニアルバム『MASSIVE』は古巣レーベルに戻り、バンドがやるべきこと、伝えるべきメッセージを突き詰めた上で解き放った濃厚な7曲がずらりと並ぶ。BUZZ THE BEARSの駆動力を活かした2ビート曲を筆頭に、ライヴ映え抜群の豪放な勢いを密封した今作について話を訊いた。

今作はレーベル“THE NINTH APOLLO”に戻り、第一弾のミニアルバムになりますね。

越智
もともとTHE NINTH APOLLOに所属していて、また戻ったのが昨年なんですよ。で、とりあえず自己紹介的に会場限定シングル「I'm BACK!」(2019年7月発表)を出しました。あと、配信音源「ジブンシダイ」(2019年8月発表)は横浜DeNAベイスターズの伊藤 光選手の登場曲で、シーズンに間に合うように出しました。ライヴはめちゃくちゃ増えて、今まで対バンしてなかったバンドともやったりして。

昨年ライヴが増えた理由は?

越智
対バンのメンツも固まってきていたというか。Track's、KUZIRAあたりの若手のバンドとやったり、幅広く対バンしたいと思ったんです。
桑原
僕らの力では接点がないところをレーベルの方がつなげてくれて。それからバンドとどんどん仲良くなって、自分たちの幅も広がったから新鮮でしたね。メンバーそれぞれで違うやろうけど、負けてられへんし、ダサいところは見せられへんし、圧倒的な力を見せなあかんなと。
越智
若くてもライヴがしっかりしてるんですよ。彼らにしかできないことがあるなら、俺らにしかできないことは何かなって見つめ直せました。誰かに寄せるわけじゃなく、自分たち100パーセントで自信を持ってドーン!と出そうと。歌モノの若いロックバンドとの対バンだからって歌モノの曲をやるわけじゃなく、自分たちが好きな2ビートをやるみたいな。それは意識しましたね。
桑原
小細工できないんで、自分たちがカッコ良いと思うことを強く押し出すっていう。

今思うBUZZ THE BEARSらしさを言葉にすると?

桑原
人間性かな? 不器用やし、背伸びしても中途半端になるから。いろんな方向で試したけど、100パーセントでやれてない気もしたんですよ。だから、そのまま出すしかないという。
越智
曲を聴かせるというより、ライヴで何かを持って帰ってもらうのが“らしさ”かな? “あの曲が聴けたからラッキー”だけじゃない高揚感を魅せたくて。
桑原
何週か回って、まだバンドを続けられる状態やし。いらんものが削ぎ落とされて、残ったものが俺ららしさなんやと思いますね。

今年はどんなふうに過ごしてました?

越智
今年の頭は去年の流れでライヴをやってたんですけど、こういう状況になって動かれへんから曲作りしてましたね。
桑原
僕はやってないことをやってみようと。BUZZ THE BEARSを知ってる人に向けて、配信でドラムをやってみたりして。あとは、練習したり、曲作りしたり、作業する時間に充てました。

今作を出すタイミングは予定通りに?

越智
そうですね。まぁ、フルアルバムを出せるくらい曲はあるけど、このタイミングで出してもツアーもできへんし。とりあえず作った曲を並べてみて、今回は手に取りやすいミニアルバムがいいかなと。自分たちの色が濃く出ているものを上から摘んだ感じですね。

今作は確かに小細工なしの“BUZZ THE BEARS純度100パーセント”みたいな作品になりましたね。

越智
ライヴをやっている感じが見えやすい曲というか…作ってる時もライヴをイメージしてましたからね。ストレートにガツン!とくるものを出そうと。
桑原
自然に作ったから、僕ららしさは出てるんでしょうね。自由というか、今回は好きにやりました。このメンバー3人で作った感じが強いですね。

曲を作る上で何かしら意識の変化はありました?

越智
いろいろやってきたけど、結局これしかないというか。今は何を言ってもいいし…変な言い方したら、日本語が間違っててもええやんって。“ら”抜き言葉を使ってもカッコ良かったらええやんって。

例えば「Love Song」の中に《早く会いたいも/全てまとめてしまって》という歌詞があります。日本語としては言葉足らずですけど、そこに込めた想いが聴き手に伝わればいいと?

越智
そうですね。言葉が足りなくても、そこにメロディーが乗って、ストンと心に落ちたらOKでしょって。今作全体を通して、例えば全部2ビートでも全部8ビートでもいいんじゃないかって、それぐらい迷わずに作っている感じが出てると思います。
桑原
“ここどうなん?”というパートも少なかったですからね。越智くんが言ってることも分かったし、すぐに理解できましたから。
L→R 池田大介(Ba&Cho)、桑原 智(Dr&Vo)、越智健太(Vo&Gu)
ミニアルバム『MASSIVE』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着