世界中で大きな成功を収めた
レッド・ツェッペリンの
最高傑作『IV』

本作『IV』について

ツェッペリンのアルバムは1曲目に印象的なハードロックナンバーを持ってくることが多いが、本作では彼らを代表する名曲のひとつ「ブラック・ドッグ」が冒頭に選ばれている。この曲は印象的なリフをもつハードロックナンバーで、ギターの変則リズムが凝っている。続く「ロックン・ロール」はまさに典型的なロックンロールだが、重いボーナムのドラミングとゲストアーティストのイアン・スチュワート(元ローリング・ストーンズ)によるジェリー・リー・ルイス風の軽やかなピアノが対照的だ。この曲は多くのアーティストにカバーされている。

「限りなき戦い(原題:The Battle Of Evermore)」はブリティッシュトラッド風のナンバーで、ゲストヴォーカリストとしてサンディ・デニー(元フェアポート・コンヴェンション)が参加し、重厚なトラッド作品となっている。この曲が導入部のようなかたちとなり、続いて「天国への階段」が始まる。ツェッペリンの作品中、最もよく知られた曲である。ブリティッシュトラッドにCSN&Y的スパイスをまぶした前半部分が終わると、後半はペイジのギターを中心にドラマチックな展開となる8分にも及ぶ大作である。本作がまだリリースされていない71年の初来日の際、「ブラック・ドッグ」と「天国への階段」が披露され、大きな話題となった。

他に、ジョーンズのキーボードとペイジのツインギターが効果的な「ミスティ・マウンテン・ホップ」、プラントの巧みなボーカルが映える「フォー・スティックス」、CSN&Y風のさわやかなナンバー「カリフォルニア(原題:Going To California)」、そしてラストを飾るブルージーでヘヴィな大作「レヴィー・ブレイクス(原題:When The Levee Breaks)」は、泥臭いプラントのマウスハープとペイジのスライドギターが光る。最後の2曲はアメリカンロックっぽい仕上がりとなっている。

ビートルズ、ローリング・ストーンズに続くブリティッシュロック界の大物グループといえば、レッド・ツェッペリンをおいて他になく、その名声は本作に負うところが大きい。ロックファンであれば聴いておくべき一大傑作である。

TEXT:河崎直人

アルバム『IV』1971年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. ブラック・ドッグ/Black Dog
    • 2. ロックン・ロール/Rock and Roll
    • 3. 限りなき戦い/The Battle of Evermore
    • 4. 天国への階段/Stairway to Heaven
    • 5. ミスティ・マウンテン・ホップ/Misty Mountain Hop
    • 6. フォア・スティックス/Four Sticks
    • 7. カリフォルニア/Going to California
    • 6. レヴィー・ブレイク/When the Levee Breaks
『IV』(’71)/Led Zeppelin

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』