Travis Japan・宮近海斗「新橋演舞場
といえば鰻が食べられるところ(笑)
」とジャニー氏との思い出を語る 舞
台『虎者-NINJAPAN-2020』開幕!

ジャニーズJr.の次代を担う実力派グループ「Travis Japan」が東京・新橋演舞場で初主演を務める舞台『虎者-NINJAPAN-2020』が2020年10月10日(土)に開幕した。同日初日直前となる日中、同劇場にてゲネプロ(通し稽古)がマスコミ向けに公開され、Travis Japanのメンバーを中心に、出演者が本番さながらの気合いのこもった芝居を披露した。
Travis Japanとは宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、吉澤閑也、松田元太、松倉海斗の7名。ジャニーズの中でも特に一糸乱れぬダンスとダイナミックなパフォーマンスが魅力のグループだ。この7人は2019年11月にグループ単独主演全国公演『虎者-NINJAPAN-』を初演し、東京、京都、名古屋、広島と計34回のチケットを即日完売させている。そんな彼らが今年、東京・新橋演舞場に場所を移して、さらにパワーアップしたノンストップの舞台を繰り広げるという。
コロナ禍の影響でしばらく各種公演を中止していた新橋演舞場にとっては『虎者』が225日ぶりの公演再開となる。本公演の構成・演出は滝沢秀明氏が務める。
このゲネプロの模様をレポートする。
『虎者-NINJAPAN-2020』
松田リマ
兄弟設定である7人の父親(長谷川純)が松田リマを中心とした極悪人集団に囚われ、兄弟たちは敵と戦いながら父を救いに行くというストーリー。何度となく訪れる敵との戦闘シーンは、激しい殺陣や光るスティックを手に見せるタップダンス、椅子と手だけのUVライトを取り入れたパフォーマンス、そして前回披露して好評だった映像マッピングとトランポリンを組み合わせたパフォーマンスなどで表現するのだが、前作よりさらにパワーアップしており、特にトランポリンは背中でバウンドし、目の前の壁をてっぺんまで登りきるというハイレベルな技も披露していた。
本編終了後は、休憩を挟まずにSHOWTIMEに突入。ジャニーズの先輩・屋良朝幸が振付に参加したSHOWTIMEの演目はTravis Japanのオリジナル曲から先輩ジャニーズの曲まで充実のラインナップ。Travis Japanの得意技ともいえる指の先からつま先の角度まで7人がきっちり揃えて、それでいて激しく踊る姿は実に美しく感動の一言に尽きるものだった。
ゲネプロ後、しばらくしてから場内で会見が行われた。
宮近は「無事にゲネプロが終わり、この後本番を迎えます」と気合いを入れ、中村は「こうして舞台ができる事がすごくありがたい事だと身に染みます」と本音を口にする。七五三掛は「こういう状況下ではありますが、舞台の上で精いっぱい努めたい」と力を込め、川島は「(コロナの)対策を十分にした上で最高の舞台にしたい」と笑顔を見せた。吉澤は「凄く緊張していますがファミリー感を忘れず、一緒に楽しんで頑張っていきましょう!」と客席の報道陣も巻き込もうとするくらいの元気さをアピールすると、他メンバーから思わず拍手が起きる。そして松田は「新橋演舞場で主演を務めるという事をありがたく思って頑張っていきたい」と声量たっぷりで宣言、そして最後に松倉が「本日はご来場ありがとうございました」とまるで劇場支配人の様に挨拶して笑いを誘い「目の前にお客さんがいるという快感を存分に約1ヶ月間楽しみたいです」と語った。
劇場再開225日目という今日この日を迎えての心境を聴かれ、宮近は「僕らも全員が新橋演舞場に立ち、しかもお客さんとここで会うのも初めて。いい意味で僕らが台風の目となって渦を巻いていろいろなところに羽ばたいていきたい」と折しも接近中の台風14号に絡めてコメント。新橋演舞場には『滝沢歌舞伎』で川島と松田、七五三掛が出演経験済。松田は「僕はジャニーズに入る前に『滝沢歌舞伎』か『滝沢演舞場』を観ました~」とふわふわしたコメントをしたので一同噴き出す。さらに松田は『滝沢くんがあのあたりからふわっと“フライヤー”で出て……」というとすかさず他メンバーから「“フライング”だね。(フライヤーなら)唐揚げになってしまう(笑)」とツッコミが入っていた。
「カイトくんはいかがですか?」と宮近、中村、松倉と名前が「カイト」の3人に話が振られると「僕のカイトは」と松倉が口を開く。「『滝沢歌舞伎』の時はこれまで客席からしか観た事がなかった。今初めてこの舞台に立ったので自分の魂が燃え滾っています」と独特な表現を使うとまた笑い声が沸き起こっていた。
(左から)松倉海斗、吉澤閑也、七五三掛龍也、宮近海斗
そんな中、宮近はちょっと違う想いがあるようで。「僕が新橋演舞場で『滝沢歌舞伎』などを観に来た時、ジャニーさん(故ジャニー喜多川氏)が鰻をごちそうしてくれるんです。だから(演舞場は)鰻が食べられるところ、という印象があって(笑)」というと皆大笑い。「だから今回も力を付けたい時は皆で鰻を頼んで食べたいですし……鰻のようにお客様にも力を与えられるTravis Japanでありたいです」と最後は無理やりこじつけて笑っていた。
前回の『虎者』とどこが違うのか? という質問に吉澤が「1幕と2幕の間がなくてブワーッとガーッと進むんです」とざっくりと説明。すると川島が吉澤の言葉を補うように「今年はトランポリンの壁の上に立つという技が新しくできて。うちの中村海人くんが前回いちばんうまく飛んでいて、一人だけ壁の高さが足りないんじゃないか? それだったらもしかして上まで登れるんじゃね? という事になって今年その技が加わって、他のメンバーも一生懸命追いついてやる事となったんです」と詳細解説。いちばん飛べると言われていた中村は「もし変な風に落ちたらどうしようとかいろいろ考えだすと、僕はビビリなので飛べなくなってしまうんです。だから考えずにやる事にしました」と成功の極意を口にしていた。が、他メンバーが「トラジャ=トランポリン・ジャパンですから! これはトランポリンの先生が言ったんですけどね」と言い出してまたまた大笑いとなっていた。
(左から)中村海人、川島如恵留、松田元太
ちなみに本公演の演出を手掛ける滝沢に「舞台上でカッコよく見せるコツなど教わったか?」と聴かれると七五三掛が「昨年メンバーはそれぞれソロコンサートをやったので、自信を持っていいよと言われ、主演っぽい立ち方を教えてもらいました」とその場で体重を片側の足に乗せ、もう一方の足は少し流して立つという姿を照れながら再現していた。
「この舞台を通して、日頃不安になったりする気持ちなどがなくなって、Travis Japanと聴いただけでハッピーな気持ち、嬉しい、ワクワクするような気持ちを与えられたら」と最後に宮近が話を締めて会見はお開き。初日に向けてやる気十分で7名はステージを後にした。
最後に構成・演出を務めた滝沢氏のコメントを紹介する。
■滝沢秀明(構成・演出)コメント
コロナウイルスという未曾有の災禍にあり、本公演を上演するか否か、関係各所と幾度も話し合い、エンターテインメントの灯を絶やすことはしない、という決断をいたしました。
今、私たちがエンターテインメントを上演することで、少しでもその素晴らしさを感じていただけたら嬉しく思います。
ここ新橋演舞場は私にとって特に思い出深い劇場です。Travis Japanの7人が初主演の新橋演舞場で輝き、大きく飛躍していくことを強く願います。今回は芝居からSHOWTIMEまで休憩無し、ノンストップの構成となりました。Travis Japanの熱いエネルギーをお届けします。
ライプ配信も決定しました。今回、公演に来ることのできなかったファンの皆様にも『虎者』のさらなる進化をご覧いただき、Travis Japanに大きな声援を送っていただければと思います。
取材・文・撮影=こむらさき

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着