ONE OK ROCK “今を生きて、次の時代
へと繋いでいって欲しい”ーー生配信
ライブのオフィシャルレポートが到着

昨日・10月11日(日)にONE OK ROCKが自身初の試みとなるオンラインライブ『ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder” at Stadium Live Streaming supported by au 5G LIVE』をZOZOマリンスタジアムにて開催した。
また、当初本日・12日(月)12:00から13日(火)11:59まで予定されていたアーカイブ配信だが、配信の反響が大きかったため15日(木)11:59までの72時間視聴可能と延長することも決定した。
以下、オフィシャルレポートをお届けする。

ONE OK ROCKのオンライン生配信ライブ『ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder”』が、2020年10月11日にZOZOマリンスタジアムで行われた。今年1月に終幕した『EYE OF THE STORM JAPAN TOUR』以来となった、今回のライヴ。コロナ禍で活動を制限される中、ロックバンドとして今できることの限界に挑戦したONE OK ROCKの姿は私達に「それでも、生きていく勇気」を与えるものだった。
ONE OK ROCK
自宅自粛期間中に発表された「完全在宅Dreamer」のビデオを模したセットを破壊し、小雨降りしきるステージに現れたONE OK ROCKの四人。「ライヴは自分たちの活動の軸」と、メンバーもライヴ中のVTRで述べていたが、今回のストリーミング・ライヴは無観客だからこそ、音楽的にも視覚的にも様々な工夫とこれまでにない試みが施されていた。しかしながら、何よりも何度もカメラを見据えながら「画面の向こうのあなた」を煽り、語りかける四人の姿こそが「離れているからこそ、つながりたい」というONE OK ROCKの意思を強く伝えていた。
ONE OK ROCK
ONE OK ROCK
天を仰ぎながら「祈り」を捧げるかのごとく歌い上げた「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」、清水翔太を始めとした[re:]projectの豪華メンバーが集結した「もう一度」、そして、この日のために用意されたONE OK ROCKからの最高の贈り物ーー新曲「Wonder」……全編ハイライトと言っても過言ではない、ライヴのフィナーレは「Wasted Nights」で締めくくられた。事前に公募されたファンが、ステージ後方のスクリーンに映し出され、ONE OK ROCKと楽曲を演奏する。「今を生きて、次の時代へと繋いでいって欲しい」ーー彼らがロック・バンドとして放つ想いが、確かに全世界のファンとリンクした瞬間だった。
世界中が未曾有の大混乱に陥った2020年。失ったものの多さに打ちひしがれそうになりながらも、それでも私達は前へと進んでいかなければならない。挑戦し続けることを止めない人のすぐそばで、いつでもONE OK ROCKの音楽は鳴っている。

文=小田部 仁 撮影=Rui Hashimoto (SOUND SHOOTER)、Kazushi Hamano、cazrowAoki
ONE OK ROCK

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着