声優/シンガーの太田彩華率いる太田
家、「エアおおた祭り対バンスペシャ
ル」を通し,漫画から飛びだした声優
バンドの『ガールズフィスト!!!!』南
松本高校パンクロック同好会と熱い友
情を交わした対バン配信ライブを開催
!!

 10月11日(日)、「1stアルバム「愛読書」発売記念 エアおおた祭り対バンスペシャル1st Battle 『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会」と題し、太田彩華率いる太田家と、4人の声優が演奏する漫画の世界から飛びだした『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会が、一緒に配信LIVEを行った。その内容が、画期的。配信LIVEの利点を活かし、2つのステージを用意し、画面を切り換えながら中継。数曲演奏しては、相手のバンドへ演奏のバトンを渡す形を取りながら、交互にライブを行った。そのときの模様を、ここに再現しよう。
「エアおおた祭り対バンスペシャル」は、力強く駆けだした青春パンクナンバー「星明かりのメロディ」を歌い演奏する太田家のライブからスタート。目の前にあるカメラをキリッと見据え、想いをぶつける太田彩華。無観客の配信ライブだろうと、太田家は画面の先にいる人たちの気持ちを煽る熱い姿を見せていた。
画面は切り替わり、姿を現したのが『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会。彼女たちは愛らしい姿のもと、青春を謳歌するように胸弾むキャッチーな「Roly Poly」を届けてゆく。ライブを楽しむ無邪気な姿が、とてもチャーミングだ。
 MCでは、太田彩華と浅見春那がトーク。互いに挨拶を交わしたところで、ふたたびライブは南松本高校パンクロック同好会へ。披露したのが、童謡の「森のくまさん」のパンクバージョン。力強く走る楽曲に乗せ、弾けたステージングを展開。その勢いを持って楽曲は、THE ROOSTERSのカバー曲「恋をしようよ」へ。気持ちのアクセルも一気に踏み込み、勢いを持って彼女たちは昂る感情をぶつけだす。ヴォーカルの浅見春那は、力いっぱい歌声をぶつけ、観ている人たちを煽り続けていた。
画面は、再び太田家へ。先のライブの勢いを受け継ぐ形で、彼女たちも昂る気持ちを胸に抱きながら。青春ロックナンバー「愛とアストロノミア」を演奏。曲が熱を高めるのに合わせ歌声や演奏にも熱が加わりだす。高揚する感情をダイレクトにぶつける太田彩華の姿や歌声に気持ちが熱く高ぶりながらも、視線はずっとその姿を追いかけていた。続いて太田家が披露したのが、モンゴル800の「小さな恋のうた」。互いにカバー曲を折り込みながら、それぞれが自分たちらしい色に染め上げていた。少し哀切さを持って歌われる「小さな恋のうた」を通し、楽曲に込めた愛しき想いがより強く胸に響いたのも嬉しかったこと。
 MCでは、画面を二元中継化。互いの演奏を見ての感想を語りあっていた。ここで、同じ会場へステージを2つ並べ演奏していることも伝えてくれた。
引き続き、ライブは太田家へ。「太田!!」(太田彩華)「やー!!」(南松本高校パンクロック同好会のメンバーたちが隣のステージから叫んで)のやりとりから、「どうせ僕らは」へ。冒頭から「Oi! Oi!」とメンバーたちが声を張り上げれば、太田彩華の歌に掛け合うように、メンバーみんなで声を交わし楽しむ様が画面から伝わってきた。沸きだす気持ちを凛々しい表情でぶつける太田彩華。彼女の姿を通し、歌に込めた強い意志が胸にしっかり響いてきた。
過ぎ去った夏を連れ戻すように、太田家のメンバーたちが気持ちを爆発させながら「夏のイカれ野郎」を演奏。パンキッシュな姿のもと、観ている人たちを挑発するように歌う太田彩華。感情を剥きだしたステージングに触発され、気持ちも熱く沸き立つ。太田彩華がテレビゲームを手にして歌ったのが、アニメ「クソゲーって言うな!」のテーマ曲「クソゲーって言うな!」。コントローラーをマイクにしているのが画期的だ。昂る気持ちのまま「クソゲーって言うな!!」と熱唱しながら、勢い満載でパンキッシュな演奏を披露。全力で騒ぎ続けた姿が、とても熱いじゃない!!
バトンは『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会へ。披露したのが「退屈な日々」。浅見春那もギターを手に演奏へ参加。無条件で気持ちをウキウキさせるスカビートナンバーを通し、観ている人たちのワクワクした感情を膨らませてゆく。自分たちが演奏するのを楽しんでいる姿に触発され、何時しか気持ちも騒ぎだしていた。
ここからは、カバー曲を立て続けに披露。勢いを持ってロックンロール・ナンバーが飛びだした。彼女たちはシーナ&ロケッツの「レモンティー」を、ときに叫び声も交え、テンションをアゲながら笑顔で演奏していた。スローなギターコードのイントロから浅見春那が歌いだすのを合図に、楽曲はTHE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」へ。「1.2.3.4」の掛け声に合わせ、楽曲の勢いとパワーが炸裂。昂る気持ちのままに歌い演奏する彼女たち。そんな4人の目の前では、太田家のメンバーが拳を突き上げ騒ぐ姿も画面越しにチラチラ映っていた。カバー曲3連打の最後は、「はじめてのチュウ」(楽曲は、Hi- Standardの「My First Kiss」バージョン)を愛らしくカバー。無邪気な笑顔で演奏や音楽を楽しむ様こそ、まさに南松本高校パンクロック同好会らしさ。
終盤のライブは、南松本高校パンクロック同好会から。ふたたび浅見春那がギターを手にし、演奏に参加。「Full of Lies」のリードヴォーカルを担ったのが、ギターの奥村真由。途中から浅見春那やベースの古川由利奈も歌に参加。温かい歌声を重ね合わせ、観ている人たちの気持ちを優しく包んでくれた。表情は、一変。「Oi! Oi!」と叫びながら、青春の息吹をぶつけるように、南松本高校パンクロック同好会は「Re:スタート」を演奏。「ただまっすぐに ただがむしゃらに」の歌詞のように、熱い気持ちが漲りだす。浅見春那の振り上げた拳に合わせ一緒に拳を振り上げたい気持ちで、その姿へ熱い視線を送っていた。
バトンは、太田家へ。澄み渡るような太田彩華の歌声が響き渡る。届けたのが、「夢の散歩者」。気持ちの内側からジワジワと熱が込み上がる。とても歌心を持った楽曲だ。聞くたびに言葉が胸に染み込めば、心へ勇気を優しく注いでゆく。気持ちの内側から沸きだす叫びをぶつけるように、「名もなき少年の 名もなき青春」を熱唱。太田家の歌はどれも、昂る気持ちを歌声や演奏を通して具現化してゆく。体感的でもあるが、その軸にあるのは「気持ちの昂り」。だから、太田家の楽曲に触れていると胸が熱くなる。
 最後に『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会がぶつけたのが、「Tic×Tic=Tac♪」。メンバーたちの歌う「Tic×Tic=Tac」の言葉を合図に楽曲が弾け飛ぶ。メンバー一人一人が歌声をリレーするように繋げば、サビではみんなで楽しい想いを一つに合唱。無邪気に演奏を楽しむ姿が、とても眩しい。まさに歌詞どおり、青春を体現している姿がそこにはあった。
太田家の最後を彩ったのが、THE HIGH-LOWSカバー曲「青春」だ。シンプルでタイトな演奏の上で、みずから青春の息吹を燃やすように熱演。フロアでは、南松本高校パンクロック同好会のメンバーたちが一緒にはしゃいでいた。いいよね、互いの演奏も楽しみながら熱いエールを送れる関係って。
太田家が仕掛けた「エアおおた祭り」。共演する相手と同じ空間、同じ時間の中、互いに演奏をかけあいながら楽しんでいたように、その姿が眩しく輝いて見えていた。次の「エアおおた祭り」は11月21日、GEEKSが相手。どんなライブが繰り広げられるのか楽しみだ。  
TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
1 st Battle・「『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会」
アーカイブ映像はこちら
(販売期限10月17日23:59まで 視聴期限10月18日23:59まで)
2nd Battle・「GEEKS」 
水樹奈々「WHAT YOU WANT」のMVにギタリストとして出演。ヒプノシスマイクのドラマCD内での楽曲製作を担当。大のアニメ好きが高じて多数のアニメ作品やキャラクターソング、声優のライブ演奏時のギタリストとしても活動しているのが、エンドウ.率いるUKハードロックパンクバンドのGEEKS。
アニヲタ率いるバンドどうしが、どんな熱いライブバトルを繰り広げてゆくのか期待したい。当日は、配信ライブではあるが、会場のSPACE ODDにて1stアルバム「愛読書」の先行現地即売会も行われる。
日時 11月21日 17時~ チケット料金3000円 アーカイブは11月28日 23:59まで
チケット発売日 10月18日(日)12:00発売開始
ご購入はこちら https://r.funity.jp/air-oota2-streaming
3rd Battle・「BabooBee」
BabooBeeは、元PASSPO☆の増井みおを中心に誕生したスーパーポップロックバンド。太田彩華と増井みおも、ヴォーカル&ベースを担当。この日は、ヴォーカル&ベースがリーダーの2組によるバトルライブになる。
日時 12月19日 17時~ チケット料金3000円 アーカイブは12月26日 23:59まで
チケット発売日 11月29日(日)発売開始予定
太田家 Web
太田家 twitter
太田彩華 Web
太田彩華 twitter
MASHUP RECORDS オフィシャルチャンネル
太田家「星明かりのメロディ」
太田家「名もなき少年の 名もなき青春」

ガールズフィスト!!!!公式 Web
ガールズフィスト!!!!公式 twitter
ガールズフィスト!!!!【公式】配信チャンネル
エンドウ.さん【GEEKS】【月蝕會議】twitter
geeksjapan YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=7S4kILo2gIs
GEEKS BEST ALBUM [ GEEKEST ] TRAILER

BabooBee Web
twitter
BabooBee YouTubeチャンネル

―セットリスト―
「星明かりのメロディ」(太田家)
「Roly Pory」(ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)
MC
「メンバー紹介~森のくまさん(童謡)」(ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)
「恋をしようよ」(ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)※THE ROOSTERS カバー曲
「愛とアストロノミア」(太田家)
「小さな恋のうた」(太田家) ※モンゴル800 カバー曲
MC
「どうせ僕らは」(太田家)
「夏のイカれ野郎」(太田家)
「クソゲーって言うな」(太田家)
「退屈な日々」(『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)
「レモンティー」(『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)※シーナ&ロケッツ カバー曲
「リンダリンダ」(『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)※THE BLUE HEARTS カバー曲
MC
「My First Kiss(はじめてのチュウ)」(『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会) ※Hi-Standard カバー曲
MC
「Full of Lies」(『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)
「Re:スタート」(『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)
「夢の散歩者」(太田家)
「名もなき少年の 名もなき青春」(太田家)
MC
「Tic×Tic=Tac♪」(『ガールズフィスト!!!!』南松本高校パンクロック同好会)
「青春」(太田家) ※THE HIGH-LOWSカバー曲

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着