“驚異の顔面偏差値”を誇る4人組ガ
ールズバンド「たけやま3.5」約10カ
月ぶりのライブ開催!クラウドファン
ディング開始

‟TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA”12月開催

メンバー全員が現役モデルであり、愛媛県松山市出身&在住のガールズバンド。「愛媛から世界へ」をキャッチコピーに愛媛県全体でサポート。県内では10本以上のTVCMにも出演している。冠TV番組や冠ラジオ番組もレギュラーで持ちながら、各メンバーが多方面において全国的に活躍している。また、たけやま3.5の「0.5」はゲストメンバー(通称:テンゴメンバー)を意味しており、初代テンゴメンバーは愛媛県知事が務めている。

その「たけやま3.5」だが新型コロナウイルスの影響で、予定していた自身のリリースツアーや出演予定だったイベント&フェスなどが全てキャンセルになってしまった。そんな暗い世の中で‟愛媛県の一筋の光”になるべく、約1年ぶりの有観客ライブ『TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA』(2020/12/12開催予定)に様々な想いをぶつける。

‟TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA”は、そんな暗く疲れ切った現状に愛媛県から走る一筋の光になればと願って開催を決定。

また、様々な意味でメモリアルなこのイベントをDVDという形に残すことで、コロナウイルスの波が過ぎ去った未来に「あの時は○○だったよね!△△だったよね!」「コロナで大変だったけど、大聖誕祭はいい思い出だよね!」など少しでもポジティブな記憶に書き換えられるようにと願いを込めて制作を決定。

しかし、新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに準じて入場キャパシティを半分以下に制限するなど、イベントを開催するには新型コロナウイルス感染予防対策を十分に施す必要があるため、本来同会場で1公演を行う予算に比べて多額の予算が必要となる。

そんなリアルな背景がある中、幾度となく協議を行った結果、先ほど述べた‟いまイベントを開催する意味・想い”や、‟この状況下でもファンの皆様や地元・愛媛の方々と共に前へ進んでいきたいという強い想い”、‟地元・愛媛へ恩返し(地域貢献)したいという想い” を慮り、「クラウドファンディングを実施して皆で共にこのイベントを成功させよう」という結論に居たり、クラウドファンディングで支援を募集開始した。

資金は‟TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA”開催に伴い必要となる経費(会場費、音響費、照明費、舞台費、運営費、制作費、新型コロナウイルス感染予防対策費など) 、‟TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA”DVD化に伴い必要となる経費(映像費、編集費、プレス費など) 、リターン品の制作費や発送費などに使われる。

クラウドファンディング概要

クラウドファンディング(概要)
実施内容:「TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA」開催,「TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA」 DVD化
目標金額:500万円
期間内達成後追加予定
1000万円「(仮)東西デカ箱ソーシャルディスタンス!! 」(O-EAST(東京), BIG CAT(大阪))
プロモーション:メディア各種(TV, ラジオ …etc), SNS(Twitter, SHOWROOM…etc)

【クラウドファウンディング ページ】
https://camp-fire.jp/projects/view/335755
「たけやま3.5」

「たけやま3.5」

イベント概要

イベントタイトル:TAKEYAMA大聖誕祭EXTRA
イベント形式:ライブイベント
出演:たけやま3.5
開催日: 2020年12月12(土) OPEN17:00/START18:00
会場: 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール (通常キャパシティ約1000人→動員予定 約450人)
イベント内容:・ライブ(有観客:約450人) ・同時生配信(YouTube)
・PREMIUMオフ会開催(12/13 WstudioREDにて) ・ライブ映像DVD化
リターン商品

リターン商品

「たけやま3.5」

「たけやま3.5」

「たけやま3.5」

「たけやま3.5」

「たけやま3.5」

「たけやま3.5」

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

新着