SCANDAL、1年ぶりとなる有観客ワンマンライブの開催が決定!

SCANDAL、1年ぶりとなる有観客ワンマンライブの開催が決定!

SCANDAL、1年ぶりとなる有観客ワンマ
ンライブの開催が決定!

NAKED,INC.との初コラボ

SCANDALが、12月24日(木)のクリスマスイブに有観客ワンマンライブを開催することが決定。
2020年は本来、国内およびアジア、ヨーロッパ、北米を回るワールドツアーを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止延期となったため、有観客によるワンマンライブは1年ぶりの開催となる。
今回のライブは、クリエイティブカンパニー NAKED, INC. との初コラボレーションでプロジェクションマッピングなどとの融合によるスペシャルな公演となっている。
「SCANDAL『SEASONS』collaborated with NAKED」と題し、四季をテーマにしたセットリストを予定しており、四季折々の映像によって外出自粛のため味わうことができなかったこの1年の春夏秋冬をとり戻してもらうといったコンセプトのもとお届けする。
会場でしか味わうことのできないライブ×アート空間を体験できる貴重な一夜をお見逃しなく。
チケットなどの詳細は、SCANDALオフィシャルサイトをチェックして頂きたい。
【歌詞コラム】SCANDAL「SPICE」は自分らしさに悩む人へのスパイシーなメッセージが詰まった一曲
https://utaten.com/specialArticle/index/5603
<NAKED, INC.プロフィール>
1997年に村松亮太郎がディレクターやデザイナー、ライターとともに設立したクリエイティブカンパニー。
“Core Creative” “Total Creation” “Borderless Creativity”を理念に、映画やテレビ、MV、広告、空間演出、地方創生、教育プログラムなどジャンルを超えて手がけてきた。
近年では3Dプロジェクションマッピングを用いたショーや「FLOWERS BY NAKED」「TOKYO ART CITY BY NAKED」に代表されるテクノロジーとリアルを融合したイマーシブ(没入型)イベントを数多く展開。
2017年には食×アートの体験型レストラン「TREE by NAKED yoyogi park」を東京にオープン。
アート、エンターテインメント、カルチャー、伝統、教育、音楽、都市、食、スポーツなど、LIFE(生活)のあらゆるSCENE(シーン)において新たな体験や価値を生み出している。
2019年の代表作は上海で開催した「OCEAN BY NAKED」や、大阪「泉の広場」の新モニュメント『Water Tree』、東京タワーやマクセルアクアパーク品川での季節演出など。
2020年初春には、5周年を迎えた花の体感型アート展『FLOWERS BY NAKED 2020 −桜−』を発表。
▷NAKED, INC. HP
▷Official Instagram @naked_inc
▷Official Facebook @NAKEDINC.official
▷Official Twitter
▷Official YouTube
「SCANDAL」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/4533
ライブ情報
●SCANDAL『SEASONS』collaborated with NAKED
日程:2020年12月24日(木)
時間:開場18:00 / 開演 19:00
会場:豊洲PIT
チケット料金:¥7,000(税込)※グッズ付きチケット
※お1人様2枚まで購入可能
※全席指定
※4才以上チケット必要
チケットなどの詳細はSCANDALオフィシャルサイトまで

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着