ブルーグラスとロックを
クロスオーバーする
偉大なアーティストたちによる
ユニットアルバム
『ミュールスキナー』

他の参加メンバー

本作に参加したクラレンス以外のメンバーも才能豊かなアーティストたちばかりである。ヴォーカルとギターのピーター・ローワンは、ビル・モンローのブルーグラス・ボーイズ出身で、モンローに似たハイロンサムヴォーカルを信条とするアーティストだが、アース・オペラやシー・トレインといったロックグループでの活動をはじめ、レゲエやテックス・メックスなどに傾倒したソロアルバムも数多くリリースしている才人である。1977年にはローリング・ココナッツ・レビューの一員としてジョン・セバスチャンやエリック・アンダーソンらと共に初来日も果たしている。

フィドルのリチャード・グリーンとバンジョー及びペダルスティールのビル・キースも、ローワンと同様ブルーグラス・ボーイズ出身で、グリーンはクラシックのバイオリニストからフィドル奏者への転身であり、ローワンとはシー・トレインでも一緒であった。キースはスクラッグス奏法だけでなく、クロマティック奏法と呼ばれるバンジョーの革命的な奏法を生み出し、キース・チューナーを考案したことでも知られる。彼らもまた多くのセッション活動をこなす傍ら、いくつかのソロアルバムをリリースしている。

マンドリンのデビッド・グリスマンはローワンとアース・オペラに参加し、2枚のアルバムをリリースしている。グループ解散後はジェリー・ガルシア、ピーター・ローワン、ジョン・カーンらとともにオルタナティブ・ブルーグラス・グループのオールド・アンド・イン・ザ・ウェイを結成、73年にボーディングハウスでの公演を収録したライブ盤の傑作『Old & In The Way』(’75)をリリースしている。グリスマンはモンロータイプのマンドリン奏者として世に出たが、ブルーグラスとジプシージャズなどを融合させたドウグ音楽を生み出すなどのほか、ガルシアとも多数の音源をリリースしている。

本作『ミュールスキナー』について

そもそも本セッションは、ビル・モンローが出演する予定だったテレビ番組のオープニングアクトとして企画されたものである。当日は数曲を演奏するだけのはずであったが、モンローとブルーグラス・ボーイズの乗ったツアーバスがスタジオに向かう途中で故障したため、急遽彼らがその穴を埋めることになった。この時の演奏は後になって『ミュールスキナー・ライブ』(’98)としてビデオ、DVD、CDがリリースされている。収録曲は13曲で、1曲のみマリア・マルダーがヴォーカルで参加している。メンバーのコーディネートはグリーンによるもの。

そのテレビ番組での演奏が素晴らしかったため、ワーナーブラザーズからスタジオ収録の依頼があり、制作されたのが本作『ミュールスキナー』である。テレビ収録時の曲とは2曲(「Dark Hollow」「Opus 57 in G Minor」)しかダブっていない。プロデュースはグリーンと名プロデューサーのジョー・ボイドが担当している。

収録曲は全部で11曲、LP時代のサイドAにあたる前半6曲のうち5曲はビル・モンローに敬意を表し、モンローの十八番が収められている。「ミュールスキナー・ブルース」「ブルー・アンド・ロンサム」の2曲は、ブルーグラスロック的な仕上がりで、クラレンスはどちらもB-ベンダーを使用している。「ブルー・アンド・ロンサム」はクラレンスがリードヴォーカル、キースはペダルスティールを弾いており、グリスマンのマンドリンはモンロータイプの泥臭いプレイを聴かせる。「Footprints In The Snow」「Dark Hollow」「Whitehouse Blues」はブルーグラス・ボーイズを彷彿させる演奏で、クラレンスのシンコペーション効きまくりのギターソロをはじめ、ドライブのかかったグリーンのフィドルとセンスの良いキースのバンジョーなど名演揃い。
「オパス57・イン・Gマイナー」はグリスマン作のインストで、何度も再演されている彼の代表曲のひとつ。「ランウェイズ・オブ・ザ・ムーン」はカントリーロックで、シー・トレイン時代に書かれたローワン作品。「ロアノーク」「ソルジャーズ・ジョイ」の2曲はブルーグラスではお馴染みのインスト曲。バンジョーをオーバーダブするなど、細かい部分まで手抜きのないのがミソである。「レイン・アンド・スノウ」はトラッド曲にもかかわらず、ローワンのアレンジによって彼の自作曲のような仕上がりである。グリーンのブルージーなフィドルソロが絶品だ。ローワン作の「ブルー・ミュール」は名曲で、かつ各プレーヤーの名演が味わえる。この曲がアルバムのハイライトであり、全員のドライブのかかりまくったプレイには脱帽だ。

本作リリース前にクラレンスが亡くなっているので、このアルバムは彼に捧げられている。なお、彼が亡くなる1カ月前には初のソロアルバムのレコーディングがスタートしており、6曲の録音が終了していたが残念ながらアルバムがリリースされることはなかった。うち4曲は後にリリースされたコンピレーション盤『Silver Meteor:A Progressive Country Anthology』(’80)に収録されている。

TEXT:河崎直人

アルバム『Muleskinner』1974年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. ミュール・スキナー・ブルース/Muleskinner Blues
    • 2. ブルー・アンド・ロンサム/Blue And Lonesome
    • 3. フットプリンツ・イン・ザ・スノウ/Footprints In The Snow
    • 4. ダーク・ホロウ/Dark Hollow
    • 5. ホワイトハウス・ブルース/Whitehouse Blues
    • 6. オーパス 57 イン G マイナ/Opus 57 in G Minor
    • 7. ランナウェイズ・オブ・ザ・ムーン/Runways Of The Moon
    • 8. ロアノーク/Roanoke
    • 9. レイン・アンド・スノウ/Rain and Snow
    • 10. ソルジャーズ・ジョイ/Soldier's Joy
    • 11. ブルー・ミュール/Blue Mule
『Muleskinner』(’74)/Muleskinner

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着