スタッフ、ビジュアル、特報など一挙発表

スタッフ、ビジュアル、特報など一挙発表

「劇場版 ソードアート・オンライン
 プログレッシブ」21年公開 ビジュ
アル&特報完成

スタッフ、ビジュアル、特報など一挙発表(c)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project アニメ「ソードアート・オンライン」(SAO)シリーズの新作「ソードアート・オンライン プログレッシブ」が、「劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリア」として劇場アニメ化され、2021年に公開されることが決定した。河野亜矢子が監督を務め、過去作から引き続きA-1 Picturesがアニメーション制作、梶浦由記が音楽を担当。第1弾キービジュアルと特報が披露されている。
 川原礫氏の人気小説をアニメ化した「ソードアート・オンライン」シリーズは、主人公キリト、ヒロインのアスナらが仮想世界を舞台に繰り広げる戦い、葛藤や成長をつづる。テレビアニメ第1期が12年、第2期が14年に放送され、14年から20年にかけて全4クールの「アリシゼーション編」が展開。17年には「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」が公開された。
特報映像の一場面(c)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project 今作「ソードアート・オンライン プログレッシブ」は、川原氏がリブートシリーズとして描いた小説を原作に、アインクラッドでのデスゲームをクリアするまでの軌跡、キリトが黒の剣士となった経緯、アインクラッド編では描かれなかったエピソードが明かされる。スタッフは、河野監督、アニメーション制作のA-1 Pictures、音楽の梶浦のほか、キャラクターデザインを戸谷賢都、アクションディレクターを甲斐泰之が担当。 キャストは松岡禎丞戸松遥が続投することが決まっている。
 キービジュアルは、月が輝く夜空をバックにキリトとアスナが配され、2人のそばには「閃光と黒の剣士の出会いの物語」という文字がきざまれている。特報は、キリトが「SAOは普通のゲームじゃない。命がかかっている」とSAOの“真実”を伝える声が響き、厳しい現実に直面したアスナが「もう生き方なんて選べない」「でも死に方くらいなら選べる。私が私でいるために」と覚悟を決める姿などが映し出される。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着