ルーカス・グラハム、ウィズ・カリフ
ァを迎えた新曲「ホエア・アイム・フ
ロム」をリリース

ルーカス・グラハムがウィズ・カリファを迎えた新曲「Where I’ m From」をリリースした。今年8月にGイージーを迎えた「シェア・ザット・ラブ」以来のコラボレーション楽曲となる。
「ホエア・アイム・フロム」はドキュメンタリー映画『セブン・イヤーズ・オブ・ルーカス・グラハム』のために制作された楽曲であり、映画はこのリリースに合わせて母国デンマークでプレミア公開された。2021年には全世界公開を予定しているという。ルネ・サッシャ・ヨハンセンがディレクターを務め、バンドのリード・シンガーであるルーカス・フォルクハマーの激動の7年を追った内容になっており、名声と成功の世界に足を踏みいれた少年が大人へ成長し、世間から注目される中でいまだに自分の立場を見出すのにもがいている様子が描かれている。人生の多くの選択肢の中で、自分の居場所を探すというかなりパーソナルな物語となっているとのこと。
新曲についてルーカスは「目指す場所を見失わずに自分のルーツを思い出すことについて歌った曲。幸せになるために成長は必要な成分で、成長にはいろんな形があって、その多くはパーソナルなものだ。僕はもう長いこと旅をしてきたけれど、自分の育った家からほんの数ブロックのところにいまだに住んでいるんだ。僕の言いたいことは、長い年月をかけて成長したり移ったりできるけど、まだ元いた場所と変わらないってこと。結局は物の見方や心構えだったりするんだ。悪いことを良いことにするには、この二つを変えるしかないんだ。自分の物の見方や心構え方をね。その心構えで、僕たちの故郷からはるばるDJマスタードやウィズ・カリファみたいなレジェンドと一緒に仕事ができたんだ。彼らと楽曲を作れてとても興奮しているし、実現できてとても誇りに思っているよ。」とコメントしている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着