Creepy Nuts、初の日本武道館公演2D
AYS完走 ファンクラブ開設、準ワン
マンライブ、2021年自身最大規模の全
国ツアーを発表 「情熱大陸」に登場

Creepy Nutsが、2020年11月11日(水)・12日(木)に、『Creepy Nuts One Man Live「かつて天才だった俺たちへ」日本武道館公演』を開催した。彼らにとって初めての日本武道館での開催であり、2日間で約10,000人が集結した。
冒頭、客席エリアの中央に設けられたステージから突然二人が現れ、「スポットライト」で初となる武道館公演はスタートする。さらに、8月にリリースされたアルバム『かつて天才だった俺たちへ』より、菅田将暉とのコラボレートで話題となった「サントラ」、アルバム収録曲「ヘルレイザー」、「耳無し芳一Style」などを惜しみなく披露。
Photo by @kouhey0622 
Photo by @kouhey0622
その後も、ファンから人気の高い曲「よふかしのうた」、「助演男優賞」や「合法的トビ方ノススメ」などインディーズ時代の楽曲も多数披露。さらに一発撮りのパフォーマンスを配信するYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露され話題となった「生業」など、今のCreepy Nutsが網羅された幅広いセットリストで構成された。

Photo by @umihayato
Photo by @umihayato
Photo by @umihayato
ライブ中、R-指定はMCにて「日本武道館こんなに気持ちいいものなんですね…、自分の書いた歌詞、松永の作った音で、ここまでこんな大きなステージで大勢の人たちに見せるなんて中々できなかった」とオーディエンスに感謝の気持ちを伝えた。そして、本編最後は、最新曲の帝京平成大学CMソング「かつて天才だった俺たちへ」で締めくくった。

アンコールでは事前に会場に設置されたお題投稿箱でフリースタイルのお題を募り、ステージからそのお題を全部入れたフリースタイルをやるという、R-指定の得意技でもある聖徳太子フリースタイルを披露。この日もお題をすべて見事にクリアし、オーディエンスの心をしっかり揺さぶった。
その余韻に浸る間も無く、客席のエリアの中央に設けられたステージがせり上がり、DJ松永がその高台で「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP FINALS 2019」でも見せつけた世界一のルーティーンの腕前を披露し、凄まじい手捌きにオーディエンスも熱狂した。その熱狂のまま、スマホ向け大規模対戦ゲーム『A.I.M.$ -All you need Is Money-』(エイムズオールユーニードイズマネー)キャラクターのテーマソングとして起用され、ライブでのパフォーマンスが初となる新曲「Bad Orangez」を披露。初の武道館の舞台で新旧織り交ぜた充実の全23曲を披露し、初となる日本武道館公演の幕を閉じた。
Photo by @orz_____rio
Photo by @orz_____rio
Photo by @orz_____rio
この日の終演後にはCreepy Nuts初のオフィシャルファンクラブ「CLUB Creepy Nuts」の開設を発表、ファンにとって念願となる嬉しいサプライズとなった。さらに12月19日(土)に『Creepy Nuts 準ワンマンライブ「延長戦」at LINE CUBE SHIBUYA』の開催、2021年1月か3月にかけて行われる全国ツアー『Creepy Nuts One Man Tour 「かつて天才だった俺たちへ」』の開催を発表した。共にCLUB Creepy Nutsの入会者を対象とした先行予約受付が行われる。
そして11月15日(日)は、人気ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に登場する。制作現場や実家での様子など貴重な姿を見ることができるので、是非こちらもチェックしよう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着