ADDICTION

ADDICTION

【INTERVIEW:ADDICTION】
たくさんの挫折を経験してこそ
伝えられる思い

動画配信サービス「GYAO」、ストリーミングサービス「AWA」のフォローアップのもと、日本工学院専門学校の学生がアーティストインタビューを行う、ネクストブレイクアーティストをプッシュするコラボレーション企画『G-NEXT』。
ADDICTION
ADDICTION
ADDICTION:MYUJI
ADDICTION:MYUJI
ADDICTION:K.B
ADDICTION:K.B
ADDICTION:ASCH
ADDICTION:ASCH
ADDICTION:JOSHUA
ADDICTION:JOSHUA
ADDICTION:PEACE
ADDICTION:PEACE
ADDICTION × 日本工学院専門学校 蒲田校 コンサート・イベント科 学生
ADDICTION × 日本工学院専門学校 蒲田校 コンサート・イベント科 学生
ADDICTION
シングル「DEAD DROP / Just One More Time」【初回限定盤A】
シングル「DEAD DROP / Just One More Time」【初回限定盤B】
シングル「DEAD DROP / Just One More Time」【初回限定盤C】
シングル「DEAD DROP / Just One More Time」【通常盤】
今回の選出アーティストは、11月18日にメジャー 3rd シングル「DEAD DROP / Just One More」をリリースしたADDICTION。TikTokのフォロワーが74万人を超え、海外にも活躍の場を広げる間違いなしのダンス&ボーカルグループ。息の合ったシンクロダンスで魅せる唯一無二のパフォーマンス。彼らが生み出す音楽的スタイルとは?メンバーそれぞれの想いを訊いた。

アピールポイントは、
シンクロダンスで勝負したい

ーーメジャーデビュー1周年となりますが、何か変化したことはありますか?

MYUJI:レコーディングをするスタジオがちょっと広くなりました(笑)。物理的に変わったことはあるけど、気持ち的にはメジャーデビューしたからといって変わったところは全然なくて、音源に対してのこだわりとか、歌詞とかラップを書いていくにつれて、今まで以上に皆さんにいろんな思いを伝えたいという気持ちが強くなりました。

PEACE:僕は途中からの加入なんですけど、メジャーデビューという肩書があるので責任感とか見せ方的とかの意識が変わりました。あと、周りの人が少し優しくなりましたね(笑)。

ASCH: MYUJI君も言ったけど、レコーディングのブースが前と変わって大きくなったりして、音楽に対するこだわりがもっと強くなりましたね。

JOSHUA:僕が感じたのは、ライブをする範囲が細かくなったというか、大きく日本のいろんなところに行けるようになったこと。あと今までライブハウスとかがメインで多かったけど、大きいステージでやらせて頂く機会が増えたというところですね。

K.B:ネットで歌詞を検索したら出てくるようになったことがすごい変わったというか、デビュー前は調べても出てこなかったから。今は曲名とADDICTIONで検索したら歌詞が出てくるのがなんかちょっと嬉しいし、ありがたいなと思いました。
ADDICTION:MYUJI

ADDICTION:MYUJI

ーー歌にももちろんですが、特にダンスには力を入れてると思いますが、振り入れをするときに大事にしていることはありますか?

MYUJI、PEACE、ASCH、JOSHUA:先生!!(笑)

K.B:はい(笑)。僕らの特色というかアピールポイントとしては、シンクロダンスで勝負したいというのがあったので、振り入れの時には自分の個性よりチームで1つのものを作るということを一番に心掛けています。毎回練習の時に繰り返し同じ曲を踊って、お互い見合って、“ここはもっとこうだね”とか“じゃあこうしようか”みたいな感じで話し合いながら日々練習しています。振り入れの時は、基本2~4時間ぐらいで一気に曲をやって、みんなてんてこ舞いです(笑)。次に振付師の方が来てくれる時までに覚えてくるって感じですね。一回寝ないとみんなフリーズしちゃうので(笑)。

ーー(笑)。次に今作「DEAD DROP」についてお聞きしたいのですが、ツアーのタイトルにもなっているタイトル曲は、どのようなテーマで制作されたのでしょうか?

K.B:前回の2ndシングルが「005」という曲で、スパイの世界観をイメージして作ったものなんです。で、「005」の世界観をそのツアーのタイトルにしようと決まって、その流れで作ったのが「DEAD DROP」。ということで、続きではないんだけど、ちょっとつながったテーマ性にしています。

ーーそうなんですね。作詞はK.Bさん、ラップのリリックはMYUJIさんが作られていますが、今お聞きした流れをどうやって形にしていったのですか?

MYUJI:「DEAD DROP」は、楽曲自体はノリノリでかっこいいダンスチューンだったのでリズムに注意しましたね。あとK.Bの作詞がすごい良い感じで、前作の「005」のMVの中で一人ずつテーマというかアイテムがあったんですけど、僕は銃を持っているとか、それを歌詞の中にうまく取り込んでて、素晴らしい歌詞だなと思いました。なので、それに合わせて「005」という言葉や前回からつながるようなワードをチョイスして入れたのがこだわりです。

K.B:スパイの手法の一つで、秘密のものを受け渡す場所を指定してそれを取りに行く、そのことを「DEAD DROP」と言うんです。その場所を僕らのライブでイメージして、大切にする場所、そこに“パフォーマンスとか音楽で色んな想いや楽しさを用意してるよ”って気持ちを込めて、僕らがスパイになった感覚で表現しました。
ADDICTION :K.B

ADDICTION :K.B

ーー振付の注目ポイントはありますか?

ASCH:あります、注目ポイント!“Hey”ってやった後にしゃがんで下からいくんですけど、この時に誰が一番低いか!

全員:(笑)。

PEACE:それで足を痛めてました(笑)。歌詞だと《Let’s drop and trip》が繰り返されるところで3回あるんだけど、一瞬画面から居なくなる(笑)。

ASCH:誰が一番低くいけるかとか、勝負しているので(笑)。そこに注目してほしいですね。

ーーカップリング曲の「Just One More Time」は、大人っぽいバラードの曲に感じました。どのようなテーマで制作されたのですか?

MYUJI:プロデュースは僕がしました。曲調はメローで歌詞とラップを書いて、ダンスの振り付けは激しめ、細かくリズムをとっていて新鮮な感じになっていると思います。「Just One More Time」はもう一回という意味ですけど、コロナの自粛期間などで不安を抱えてしまって、支えてくれている人がいることを忘れたり、気づけなかったりすることがあると思うんです。そういうことを思い出すきっかけになってほしいし、もう一度頑張ろうと勇気を持ってもらえたらいいなというメッセージを込めています。実際、自分たちもライブが出来なくて不安を抱えた時に、それでもファンの方が応援してくれていたり、スタッフの方々が活動を支えてくれていることに、“僕たち自身も頑張っていかないと”と力をもらえたので。
ADDICTION:ASCH

ADDICTION:ASCH

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着