中村美律子が284日ぶりコンサート開
催「こんなうれしいことはありません

最新シングル「鬼の背中」が好調の中村美律子が11月21日、東京・新宿区の新宿文化センター 大ホールで<中村美律子コンサート2020~#唄う~>と銘打ったコンサートを開いた。

営業を除く一般向けのコンサートは、2月11日の群馬・太田市での公演以来、284日ぶり。同会場でのコンサートは、当初、10月12日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一度、中止にし、今回、改めて感染対策を万全にしてソーシャルディスタンスを保って開催することになったもの。

開演前、「コロナで営業やコンサートが立て続けに中止・延期となり、一体いつになったらステージで歌が歌えるようになるのかと不安がてんこ盛りでした。その間も私自身が元気でないとあかんと思って、(2年前から週2回のペースで通っている)ジムに3カ月ぐらい前から週3回行き、体を鍛えています。今日は、皆さんに元気を持って帰っていただきたい。今日はどのくらいのお客さんが来てくださるかわかりませんけど、私は一人のお客さんの前でも歌います。そして、コロナを吹き飛ばすくらいの気持ちで歌います」と大張り切り。
1800席の会場に約600人の熱烈なファンが詰めかける中、「今日はちゃんとやれるやろうか、お客さん来てくれはるやろうか、と不安で不安で…。お越しいただいた皆さまに喜んでいただけるように体力をつけて、元気をためてためて、ためてためて、今日はパワー全開でお届けしたいと思います」と笑顔であいさつし、キングレコード移籍第1弾シングル「だんじり」をはじめ、「大阪情話」「長編歌謡浪曲 瞼の母」「酒場ひとり」「島田のブンブン」「壺坂情話」「河内おとこ節」など全15曲を熱唱。
この日の公演は、客席だけではなくステージ上もソーシャルディスタンスを保つため、バンド演奏を取りやめ、カラオケでの歌唱となったが、途中、アコースティックギター2本の伴奏で男性シンガー・ソングライター、瑛人が歌って現在ロングヒット中の「香水」に初チャレンジしたり、来年2月24日発売予定の新曲「あんずの夕陽に染まる街~ニューバージョン~」をひと足早くお披露目するなど最後まで客席を楽しませ、「皆さまのお陰で、今日は無事にコンサートができました。こんなうれしいことはありません」と感激もひとしおだった。
来年は35周年の節目の年を迎えるが、「とにかくコロナが収まってくれないと…。そういう敵がいる間は何が出来るかわかりません。周年らしくやりたいことがいろいろありますが、皆さんにコロナに打ち勝っていただいて、新しい年を元気に迎えていただきたい」と話していた。この後、12月4日と5日の両日、地元・大阪の新歌舞伎座でコンサート。同21日に大阪・新阪急ホテルでクリスマスディナーショーを行う予定。

(提供:サンニュース)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着