「AKB48 e運動会 〜離れて強くなった
もの、は本物。〜」AKB48初の eスポ
ーツイベント開催:チームB圧勝!

冒頭のライブから大盛り上がり

2020年11⽉23⽇(⽉・祝)AKB48メンバー総勢100名が参戦する史上最⼤規模のeスポーツ⼤会『AKB48 e運動会 〜離れて強くなったもの、は本物。〜』を動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」内「SUPERLIVE by OPENREC」(https://superlive.jp/) にて開催された。

AKB48が、チーム A・チーム K・チーム B・チーム4・チーム8と5つのチームに別れてeスポーツで競い合った『AKB48 e 運動会 〜離れて強くなったもの、は本物。〜』。MC は、AKB48最後の1期⽣・峯岸みなみと、NON STYLE(⽯⽥明・井上裕介)さんを迎えて、スタジオから参加するメンバーとオンラインで参加するメンバーを繋ぎ、AKB48 初の e 運動会を行った。

また、競技するeスポーツの対戦ゲームは、8⽉18⽇(⽕)のサービス開始以来ファンのみならず AKB48メンバー内でも⼈気のAKB48公式ゲームアプリ「AKB48のどっぼーん︕ひとりじめ︕」に加え「ぷよぷよeスポーツ」、「⻘⻤オンライン」、「みんなで早押しクイズ」、「荒野⾏動」の5つのゲームで対戦した。

対戦前に⾏われたミニライブでは、チームAによる「⼤声ダイヤモンド」「ずっと ずっと」を⽪切りに、各チーム2曲ずつ披露。

チームA総監督の向井地美⾳は「『みんなで早押しクイズ(みんはや)』で AKB48 クイズが出題されるということで、以前『AKB48 グループ センター試験』で1位をとった私が、絶対に1位の座を勝ち取りたいと思います。」とコメント。また岡部麟は「過去のチームAの成績見ると、悪いんですよね。そういうイメージを払拭したいですね」と語っていた。

「回遊魚のキャパシティ」「彼女になれますか」を披露したチームK。チームKの倉野尾成美は「ゲームは好きなので、チームに貢献できるように、チームKが優勝するように頑張りたいと思います︕」と意気込みを語った。小田えりなは「eスポーツのeはえりなのeなので頑張ります!」と武藤十夢は「チームKのKは勝つのKです!」と語っていた。

「オネストマン」「遠距離ポスター」を披露したチームB。柏⽊由紀は「『みんはや』で、私がこんなに⻑くいる理由を⾒せつけなきゃなと思うので、1位を⽬指して頑張りたいと思います︕」とコメント。

「考える人」「ハートの脱出ゲーム」を披露したチーム4。「11月のアンクレット」「制服の羽根」を披露したチーム8。坂口渚沙は「エンジンブンブンかかって全開なので頑張ります!」、鈴木優香は「可愛さ全会、ゲームは全力で頑張りたいです!」、藤園麗は「フレッシュさ全開で頑張ります!」、立仙愛理は「普段からゲーム配信しています。OPENRECで実況するのが夢なので、爪痕を残したいです!」と意気込みを語っていた。

コロナ禍の中、久しぶりの全メンバー参加イベントとあって、各チームともに気合⼗分。オープニングからスタジオは熱気に包まれた。

MC の峯岸は、今回のe運動会のサブタイトル『〜離れて強くなったもの、は本物。〜』について「直接会えなくなっても、私たちは仲間でいれること。たとえ離れていても、⼀緒に⼒を合わせ闘っていれること。新しい挑戦を通じて、今年きっと強くなった私たち⾃⾝を、仲間との絆を試したい。そして、AKB48は進化し続けているのだということを、もっと世の中に⽰したい。e 運動会に挑むAKB48 のそんな意気込みが、このサブタイトルには込められています︕」と説明し、いよいよ e運動会がスタートした。
チームA  (C) AKB48

チームA  (C) AKB48

チームK倉野尾成美  (C) AKB48

チームK倉野尾成美  (C) AKB48

チームB  (C) AKB48

チームB  (C) AKB48

チーム4  (C) AKB48

チーム4  (C) AKB48

「ぷよぷよ」で最初から圧巻のチームB

最初の対戦は「ぷよぷよ e スポーツ」。スタジオメンバー2名参加のトーナメント形式で⾏われた。パズルゲームのぷよぷよだが、過去に経験メンバーも多くかなり盛り上がりを⾒せた。

決勝戦はチームK対チームB。1ゲーム目では「絶対に勝ちたいと思います!」と意気込んでいた小田えりなと込山榛香のチームKが勝利し、番狂わせを見せるかと思いきや、チームB⼤家志津⾹が怒涛の連鎖を⾒せ、2勝1敗で⼤家・岩⽴沙穂コンビが1位に。「ぷよぷよ e スポーツ」を制したのは、チームBとなった。圧巻の強さを見せた大家は「売れてない時にずっとゲームしていたのですが、こんなところで発揮できるとは」とコメントしていた。

「青鬼オンライン」ではチームB佐藤朱のプレイにノンスタイルからも「凄い!素晴らしかったです」と絶賛。佐藤朱は「嬉しいです!この勢いを繋げていきたいです。特訓しました。チームBの皆さんが応援してくれました」とにっこり。チームBの服部有菜は「嬉しいです!手汗が止まらなかったですが、大家さんの声援で頑張れました!」と語っていた。

「AKB48のどっぼーん︕ひとりじめ︕」ではチームK vs チーム8の対決では倉野尾成美が「私はチーム8ととも兼任しているので複雑です」と語り、下尾みうが「ここまでエイトは負け続けているので、これから頑張りたいです!」というシーンも見られた。
チームB⼤家志津⾹、岩⽴沙穂 (C) AKB48

チームB⼤家志津⾹、岩⽴沙穂 (C) AKB48

チームK 小田えりなと込山榛香  (C) AKB48

チームK 小田えりなと込山榛香  (C) AKB48

柏木由紀「後輩、みんな見て!」

「みんなで早押しクイズ」では、スタジオメンバーから1名、リモートメンバーから5名が参加し、総勢 30 名で早押しクイズに挑戦した。

今回のために⽤意されたAKB48にまつわるクイズが出題され、メンバーでも答えられないような難しい問題に、向井地や柏⽊が頭を抱える姿も。柏木由紀のYouTubeチャンネルからの問題にメンバーの不正解が続出すると柏木も「後輩、みんな見て!」と笑いながら訴えていた。

「みんなで早押しクイズ」前半戦を制したのはチーム4村⼭彩希、後半戦を制したのはチームK 武藤⼗夢となった。「『離れていても』のMVで下尾みうが手に持っていた野菜は?」に回答者で出ていた下尾みう本人が間違うというハプニングも見られた。

チームBの奥原妃奈⼦が⾒事1位を獲得

最後の対戦は拳銃などを武器にしたサバイバルバトルゲーム「荒野⾏動」をプレイヤーのメンバー全員が参加し、最後の⼀⼈になるまで対戦を⾏った。ゲーム開始前には小田えりなが「チームKのKは荒野行動のK!」と意気込みを語り、同じチームKでMCの峯岸は「初めて聞いたよ」と切り返しを見せていた。またポイントゼロだったチーム8の立仙愛理からの懇願で最後に勝ったチームには300点が付与されることに決定。

チームごとに戦略を⽴てて挑み、チームBの奥原妃奈⼦が⾒事1位を獲得。スタジオに来ていた"へんしゅう長"も「ダントツで一番上手でした」と奥原を大絶賛。

約3時間半に渡る熱戦の結果、⾒事勝利を獲得したのは⼤家や奥原の活躍が勝因となったチームB。チームBは530点で圧勝し、優勝賞品としてトロフィーとゲームに最適なタブレット端末、(ソーシャルディスタンスを保ちながら)チームで楽しめるお⾷事券がプレゼントされた。

優勝した感想を問われると⼤家は「(ゲームは)不得意だと思っていたけど、意外に得意なんだ︕と思いました。(アイドルなのでゲーム中も)顔を作らなきゃいけないなと学びました」と話すと、MCのノンスタイルさんから「そうですよ、チームBのみなさん全員そうですよ︕柏⽊さんも含めてみなさん」と鋭いツッコミ。

さらにイベント終了後のアフタートークでは、優勝したチームBの中から佐藤朱がMVPに選ばれ、11⽉下旬発売予定の『Platina FLASH』(光⽂社発⾏)にソロでグラビア出演すること決定。佐藤朱は「⻘⻤オンライン」で1位を獲得し、ノンスタイルも「凄い!素晴らしかったです」と絶賛していた。

最後に⼤盛真歩が「運も味⽅して優勝することができました。チームBすごく最強だなって思えてうれしかったです︕」と挨拶し、アフタートークを締めくくった。最初から最後までチームBが圧巻の強さを見せつけていた。

AKB48初のeスポーツイベントとなった『AKB48 e 運動会 〜離れて強くなったもの、は本物。〜』はチーム B の勝利で幕を閉じましたが、全チーム、事前に何度も練習して本⽇のイベントに臨み、チームの信頼関係や団結⼒・絆を更に深めたイベントとなった。
チームA 横山由依と向井地美音  (C) AKB48

チームA 横山由依と向井地美音  (C) AKB48

 (C) AKB48

(C) AKB48

イベント概要

イベント名︓ AKB48 e 運動会 〜離れて強くなったもの、は本物。〜
⽇時: 2020 年 11 ⽉ 23 ⽇(⽉・祝)開演︓17 時
配信: 「OPENREC.tv」内「SUPERLIVE by OPENREC」(https://superlive.jp/)
出演メンバー︓ MC︓NON STYLE(⽯⽥明・井上裕介)、AKB48 峯岸みなみ
プレイヤー︓AKB48メンバー99名(内69名はzoomによるオンライン出演)
※オンライン出演の清⽔⿇璃亜(チームB)と岡⽥奈々(チーム4)は⼀部出演予定
※本⽥仁美(I*ZONE専任中)を除く

●スタジオ出演メンバー
AKB48チームA
岡部麟(キャプテン)、⼩栗有以、⽥⼝愛佳、千葉恵⾥、向井地美⾳、横⼭由依
AKB48チームK
込⼭榛⾹(キャプテン)、⼩⽥えりな、倉野尾成美、⻑友彩海、武藤⼗夢、茂⽊忍
AKB48チームB
岩⽴沙穂(キャプテン)、⼤家志津⾹、柏⽊由紀、久保怜⾳、佐々⽊優佳⾥、⾕⼝めぐ
AKB48チーム4
村⼭彩希(キャプテン)、浅井七海、⼤⻄桃⾹、⼤森美優、濱咲友菜、⼭内瑞葵
AKB48チーム8
坂⼝渚沙、下尾みう、鈴⽊優⾹、永野芹佳、藤園麗、⽴仙愛理
●オンライン出演メンバー
AKB48チームA
⼊⼭杏奈、奥本陽菜、加藤玲奈、佐藤美波、篠崎彩奈、鈴⽊くるみ、⻄川怜、前⽥彩
佳、道枝咲、宮崎美穂、⼭根涼⽻、吉⽥華恋、古川夏凪、本⽥そら
AKB48チームK
市川愛美、岡⽥梨奈、⼩林蘭、下⼝ひなな、橋本陽菜、春本ゆき、左伴彩佳、武藤⼩
麟、安⽥叶、湯本亜美、横⼭結⾐、末永祐⽉、永野恵
AKB48チームB
⼤⽵ひとみ、⼤盛真歩、奥原妃奈⼦、川原美咲、北澤早紀、齋藤陽菜、佐藤朱、清⽔⿇
璃亜、⽥北⾹世⼦、中⻄智代梨、服部有菜、福岡聖菜、⼭邊歩夢、吉川七瀬 ※清⽔⿇
璃亜は⼀部出演予定
AKB48チーム4
稲垣⾹織、岡⽥奈々、⾏天優莉奈、⿊須遥⾹、佐藤妃星、髙橋彩⾳、多⽥京加、達家真
姫宝、⾺嘉伶、宮⾥莉羅、本間⿇⾐、⽯綿星南、蔵本美結、吉橋柚花 ※岡⽥奈々は⼀
部出演予定
AKB48チーム8
上⾒天乃、歌⽥初夏、尾上美⽉、蒲池志奈、坂川陽⾹、髙橋彩⾹、⾼岡薫、徳永羚海、
⻑⾕川百々花、平野ひかる、福留光帆、松村美紅、御供茉⽩、⼭⽥杏華
対戦結果
1位︓チーム B(530点)
2位︓チーム K(140点)
3位︓チーム A(80点)
4位︓チーム 4(20点)
5位︓チーム8(0点)

セットリスト

11⽉23⽇(⽉・祝)AKB48 e 運動会 ミニライブ セットリスト
No. タイトル メンバー
overture ―
1 ⼤声ダイヤモンド ★チーム A
2 ずっと ずっと 岡部麟、⼩栗有以、⽥⼝愛佳、千葉恵⾥、向井地美⾳、横⼭由依
3 回遊⿂のキャパシティ ★チーム K
4 彼⼥になれますか︖ 込⼭榛⾹、⼩⽥えりな、倉野尾成美、⻑友彩海、武藤⼗夢、茂⽊忍
5 オネストマン ★チーム B
6 遠距離ポスター 岩⽴沙穂、⼤家志津⾹、柏⽊由紀、久保怜⾳、佐々⽊優佳⾥、⾕⼝めぐ
7 考える⼈ ★チーム 4
8 ハートの脱出ゲーム 村⼭彩希、浅井七海、⼤⻄桃⾹、⼤森美優、濱咲友菜、⼭内瑞葵
9 11⽉のアンクレット ★チーム 8
10 制服の⽻根 坂⼝渚沙、下尾みう、鈴⽊優⾹、永野芹佳、藤園麗、⽴仙愛理
ノンスタイルと峯岸みなみ  (C) AKB48

ノンスタイルと峯岸みなみ  (C) AKB48

優勝したチームBメンバー (C) AKB48

優勝したチームBメンバー (C) AKB48

チームA小栗有以と千葉恵理  (C) AKB48

チームA小栗有以と千葉恵理  (C) AKB48

アーティスト

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着