「チームでやりたいことがたくさんあ
る」最年少ディレクターISSEIが描く
夢とは。【第一生命 D.LEAGUE Inter
view – ISSEI】

世界にその名を轟かすB-Boy ISSEI。「FOUND NATION」「九州男児新鮮組」「K.A.K.B.」などの有名ブレイキンチームから、彼が実力派メンバーを集めてつくったチームがKOSÉ 8ROCKSだ。優勝することはもちろん、それ以上にこのチームでやりたいことがたくさんあるのだという。第一生命 D.LEAGUE最年少ディレクターは、KOSÉ 8ROCKSでどんな夢を描くのか。
― ダンスとの出会いはいつでしたか?
6歳の冬だったと思います。当時、幼稚園で仲が良かった友だちがみんな同じダンススクールに通っていて、「ISSEIも一緒に始めようよ」とイベントに誘ってくれたのがきっかけです。メンバーのRyo-spinは幼稚園からの友だちのひとりなんですよ。そのイベントで「九州男児新鮮組」のショーケースを見て衝撃を受けました。頭で回っている人なんて、人生で初めて見ましたから。そこからダンスにのめり込んでいきましたね。ダンススクールの方が学校よりも友だちがたくさんいて、自然と足を運ぶようになりました。
― 影響を受けたダンサーは?
近くにいる友だち、スクールの先生、Michael Jackson。たくさんいます!どちらかといえば、メンバーなど身近な人たちに影響されることが多いです。Michael Jacksonは昔からすごく好きで、初めて見たとき「こんな大勢の中で歌ったり踊ったりできる人がいるんだ…!」と感動しました。ダンサーはキャラクターがすごく大事だと思っています。イベントやバトルで結果を残す以上に、いちばん目立っていた人が勝ちなんです。見た人の記憶に残るような、目立つダンサーになりたいという強い想いがあります。
― D リーガーになって意識や環境の変化はありましたか?
僕は今回、ディレクター兼ダンサーで参加させてもらっています。ディレクターという言葉にはすごく重みがあって、気持ちが引き締まりました。ディレクターはチームの代表ですし、KOSÉ 8ROCKSはB-Boy、B-Girlの代表でもあります。代表としての役目を、自信を持って果たせるように、気持ちも技術もしっかりしなければと思います。そして、プロダンサーとしてできないことがないようにしたいです。メンバーにも「できないっす!」と言われたら、「大丈夫!プロだからできる!」と言うようにしています。みんなでプロ意識を高め合って、切磋琢磨していきたいです。
― D.LEAGUEのシーズンが始まって個人的に注目してほしい所はありますか?
チームとしては、ブレイキンの魅力を最大限に魅せたいと思っています。個人としては、これまでと違った僕をぜひ見てほしいです。ショーケースをつくるときは毎回違ったテーマを掲げ、同じことはせずに、踊り方もカラーもガラッと変えています。そういった細かい部分にも注目していただけたらなと思っています。そして、ブレイキンのことも、KOSÉ 8ROCKSのことも、僕のことも好きになってほしいですね。人気がほしいです!(笑)
― D.LEAGUEの開幕に対しての意気込みはありますか?
ブレイキンのクルーはショーケースが苦手だと言われてしまうときがありますが、その考えを取っ払うほどのいいショーケースをつくりたいです。いい作品をつくって、もちろん優勝を目指しつつ、KOSÉ 8ROCKSでツアーをやりたいです。このチームでやりたいことはたくさんあります。ツアーもそうですし、チームの劇場なんて持てたら最高ですね!それくらい人気のあるチームにしたいです。D.LEAGUEがそのきっかけになったらいいなと思っています。
― 今後、どんなダンサーになっていきたいですか?
今後はKOSÉ 8ROCKSのディレクター兼ダンサーとしてチームの存在を大きくしたいと思っています。いままでは個人としてバトルで勝って、世界で有名になりたいと思っていました。しかし今回、D.LEAGUEというチャンスをいただき、KOSÉ 8ROCKSができて、個人で思い描いてきたもの以上に様々な夢が膨らむようになりました。可能性も大きく広がったと思っています。このチームを軸として、たくさんのことに挑戦し、有名になっていきたいです。
― 好きな場所やパワースポットは?最近のマイブームは?
メンバーがいる場所が僕のパワースポットです。メンバーがいるならどんな場所でも気分が上がります。最近はコロナでみんなに会えなかったこともあり、人と会うことって素敵なことだなと改めて実感するようになりました。また、最近はサウナにハマっています。ダンスのことから趣味のラップ、私生活のことなど、何か考えごとをするときによく行きます。最初は苦手だったんですが、友だちに勧められてサウナと水風呂に交互に入ったとき、初めて「整う」という感覚が理解できました。
― みなさんへのメッセージ
皆さんも、楽しむこと、仲間を見つけることを大切にしてほしいなと思います。楽しいと思えることは、自分にとってそれが何よりの正解です。仕事も趣味も、楽しいと思うから続けられ、その分成長することができます。色んなことを知って、興味を持って、たくさんのものの見方ができるようになります。楽しいと思うことは、日々の生活を豊かにしてくれるんです。また、楽しむためには仲間を見つけることも重要です。僕自身も仲間がいるから、今もダンスを続けてられています。一緒に学び合える仲間と、たくさんのことを楽しんでください。
<ダンサープロフィール>
ISSEI
2012年には世界大会のうちの一つである「R16 KOREA」のソロ部門優勝。その後2013年・2014年と3年連続で優勝を勝ち取る快挙を成し遂げる。
その後もISSEIの快進撃は続き、2016年にはチームメイトのWINGZERO、RYO-FLOWと共に日本人初の「Freestyle Session World Final」優勝という快挙を成し遂げる。
その翌月、日本人初にして、世界最年少での「Red Bull BC One World Final」優勝という偉業を成し遂げた。
色々なメディアが注目している。今後の彼からの目が離せない。
最新情報やグッズ購入など、全てのD.LEAGUEに関する情報はD.LEAGUEオフィシャルアプリをチェック。
アプリをダウンロードでグッズ購入に使用できるD.LEAGUEポイントが1,000ポイントも貰える激熱キャンペーンが2020年11月15日より実施!アプリをダウンロード(会員登録)をしていただいた先着1000名様に、D.LEAGUEオフィシャルグッズ購入に使用できる「D.LEAGUEポイント」1,000円分をプレゼント致します。
【手順】
(1)「App Store / Google Play」からD.LEAGUEオフィシャルアプリをダウンロードして下さい。
(2)アプリを起動し、マイページを作成して下さい。(会員登録)
上記手順を行った会員様先着1000名に、ECサイトで利用できるD.LEAGUEポイント(1000円分)を12月4日に付与致します。

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着