The Cheseraseraが轟かすセンチメンタ
ルギターロック。反骨精神剥き出しのリ
アルサウンド

メジャーの舞台から退き、2017年より自主インディーズレーベル“dry blues label“にて活動をスタートさせたThe Cheserasera。コンスタントに作品を作り上げる中、2018年に発表した「最後の恋」の自作MVに関する生々しくエッジの効いた本心を露呈したギターボーカル宍戸翼のツイートが話題となり、The Cheseraseraの名が一気に広まりました。翌年リリースされたフルアルバム「幻」を提げたツアーのファイナルを飾る渋谷WWWでは念願のソールドアウトを達成!以後、精力的にライブ活動を行っています。

確固たる10年というキャリアで、バンド道を突っ走るThe Cheserasera。

自分たちの音楽を信じ続ける彼らが歩んできた軌跡を辿っていきたいと思います。

The Cheseraseraの軌跡(1)2009年、東京
にて結成

“ケセラ“や“ケセラセラ“の略称で呼ばれるThe Cheseraseraですが、2009年から2010年までは昼行灯(ひるあんどん)として活動していました。駒沢大学の軽音楽サークルに所属していた宍戸翼(Gt&Vo)と美代一貴(Dr)と当時のベーシストとで前身バンドを結成するもすぐにベースが脱退。その後、美代の幼馴染の西田裕作(Ba.)が加入し、現メンバーでの構成となります。美代と西田は昼行灯を組む前から一緒にバンドを組んでおり、尾崎世界観率いるクリープハイプのメンバーだったという時期もありました。2010年に行われた初の自主企画ライブ【曇天ケセラセラ】を機にバンド名を改名。もっと前向きで明るいイメージにしたいという思いから、”Que sera sera”を英語風に変え、オリジナル表記の“The Cheserasera“としたそうです。
rockin’on presents『RO69JACK COUNTDOWN JAPAN 11/12』の入賞アーティスト16組に選出され、2012年には自身初となるMV作品「さよなら光」を制作。
「さよなら光」MV(2012年)
YouTubeの効果もあってかライブハウス以外でもThe Cheseraseraの噂は広がり、2013年に開催された初のワンマンライブはソールドアウトを記録しました。
以降、タワーレコードのインディーズチャート1位を獲得、2014年1月に初の全国流通盤『The Cheserasera』をリリースするなど、好調なThe Cheseraseraにメジャーデビューの話が来るのもおかしくはない状況となったのです。
『The Cheserasera』trailer

The Cheseraseraの軌跡(2)2014年、念願
のメジャーデビュー

L→R:西田裕作、宍戸翼、美代一貴
前にも述べた全国流通版『The Cheserasera』の発売を記念した「The Cheserasera ~リリース記念フリーライブ~」が行われた渋谷CLUB QUATTROにて、メジャーデビューを発表しました。
同年6月、ミニアルバム『WHAT A WONDERFUL WORLD』が。2015年には1stフルアルバム『WHATEVER WILL BE, WILL BE』が日本クラウンよりリリースされ、バンドはひとまわりも二回りも成長を遂げていきます。

楽曲制作、ライブ、大型フェスなど目まぐるしく活躍を魅せる中、2ndミニアルバム『YES』をリリース。このアルバムには、Spotifyに於いてThe Cheseraseraで一番再生され、筆者がバンドに出会うきっかけとなったライブ定番曲「賛美歌」が収録されています。
The Cheserasera 心のど真ん中撃ち抜く熱き唄はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着