「Stray Kids」、タンブラー選定「2
020年トップK-POPグループ」2位

韓国アイドルグループ「Stray Kids」の並々ならぬグローバル人気上昇が続いている。

彼らは世界的なプラットフォーム「Tumblr(タンブラー)」が1年間の使用統計を集計した「Year in Review」チャート「2020年トップK-POPグループ(2020’s Top K-Pop Groups)」で2位につけた。
米国に基盤を置き、現地のトレンドを最も多く反映するソーシャルネットワークでこうした快挙をあげ、“次世代K-POPトップランナー”としての面貌を立証した。
彼らは昨年「2019年トップK-POPグループ」部門2位に選定されたのに続き、今年も名を連ねて依然として熱い世界的な人気を誇示した。
また、ビルボードが3日(現地時間)、ホームページに発表した2020年年末決算チャート(YEAR-END CHARTS)でも頭角を現した。
「WORLD ALBUMS ARTISTS」ランキングで「BTS(防弾少年団)」やビヨンセなど世界的アーティストに続き、9位を記録した。
グローバルファンは圧倒的なカリスマ性を放つ公演にも関心を示している。6日に放送されたMnet「2020 Mnet Asian Music Awards」で披露したステージは今もオンラインを熱く盛り上げている。
「Stray Kids」は2019年3月に発売した「Cle1:MIROH」の収録曲「Victory Song」のパフォーマンスを披露。壮大なスケールのステージとメンバー8人の力強いライブ、ミュージカルのような振り付けなど、多彩な見どころで世界中のK-POPファンの視線を釘付けにした。
「Stray Kids」の力強い覇気と爆発的なエネルギーが引き立ったこのステージ映像はMnet公式YouTubeチャンネル「Mnet K-POP」に公開されてから2日も経たないうち、再生回数200万回を超えた。

アーティスト

韓流エンターテインメント

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着