clubberiaとWOMBによる<クロストー
キョー>第4弾はXR Live初開催 Yam
atoがバーチャルパフォーマンス披露

clubberiaとWOMBがタッグを組んで今年9月より始動したプロジェクト<クロストーキョー>のVol.4の開催が決定。12月30日(水)に、DJプレイとトークセッションの2部構成でオンライン配信される。
<クロストーキョー>は、clubberiaが20年熟視し続けてきたエレクトリックミュージックシーンの歴史や、WOMBが培ってきた20年にも及ぶ世界の現在(いま)を東京に提案してきた経験を新世代のDJ・アーティストやクリエイター達とクロスする企画。トーキョーならではのカルチャーがクロスされた新しい化学反応を求めて、多様なエンターテインメントとカルチャーを世界に向けて発信していくプロジェクトとなっている。
今までに3回のイベントが開催されており、
といった現在日本クラブシーンで注目集める実力派の若手アーティストが出演。Vol.3においては
が生配信で出演し、多くの反響を呼んだ。
今年最後の締めくくりとなるVol.4は、DJデビューから僅か2年でコカコーラ社の主催する<burn WORLD DJ CONTEST 2013 JAPAN>に優勝、さらにPioneer DJ Globalから発表されたパフォーマンス動画が驚異の5000万再生数を誇る
によるXR Liveの配信が決定。60minsのスペシャルセットでは、フェスさながらのステージやXRならではのバーチャル表現で、前代未聞の世界観を表現する予定だ。XR、VJ、照明の完全バーチャル、完全同期型DJパフォーマンスといったLive中の演出は全てYamatoチームが担当する。
Yamato
XRでは、音楽LIVEやクライアントイベントにおいての演出や開発、イベント映像や商業施設でのインスタレーションなどのクリエイションを一手に担い、オリジナルの作品なども発表している
のクリエイティブエージェンシー・SYMBIOSIS Inc.(シンビオシス)が参加するほか、<Fuji Rock Festival>へのVJ出演や<Fuji Rock Festival”19>のコンセプトビジュアルを担当する
、2018年より株式会社フェイス・プロパティーに所属し、銀座・PLUSTOKYOの演出照明プランニング・オペレート、フェスやイベントなどでの照明プランニング、オペレーションを手がける
が出演。
SYMBIOSIS Inc.
MASAHIRO MOTOIKE
また、トークセッションではYamatoを中心にVJ、パフォーマンス動画、アートワーク等を手がけるチーム体制によるクリエイティブワークについてのプロセスや考え方についてディスカッション。普段見る事の出来ないチームならではのやり方や裏話など、必見の内容となっている。
特設サイトには、過去イベントのアーカイブや詳細も掲載されているので、こちらも合わせて要チェック。

EVENT INFORMATION クロストーキョー 配信先チャンネル ▼CROSS Tokyo Twitchチャンネル CROSS Tokyo Twitchチャンネル ▼Yamato Youtubeチャンネル Yamato Youtubeチャンネル [主催] 株式会社クラベリア [制作] 株式会社フォーム / WOMB シンビオシス株式会社 [協力] 株式会社epigram 特設サイト

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着