少年キッズボウイが紡ぐ、後味に残る
多幸感

心に爽やかな風を

曲ごとに全く違う表情を魅せるさまは、ともすれば一貫性のないバンドに映るかもしれない。しかしながら少年キッズボウイには、一本の芯がスッと通っている。それは、多幸感ある音楽をキャッチーなメロディーで届けるということだ。

“多幸感”なんて表現すると、ハッピーエンドを想像する人も多いだろう。じゃあ、本当の幸せはハッピーエンドにしかないのだろうか。きっと答えは「NO」だ。センチメンタルに揺さぶられることがあっても、感情に触れ回されて疲れたとしても、結果的に心が温かい気持ちで満たされているのなら、それは“多幸感”と呼ぶに相応しい。
少年キッズボウイが描くのも、そんな世界だ。ちょっと偏屈なところだってあるし、サウンド構成だって変わっている。だけど、聴いたあとに心に爽やかな風が吹き込んでいく、そんな作品を生み出し続けているのである。

先日配信が開始された『EP』は、秋の新作としてリリースされた作品。三者三様の情景を描いた作品は「まだ引き出しがあったのか!」と、さらなる高揚感をリスナーに与える。“適当そう”を真面目にしていく彼らの躍進に期待したい。

少年キッズボウイ アーティストページ

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着